映画リチャードジュエルの評価評判!結末のネタバレと感想も

爆弾

映画『リチャード・ジュエル』を見ました!
ラスト結末までのネタバレと感想をかきました。
映画未視聴の方はお気をつけくださいね。

Sponsored Link

『リチャード・ジュエル』の作品情報

この投稿をInstagramで見る

Richard Jewell(@richardjewellfilm)がシェアした投稿

【原題】Richard Jewell
【劇場公開日】 2020年1月17日
【製作年】2019年
【製作国】アメリカ
【配給】ワーナー・ブラザース
【監督】クリント・イーストウッド
【キャスト】ポール・ウォルター・ハウザー、サム・ロックウェル、キャシー・ベイツ、ジョン・ハム、オリビア・ワイルド、他

『リチャード・ジュエル』のあらすじ

96年、五輪開催中のアトランタで、警備員のリチャード・ジュエルが、公園で不審なバッグを発見する。
その中身は、無数の釘が仕込まれたパイプ爆弾だった。
多くの人々の命を救い一時は英雄視されるジュエルだったが、その裏でFBIはジュエルを第一容疑者として捜査を開始。
それを現地の新聞社とテレビ局が実名報道したことで、ジュエルを取り巻く状況は一転。
FBIは徹底的な捜査を行い、メディアによる連日の加熱報道で、ジュエルの人格は全国民の前で貶められていく。
そんな状況に異を唱えるべく、ジュエルと旧知の弁護士ブライアントが立ち上がる。
ジュエルの母ボビも息子の無実を訴え続けるが……。
引用元:映画.com

『リチャード・ジュエル』のネタバレ・結末

Sponsored Link
実話なだけに、もう結末は最初からネタバレになっているようなものですよね^^;

その上で、ですがあらすじの後からのストーリーを書きますね。

英雄から一変した生活

メディアによって英雄になった後、一転して容疑者として報道されてしまったジュエル。

連日マスコミに追いかけられ疲弊してしまいますが、弁護士ブライアントと共に反撃を開始します。

裏付けを取らないまま記事を書いた女性記者を訪れ、宣戦布告します。

ブライアントはテレビのインタビューにも答え、無実をアピールします。
ただ、ジュエルがブライアントに言ってなかったことがあり突っ込まれてしまうのですが…。

加熱した報道に疲弊し、家族やブライアントともぶつかるジュエルですが、結束を深め戦います。

母ボビが会見に登場し、無実を強く訴えました。

ジュエルは自ら嘘発見器にかかり、100%真実を話している証明をします。

女性記者キャシーは、犯人が犯行予告をかけた公衆電話から爆弾をしかけたベンチまで歩き、ジュエルが仕掛けたというのは時間的にむりがあることに気づきます。

見事な反撃

そして、攻撃されても穏やかだったジュエルですが、FBIに毅然として態度で反論します。

証拠は見つかったのか、と。

これまで、FBIは教則ビデオを撮りたいから協力して欲しいという口実でジュエルに有罪を認めるサインをさせようとしたり、犯行予告の声明を言わせて録音したりと証拠を捏造しようとしていました。

そこまでするのは何一つ証拠がないからです。

捜査官のショウは何一つ反論できず、ジュエルとブライアントはFBIを後にします。
見事に無実を証明したジュエルは自宅に帰ると母と抱擁を交わします。

捜査開始から88日経ち、ダイナーで食事をするジュエルとブライアントの元にショウがやってきます。
ジュエルが捜査対象から外れたことを示す書類が渡されました。

二人はすべてが終わったことを知り、ようやく安堵します。

その後の二人

それから6年後、警察官として働くジュエルにブライアントが会いに来ました。
爆弾を仕掛けた犯人が捕まったのです。

犯人はエリック・ルドルフという元兵士の男でした。

その後、映画ではテロップでジュエルが44歳で患っていた心臓の疾患で亡くなったことが示されます。

ブライアントは助手を勤めていたナディアと結婚し、子供にも恵まれたようです。

『リチャード・ジュエル』の評価・評判

リチャードジュエル

アメリカの映画批評サイトRottenTomatoesでは、批評家の支持率74%、観客96%となっています。

批評家の支持率がもっと高いかと思いましたがまずまず、といったところでしょうか。

観客の支持率すごい!

私も見ていて感動したのでよくわかります。
どんなところに感動したのか、感想を書きますね。

『リチャード・ジュエル』の感想

ジュエルの正義感と良心

ジュエルは度々「僕は法執行官だから」と言います。
この言葉が彼の性格を一言で表していると思います。

「法執行官」というのはジュエルの中では「正義を貫く人」ということになっていると思います。

映画の冒頭、大学の警備員をしているジュエルですが、学生の悪さを許せない彼は行き過ぎた取り締まりで学長にクビにされてしまいます。

「何としても自分が悪いやつを取り締まる」という強い意思があり、度が過ぎたことをしてしまうのです。

このことが映画の最初から最後まで一貫しています。

爆弾の入ったリュックを見つけた時も、他の人は「誰かが置き忘れたのだろう」と言いそのままにしようとしていました。
大騒ぎした挙げ句にもし違ったら…と皆思ったはずです。

でも、ジュエルは違いました。
「もし違ったら変な人だと思われるだけだ。
大惨事になるより変な人のほうがいい」と言ったのです。

このことが、大勢の命を救いました。

2020年東京で行われるオリンピックでも、どうかジュエルのような警備員さんたちがいますように、と思いました(*^^*)

ブライアントとの友情

働く弁護士事務所で備品係として働いたジュエルはブライアントと出会います。

短気でカリカリしているブライアントですが、ジュエルの細やかな仕事ぶりに感心し友情を育みます。
この時は、まさか後に弁護士と依頼人という関係になるとは思わなかったでしょう。

全く性格の違う二人がお互いを認めながら友情を深めていく様子が、勝利を手にした時の感動につながったと思います。

母の愛情

映画のクライマックスの一つが記者会見で母ボビが切々と無実を訴えるシーンです。

正義感にあふれるジュエルが爆弾など仕掛けるはずがないこと。
どうか、力のあるあなたらなら息子を無実だとわからせてくれるでしょう、と大統領に訴えかけるところ。

母の愛情が溢れ出ていて泣かされました。
震えながらもしっかりとスピーチしていて、これが母親というものだな、と感動。
見応えのあるシーンでした。

残念ポイントもある

すべてがよかったらきれいにまとまりすぎていたかもしれませんが、ジュエルは残念ポイントもいっぱいあります^^;

ジュエルの長所である正義感ですが、強すぎるのが仇になり逮捕されることも。
取り締まるため警備員なのに警官のふりをして逮捕されたり、時に暴力的になってしまったり。

家宅捜索が行われる前、銃はあらかじめベッドにならべておけ、と言われ出してみたらベッドが銃でいっぱいに。
ジュエルの趣味は狩りなのです。

アメリカでは、大人になっても母親と同居していると「負け犬」って言われちゃうんですよね。
おまけに心臓に負担がかかるくらいの大きな体型で銃を何丁も所持。

逮捕歴もあり…と、これから無実を証明しようというのにマイナスポイント多すぎ!

それなのに、疑われても穏やかにしているジュエルにブライアントがブチ切れる、なんていうシーンもありました。

でも、こんなところもあるから余計に応援したくなるんですよね。

ヒール役がおバカ

なぜジュエルがヒーローから一転容疑者になってしまったのか。
それはろくに調べもせず、というか調べる前にジュエルが容疑者であることを記者にリークしたFBI捜査官と、事実確認をせずに記事にした記者がいたからです。

弁護士のブライアントは捜査のプロではないのに、犯行予告のあった時間と、ジュエルが爆弾を見つけた時刻からジュエルの無実を信じることができました。
素人でもこんな簡単に無実の証明ができるというのに、なぜ捜査機関やメディア側がそこを先に確認しなかったのか謎。

どこまでが事実に基づくのかわかりませんが、映画と同じなら無能さに呆れます。

でも、こんなヒールがいるから物語が感動的になったんですよね。
そういう意味では映画的にはいいヒール役と言えるのかもしれません。
あくまで「映画的には」ですけど。

ただ、記者キャシーの描き方は物議を醸したようです。
それは、色仕掛けでショウから容疑者を聞き出したというシーン。

キャシーを知る人たちは「実際にはそんなことはなかった」と言っているそうです。
事実を知りたくてもキャシーはすでに亡くなっているので確認しようがありません。
「死人に口なし」の状態で、実際にハニートラップがあったように描くのは彼女への冒涜ではないか、というわけです。

個人的には、色仕掛けだろうとなんだろうと事実と異なることを書いて善人をひどい目に合わせたのだから、キャシーが悪いことには違いない、と思ってしまいます^^;
問題はハニートラップかどうかじゃないでしょ、と。
厳しい言い方でしょうか…。

それよりも、キャシーが犯行予告のあった電話と爆弾のあったベンチまでの道を歩いて時間を計りジュエルの無実を確信したことや、ボビのスピーチを聞いて涙したことが本当なのかが気になります。
もし本当なら、自分が手柄を立てたいばかりに誤った情報を報道したことを後悔したことでしょう。
そう思うと少しは人間的なところがあるのかな、と思ったりもします。

ショウに関しては、最後まで「ジュエルはクロだ」なんて負け惜しみを言い、どうしようもないクズとして描かれていました。

胸を打つジュエルの言葉

FBIに出向いて捜査官たち向き合った時のジュエルは立派でした。

ジュエルは「法執行官」として彼らは自分と同じ正義の人間だとして大人しく捜査に協力してきました。

でも、彼らはジュエルが犯人であることの証拠を何も掴めていなかった挙げ句、でっち上げようとしていたのです。

そんな彼らに、

「今後誰かが不審物を見つけてそれを通報しようとしてもためらうかもしれない。

ジュエルの二の舞はイヤだ、と。

それならばと見ないフリをして、今度は大勢が犠牲になるかもしれない。」

「証拠は見つかったのですか?

こうしている今も犯人は次の犠牲者を狙っているかもしれない。

こんなことをしているならとっとと犯人を捕まえてくれ」

と言いました。

FBIは誰も反論できませんでした。

声を荒げることなく静かに思いをぶつけるジュエルの言葉に胸が熱くなりました。

感想まとめ

描き方がすごくリアルで、見ていて最初から最後までドキドキしました。

内容はわかっていて、見る前から真犯人は他にいることを知っていたのに、それでも見ていて苦しくなります。

そのくらい心に迫った描写でした。

母ボビの愛情には本当に泣かされました。
自分にも男の子がいるのでつい重ね合わせてしまいます。

もし同じ立場になった時、彼女のように立派にふるまえるかしら、と。

そして、ジュエルとブライアントのコンビが素敵でした。
まるで刑事などのバディモノのように、正反対だけどお互いを信じて戦う様子が本当によかったです。

重いテーマですが、見応えがあり感動しました!

最後まで読んでいただきありがとうございました!

>>映画リチャードジュエルは実話!本人と元ネタとなった事件の真相は?

Sponsored Link


フォローする