映画リチャードジュエルは実話!本人と元ネタとなった事件の真相は?

爆弾

映画『リチャード・ジュエル』は爆弾から民衆を救ったリチャードが英雄となりその後容疑者となるストーリーですが、驚くことに実話です。
実在する本人と、実際の事件の真相はどのようなものだったのでしょうか。

Sponsored Link

『リチャード・ジュエル』の作品情報

この投稿をInstagramで見る

Richard Jewell(@richardjewellfilm)がシェアした投稿

【原題】Richard Jewell
【劇場公開日】 2020年1月17日
【製作年】2019年
【製作国】アメリカ
【配給】ワーナー・ブラザース
【監督】クリント・イーストウッド
【キャスト】ポール・ウォルター・ハウザー、サム・ロックウェル、キャシー・ベイツ、ジョン・ハム、オリビア・ワイルド、他

実在したリチャード・ジュエル

Sponsored Link
実在の人物がモデルとなっている映画の場合、本人はどんな人なのだろう、というのが気になるところですよね。

で、検索してみたら…。
このような方でした↓

映画の本人役と激似

髪型やヒゲなど寄せているにしても、似てる!

顔の輪郭や体型など、よーく考えているのだろうなぁ、と。

画像の左が本人、右が演じるポール・ウォルター・ハウザーです。
衣装や首にかけている小道具もちゃんと再現しているんですね。

元ネタの爆弾事件と真相

事件の内容

1996年アトランタオリンピックの時に起こった出来事でした。

警備員のリチャード・ジュエルは公園でベンチの下にバックパックを発見します。
不審に思った彼は州の捜査局に連絡し、周囲の人々を立ち退かせました。

その数分後に、中に入っていたパイプ爆弾が爆発しました。

この爆発で2人が死亡し、100人以上が負傷する(3人死亡、150人負傷ともいわれています)という悲劇が起こりました。
ですが、ジュエルが爆弾に気が付かなければもっと大勢の人が犠牲になっていたかもしれません。

ジュエルは人々を救った英雄として知られるようになりました。

ところが、その後爆弾の第一発見者ということから、一変して容疑者となってしまいます。
マスコミはジュエルが容疑者であることを実名で報道してしまい、騒ぎは加熱していきます。

ジュエルは古くから付き合いのある弁護士ブライアントと共に反撃を始めます。

真相は?

オリンピックが終わった後の10月、ジュエルとブライアントの戦いは実を結びジュエルの容疑は晴れて捜査対象から外れました

では、犯人は誰だったのでしょう。

エリック・ルドルフという元アメリカ陸軍の兵士(マリファナを使用して退役)でした。
爆弾に詳しいのはそのためなのですね。

事件が起きたのは1996年ですが、1998年に目撃者がいたことで容疑が特定されます。
エリックは逃亡生活を送り、逮捕されたのは2003年
容疑をかけられてから5年間、アパラチアの荒野でサバイバル生活を送っていたそうです。

このエリック・ルドルフですが、反中絶・反同性愛主義者だったそう。
爆弾をしかけたのはリチャード・ジュエルが容疑者となった爆弾事件だけでなく、中絶クリニックにしかけたり同性愛者のナイトクラブにしかけたりしています。

でも、オリンピック時の爆弾はなぜしかけたのでしょうか。

爆弾をしかけた理由

エリックはキリスト教原理主義者でもあるので、そういった考えの元に起きた事件かと思いました。

ですが、犯行後に声明文が出されておりそれにやはり「反中絶・反同性愛」を訴えているので、他の爆弾事件と同様の主張のようです。

クリニックやナイトクラブとは被害者の規模が大きい場所なので、そこに多くのターゲットが集まると考えたのでしょう。

同性愛を嫌悪し、中絶は殺人だと考えていたようですが、爆弾で人を殺すのも言うまでもなく殺人です。

エリックが爆弾をしかけるのに正当な理由なんてもちろんありません。

こんな身勝手な理由で事件を起こし、多くの被害者を出した上にジュエルのような善人を容疑者にしてしまうなんて本当にひどい出来事です。

ジュエルは2007年、44歳という若さで亡くなったのですが、その前にエリックが捕まったのがせめてもの救いですね。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

>>映画リチャードジュエルの評価評判!結末のネタバレと感想も

Sponsored Link


フォローする

コメント

  1. olive kenji より:

    権力のあるFBIとマスコミの過熱さが平凡な市民を罪に陥れる恐さを描いた内容です。
    最後には冤罪が晴れ、ハッピーエンドで終わるわけですが、腑に落ちないのは、落とし込んだFBⅠ担当者も色仕掛けマスコミ女にはおとがめ無しなんですよね。
    映画見終わった時はすっきりしない気分でした。

    後で事実を調べてみると、FBI担当者の事は存じませんが、色仕掛け女の存在なんてなかったのです。映画として脚色していただけなのです。
    マスコミが犯罪者を作り上げる過程の象徴として作っただけなのです。
    マスコミが真実を伝えないことを映画で表現しているのに、この映画自体が真実を伝えていないとは、全くナンセンスです。
    好きなクリントイーストウッド監督、あまり勘違いするような脚色ばかりしていますとキャラハン警部に逮捕されますぞよ。

    • elin より:

      olive kenji様

      ご感想ありがとうございます。
      私も見に行きました(^^)

      感想の詳細は記事に書いたのでここでは省きますが、キャシーに関しては実際色仕掛けはなかった、と周囲は言っているようですね。

      おっしゃるとおり、腑に落ちないところはキャシーとショウが何も罰されなかった点です。
      ジュエルは各所から後に和解金を得ていますが、キャシーがいたコックスエンタープライズを訴えたものの認められなかったんですよね。
      先陣を切って彼を容疑者扱いしたのにおかしな話です。

      ショウに関しては、もしかしたらFBI内で何かしらの処分はあったかもしれませんが、調べても出てきません。
      なんだかスッキリしませんよね(-_-;)