映画今日も嫌がらせ弁当の原作は?実話の本とブログ、絵本を紹介!

お弁当

テレビでも取り上げられた実話『今日も嫌がらせ弁当』が映画化されました!
原作となった本やブログ、絵本についても紹介します。

Sponsored Link

『今日も嫌がらせ弁当』の作品情報

View this post on Instagram

佐藤 寛太さん(@kanta_sato_)がシェアした投稿

【劇場公開日】2019年6月28日
【製作年】2019年
【製作国】日本
【配給】ショウゲート
【監督】塚本連平
【キャスト】篠原涼子、芳根京子、松井玲奈、佐藤寛太、佐藤寛太、岡田義徳、村上知子、佐藤隆太、他

あらすじ

自然と人情が豊かな八丈島で、次女の双葉と暮らしているシングルマザーの持丸かおり。幼いころは「大人になったらお母さんと一緒にレストランをやる」と言っていた双葉も、最近ではすっかり反抗期に突入し、生意気な態度で何を聞いても返事すらしない。そんな娘への逆襲にと、かおりは双葉の嫌がる「キャラ弁」を作り続けているのだが、やがてそのお弁当は、会話のない娘への大切なメッセージへと変わっていく。
引用元:映画.com

『今日も嫌がらせ弁当』の原作は?

映画『今日も嫌がらせ弁当』の原作は、書籍としては同名の本となります。

なかなかいいお値段ですが…
全編カラーなので仕方ないですね。

現在お弁当を作る毎日!というお母さんにはいい刺激になるかも。
私はカラフルなお弁当を見てほんと反省しましたね…
「子供が幼稚園の時のお弁当、私が作ったのは地味だったなぁ」と。

まぁ彩りとかは考えていたものの、どうしてもいつも似たり寄ったりになってしまうんですよね^^;
ですので『今日も嫌がらせ弁当』お弁当づくりのヒントになっていいなぁ、と思います。

紙の本は高いのですが、amazonのkindleだと540円、unlimitedの会員なら540円で読むことができます。

ご興味のある方は覗いてみてはいかがでしょう↓

今日も嫌がらせ弁当

『今日も嫌がらせ弁当』から派生した本と絵本

『今日も嫌がらせ弁当』は「嫌がらせ」という言葉がちょっと重い感じがしますが「喜ばせ弁当」もあります。

“嫌がらせ弁当ママ”のカオリさんは本当に料理がお上手で、「レシピを教えて」というリクエストが多いそうです。

本当においしそうですものね~。
そんなレシピとエッセイを交えた本も刊行されています。

『今日も嫌がらせ弁当』同様、楽しく見て読んでお弁当作りのヒントをもらえます。

本についてはこちらから↓
今日は”よろこばせ”弁当

そして、絵本も刊行されています!
これは知りませんでした。

『きょうもいやがらせべんとう』とひらがなになってマイルドに(笑)。

現実には「反抗期の高校生」である娘さんに作ったお弁当ですが、絵本では高校生ではなく子供になっています。

ママに甘えたいあっちゃんですが、お母さんは昼夜問わず忙しく働いています。
あっちゃんのおねだりになかなか応えられないママは、愛情をこめてお弁当を作り続ける、という内容のようです。

全然「嫌がらせ」じゃないですね。
むしろ愛情溢れる感じです(笑)。

でも、『今日も嫌がらせ弁当』だって「嫌がらせ」と言いつつ愛情のこもったお弁当ですものね。
結局のところ、カオリさんのお弁当は愛情のこもったものなので、そういう意味では共通のテーマですね(^^)

絵本についてはこちら↓
きょうもいやがらせべんとう

カオリさんのブログ

『今日も嫌がらせ弁当』はもともと作ったお弁当の写真をブログに載せたことから話題になりました。

そのブログはこちらです↓
kaori(ttkk)の嫌がらせのためだけのお弁当ブログ

お弁当だけでなく、日々の出来事が綴られています。
そして、普通のお料理がすごいおいしそう!

あんな風に作れたらなぁ…
(誰か作ってくれたらなぁ)

と、うっとりしてしてしまいます^^;

語り口が温かくて、お人柄が伝わってきます。
本を買おうか迷っている方は、まずはブログから見てみてはいかがでしょう。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

Sponsored Link


フォローする