映画マリアビートルのキャスト配役!原作小説との違いは?

伊坂幸太郎原作の『マリアビートル』がハリウッドで『Bullet Train(原題)』として映画化されます。

気になるのはキャストとその配役ですよね!

人気の小説だけに、誰がどの役を演じるのか、またハリウッド映画とあって原作との違いも興味を引きます。

まだ全貌は明らかになっていませんが、現在情報が公開されているところまでをできる限りまとめました。

Sponsored Link

映画『マリアビートル』のキャスト・配役

日本の小説だけどハリウッドで映画化?

『ゴースト・イン・ザ・シェル』みたいになるのかな!?なんて気になるところですよね。

どんなキャストで映画化されるのでしょうか。

まだ全部の配役は発表されていないので、出演するキャストをわかる限り紹介しますね。

ブラッド・ピット/レディバグ

主演はブラッド・ピット。
役名はレディバグ、原作では七尾、通称が天道虫(レディバグ)です。

原作の七尾は気弱な殺し屋なのでブラッド・ピットのイメージではないので意外です。

フィルムブラッドピットの傑作・代表作!おすすめ映画を紹介します

ジョーイ・キング/プリンス

 

View this post on Instagram

 

Joey King(@joeyking)がシェアした投稿

ジョーイ・キングが演じるのはプリンス、原作では「王子」です。

カメオ出演のような少ない出演だそう。

ジョーイ・キングは4歳から子役として活動を始めました。

テレビシリーズ『CSI:科学捜査班』に出演し、映画では『再会の街で』『ラモーナのおきて』『ラブ・アゲイン』『ダークナイト ライジング』『ホワイトハウス・ダウン』『インデペンデンス・デイ リサージェンス』『グレイテスト・サマー』などに出演。

アーロン・テイラー・ジョンソン/タンジェリン

アーロン・テイラー・ジョンソンが演じるのはタンジェリン。

原作では蜜柑、檸檬と二人組の殺し屋の一人です。

タンジェリンて?と思ったら「オレンジ」なんですね(;^_^A

アーロン・テイラー=ジョンソンは子役として舞台、テレビに出演し始め、主演した映画『キックアス』でブレイクします。

MCUのクイックシルバー役で覚えている人もいるかもしれません。

出演作は『TENET テネット』『ノクターナル・アニマルズ』『ザ・ウォール』『アンナ・カレーニナ』など多数。

マイケル・シャノン

 

View this post on Instagram

 

Everything Film(@yourfilmnews)がシェアした投稿

まだ役柄はわかりませんがいつ見ても威厳がある、というか顔が怖いマイケル・シャノン。

殺し屋にぴったり!

もしかしたら殺し屋じゃなくていい人役かもしれませんが…。

『シェイプ・オブ・ウォーター』『エジソンズ・ゲーム』『ノクターナル・アニマルズ』『レボリューショナリー・ロード 燃え尽きるまで』『ナイブズ・アウト 名探偵と刃の館の秘密』など多数。
シェイプオブウォーターシェイプオブウォーターのラストを考察!イライザの正体は人魚姫?シェイプオブウォーター映画シェイプオブウォーターの意味は? R18やR15指定の理由は何?フィルム映画マリアビートルのキャスト配役!原作小説との違いは?

『ノクターナル・アニマルズ』を動画で視聴 >>

『シェイプ・オブ・ウォーター』を動画で視聴 >>

ローガン・ラーマン

ローガン・ラーマンは『パーシー・ジャクソン』シリーズや『ウォールフラワー』で覚えている方も多いかもしれませんね。

20代にして芸歴は長く2000年の『パトリオット』『ハート・オブ・ウーマン』でメル・ギブソンと共演しています。

他に『ハッピーエンドが書けるまで』『フューリー』『三銃士/王妃の首飾りとダ・ヴィンチの飛行船』『3時10分、決断のとき』など出演作は多数。

『ウォールフラワー』を動画で見る >>

ウォール・フラワー映画ウォールフラワーの意味と原作は?あらすじ・感想・ネタバレ・結末も!ウォール・フラワー映画ウォールフラワーのチャーリーの過去・トラウマ、叔母さんがしたことは?ウォール・フラワーウォールフラワーのフル動画を無料で視聴する方法!パンドラやデイリーモーションは危険?

サンドラ・ブロック

サンドラ・ブロックはカメオ出演だそう。

なんでも本作にカメオ出演したサンドラ・ブロックはブラッド・ピットにも自分が主演の映画『The Lost City of D(原題)』にカメオ出演を依頼してお互い主演映画に出ることになったとか。

長くハリウッドで活躍する二人ですが、意外にも共演は初めてだとか。

サンドラ・ブロックのは出演作はブレイクした『スピード』をはじめ『デンジャラス・ビューティー』シリーズ、『あなたが寝てる間に…』『しあわせの隠れ場所』『オーシャンズ8』『ゼロ・グラビティ』など多数。

『オーシャンズ8』を動画で見る >>

oceans8オーシャンズ8のタミーの仕事は何?イーベイ・ebayの意味は?oceans8オーシャンズ8のデビーのリストの意味は?キューピッドの歓びとは?ミンディ・カリングオーシャンズ8のアミータ役ミンディカリングとはどんな女優?oceans8オーシャンズ8のキャストと吹き替え声優は? あらすじと日本公開日も紹介!oceans8オーシャンズ8のフル動画を無料で視聴する方法!パンドラやデイリーモーションは危険?

真田広之

 

この投稿をInstagramで見る

 

takao niyama(@hairs.taka1009)がシェアした投稿

新幹線が舞台の本作。

撮影はアメリカのようですが、日本人が出ないわけはないですよね。

真田広之は現在ハリウッドに拠点を置き活躍しています。

ハリウッドでの出演作は『ラッシュアワー3』『47RONIN』『LOST』『アベンジャーズ エンドゲーム』『ライフ』など。

剣映画モータルコンバットに真田広之!海外の反応とハリウッドの評価は?

福原かれん

 

View this post on Instagram

 

Karen Fukuhara(@karenfukuhara)がシェアした投稿

福島かれんは両親は日本人ですが、ロサンゼルス出身の日系アメリカ人です。

どこかで見たことあるという方、『スーサイド・スクワッド』のカタナですよ!

というか劇場公開された作品はその一つですが、他にSFバトルアクションの『ミュータンツ 光と闇の能力者』にも出演していて動画配信やDVDで見ることができます。

高校生の時空手の大会に優勝した実力の持ち主で、その身体能力を認められて『スーサイド・スクワッド』に抜擢されたのですからすごいですよね。

日本のテレビでもスポーツキャスターを務めています。

マシ・オカ

 

View this post on Instagram

 

MASI OKA(@masiokaofficialoka)がシェアした投稿

マシ・オカはテレビシリーズ『HEROES』のヒロ・ナカムラ役「ヤッター!」でお馴染みですよね。

テレビでの活動が多いのかな、と思いましたが映画にも多数出演しています。

『MEG ザ・モンスター』『ステイ・フレンズ』『ゲット スマート』『燃えよ!ピンポン』など。

IQが180以上あることでも知られておりギフテッドのための学校を卒業しています。

そんなマシ・オカは最終的に映画監督をしたいと考えているそう。

東洋人として新しい道を開いて欲しいですね!

ブライアン・タイリー・ヘンリー

『ゴジラvsコング』でのちょっとコミカルな役柄が記憶に新しいブライアン・タイリー・ヘンリーも出演。

出演作は『ロスト・マネー 偽りの報酬』『ビール・ストリートの恋人たち』『スパイダーマン スパイダーバース』『ジョーカー』他テレビシリーズでも活躍しています。

ザジー・ビーツ

 

View this post on Instagram

 

Zazie(@zaziebeetz)がシェアした投稿

『デッドプール2』のドミノ役でザジー・ビーツを知った方も多いのではないでしょうか。

『ザ・ハーダー・ゼイ・フォール 報復の荒野』『ジョーカー』『ハイ・フライング・バード 目指せバスケの頂点』『ルーシー・イン・ザ・スカイ』に出演し、今勢いのある女優の一人です。

バッド・バニー

 

View this post on Instagram

 

@badbunnyprがシェアした投稿

プエルトリコの歌手・ラッパー、バッド・バニーも出演しています。

派手なファッションに身を包み、ジェニファー・ロペスやカーディ・B、ドレイク、ウィル・スミスなど大物と共演・コラボして話題を集めています。

今後は映画への出演も増えていくのかもしれません。

レディ・ガガ?

 

View this post on Instagram

 

Lady Gaga(@ladybabygaga)がシェアした投稿

?マークがついているのは「出演の噂」のため。
出演が正式にわかりましたら情報を更新します。
映画ハウスオブグッチは実話!実際の人物とキャスト、原作を紹介!マイクアリースター誕生は実話?モデルになった人物とは?マイクアリースター誕生の最後の嘘とは?ジャックの死因・なぜ死んだのか

原作小説『マリアビートル』との違い

原作は伊坂幸太郎の『マリアビートル』です。

映画の原題『Bullet Train』の通り新幹線を舞台に殺し屋たちと「王子」が駆け引きをしていくストーリーです。

 

原作をご存知の方はキャストの紹介のところで違和感あったかもしれません。

撮影がロサンゼルスだったそうですが、それは新幹線内部のセットをどこかに作って撮影したのかそもそも海外という設定なのか気になりますね。

 

主役の天道虫、七尾がブラッド・ピットという時点で日本人ではありませんから色々と違いそうです。

気になるのは王子!

残忍な王子のキャラクターが強く重要な役どころなのですが、本作の「プリンス」は女優であるジョーイ・キングなのです。

しかも、カメオ出演程度の役柄らしく、ここは原作と大きく違っています。

となると全体の構成も原作と全然違うのかもしれません。

まだ詳細が明らかでないので、わかりましたら情報を更新しますね!

原作を読む >>

映画『グラスホッパー』の続編?

原作小説の『マリアビートル』は殺し屋三部作の二作目で、一作目は『グラスホッパー』、三作目は『AX』です。

『グラスホッパー』は生田斗真主演ですでに映画化されています。

 

となると『マリアビートル』はその続編なの?と思う方もいらっしゃるかもしれません。

ですが、『グラスホッパー』は邦画、『マリアビートル』はハリウッド映画で色々構成も変わっているとなると映画的にはつながりはなさそうです。

単体で見ても何ら問題はなさそうです。

まとめ

・映画『マリアビートル』はブラッド・ピットやサンドラ・ブラックなど豪華キャスト。
・原作は伊坂幸太郎の小説『マリアビートル』。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

Sponsored Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください