女神の見えざる手のメモの内容と意味は?英語では何と書いてあった?

正義の女神

「女神の見えざいる手」ですが、終盤公ジェーンがスローンに渡したメモが気になった方もいるのではないでしょうか。
英語では何と書いてあったのか、その意味について考察します!

Sponsored Link

『女神の見えざる手』の作品情報

この投稿をInstagramで見る

Oshizu.movie(@oshizu.movie)がシェアした投稿

【原題】Miss Sloane
【劇場公開日】2017年10月20日
【製作年】2016年
【製作国】アメリカ
【配給】キノフィルムズ
【監督】ジョン・マッデン
【キャスト】ジェシカ・チャステイン,マーク・ストロング,ググ・バサ=ロー,アリソン・ピル,他

あらすじ

大手ロビー会社の花形ロビイストとして活躍してきたエリザベス・スローンは、銃の所持を支持する仕事を断り、銃規制派の小さな会社に移籍する。卓越したアイデアと大胆な決断力で難局を乗り越え、勝利を目前にした矢先、彼女の赤裸々なプライベートが露呈してしまう。さらに、予想外の事件によって事態はますます悪化していく。
引用元:映画.com

メモは英語で何と書いてあったか

Sponsored Link
聴聞会でスローンが迫真のスピーチを行い、その場にいた人々の心が動き始めた時、ジェーンは上司にメモを渡し辞職を申し出ます。

そこには

女神の見えざる手

A conviction Lobbyist can’t only believe in fer ability to win

裏には

女神の見えざる手

for services rendered Peterson Wyalt offers you 0$

と書いてあります。

どういう意味なのでしょうか。

メモの内容・意味

字幕では

「勝つ能力以外に信じるものは…」

と書かれています。

そのメモは、シュミットがスローンを引き抜こうと近づいた時に渡したものです。
シュミットは近づく際にポスト紙の記者だと思われたため、スローンにコメントを求めました。

その時のスローンの言葉がA conviction…だったのです。

女神の見えざる手

「信念あるロビイストは勝つ能力だけを信じる」

スローンを一言で表した言葉であり、本作で徹頭徹尾描かれたことですね。

裏には

「報酬額ゼロ」

と書かれていますがこの時メモの内容はカメラには写りません。

それを見たスローンは

「称賛か侮辱かわからないけど私について誤解してる」と言います。

それに対しシュミットは

「私の見立ては正しい。興味があるはずだ」

つまり、シュミットはスローンが自分で信念で突き進むロビイストだから、無報酬でもこの案件を引き受けるはずだと見込んだのですね。

無報酬としたのには

女神の見えざる手

「すべて終われば巨大企業が君と契約したがる」

という読みもありました。

実際にはスローンは刑務所に入ってしまったので、映画で描かれたことがすべてだとすれば報酬を受け取ることはありませんでした。

スローンは自分が刑務所に入ることを覚悟して行動していたので、無報酬で自分の信念を貫いたことになります。

悪事をはたらき追い込まれた議員たちの裏で、スローンが正義を通したことがよくわかるシーンですね。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

Sponsored Link


フォローする