映画光のお父さんの原作本は?電子書籍ならお得に読める!

剣

ドラマにもなった実話の『ファイナルファンタジーXIV 光のお父さん』ですが、今度は映画化です!
原作の本がありますので、紹介しますね。

Sponsored Link

『ファイナルファンタジーXIV 光のお父さん』の作品情報

View this post on Instagram

坂口健太郎photo☺︎︎さん(@sakaguchikentaro711)がシェアした投稿

【劇場公開日】2019年6月21日
【製作年】2019年
【製作国】日本
【配給】ギャガ
【監督】野口照夫
【キャスト】坂口健太郎、吉田鋼太郎、佐久間由衣、山本舞香、佐藤隆太、財前直見、他

あらすじ

仕事一筋だった父が、ある日突然会社を辞めて家に帰ってきた。1日中ぼんやりとテレビを見ている父の姿を母と妹は遠巻きにながめていたが、何を考えているのかまったくわからなかった父の本音が知りたい欲求にかられたアキオは、オンラインゲーム「ファイナルファンタジーXIV」の世界に父を導き、自分は正体を隠し、父とともにゲーム世界で冒険に出ることを思いつく。顔も本当の名前も知らないゲームの仲間たちに励まされながら、父と冒険を続ける中で、アキオは家族もこれまで知ることのなかった父の意外な一面を知ることとなる。
引用元:映画.com

『ファイナルファンタジーXIV 光のお父さん』の原作は?

『ファイナルファンタジーXIV 光のお父さん』の書籍としての原作は同名の本になります。

とはいっても、同作はもともとブログなんですよね。
マイディーさんの『一撃確殺週末日記』というブログが元になっています。

そのブログが話題になり、書籍化され、ドラマになり今度は映画化、という流れのようですね。

私はゲームが全くわからないので、ブログを覗いてみたもののゲームについては全く理解できず^^;

きっと、ゲームをしない私のような人は同じじゃないでしょうか。

でも、『光のお父さん 』についてはブログ内に「まとめ読み」が作られています。
ドラマ化・映画化された部分を知るにはこちらならゲームJを知らなくても大丈夫そうです。

映画の原作を知りたいけれど、本を買うほどではないなぁ…という方はこちらのまとめを読んでみるのもいいと思います。

光のお父さん まとめ読み

それより本で読みたい、という方はこちら↓
ファイナルファンタジーXIV 光のお父さん

電子書籍なら紙の本よりお得です↓
『ファイナルファンタジーXIV 光のお父さん』 マイディー

実話だとか作り話だとか

Sponsored Link
『光のお父さん』については実話だとか作り話だとか意見がわかれるようです。

もちろん、ドラマや映画においては映像化するにあたって膨らませないと難しい部分があると思うので「実話を元にしたドラマ・映画」ということになるでしょう。

ブログについては、更新されている頃から読んでいる読者・ファンの方たちにとって思い入れがあるでしょうから、そういう論争が出るのでしょうね。

「お父さんとされるプレイヤーの装備が不自然」だとか「作者が信用できない」とか言われているようです。

でも、こういうのってブログに限らず実話が書籍・映像化されると毎回言われることですよね。

個人的には、嘘か本当かは興味がないので映画が面白ければそれでよし!と思っています。

実際、予告を見ているとそれだけでうるっとくるくらい…。

ゲームの映像もきれいで感動!
ゲーム好きの人には「今更何言ってるの」と思われるでしょうけど^^;

そんなわけで、実話だろうが作り話だろうが映画が楽しみです!

映画を待ちきれない方はドラマを振り返ってもよいかも(*^^*)


ファイナルファンタジー XIV 光のお父さん DVD-BOX

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

Sponsored Link


フォローする