映画コレットのあらすじと日本公開日は?キャストと予告編を紹介!

girl

映画『コレット』が公開されます!
1890年代ベル・エポックのパリを生きた女性作家シドニー=ガブリエル・コレットを描いた本作について紹介します。

Sponsored Link

『コレット』の作品情報

【原題】Colette
【製作年】2018年
【製作国】イギリス・アメリカ合作
【配給】東北新社、STAR CHANNEL MOVIES
【監督】ウォッシュ・ウエストモアランド

『コレット』のあらすじ

Sponsored Link
コレットはフランスの片田舎で生まれ育ちますが、14歳年上の人気作家ウィリーとの結婚を機にパリに移り住みます。

パリには芸術家たちがサロンに集い華やかな生活を送っています。

ウィリーはコレットの文才に気き、自分のゴーストライターとして小説を書かせ「クロディーヌ」シリーズはベストセラーとなります。

しかしコレットは、作者の自分が世間に認めらず葛藤し苦しめられます。

『コレット』の日本公開日は?

『コレット』の日本公開日は2019年5月17日です。

上映される映画館が少ないのが残念です(T_T)

近くで公開されたらラッキーですね!

『コレット』の予告編を紹介!

古き良きパリの風景が美しいです。

コレットが才能を発揮していく様子が逞しく引き込まれます。

スキャンダラスながら強い意思を感じる生き方をぜひ見てみたいですね!

『コレット』のキャスト

キーラ・ナイトレイ/コレット

キーラ・ナイトレイ

主役コレットを演じるのはキーラ・ナイトレイです。

クラシカルな衣装が美しくぴったりですね!

フランスの田舎で育ったコレットがパリに来て文才を発揮したことで開花していく様子を、力強く魅力的に演じています。

キーラ・ナイトレイについてはこちらの記事に詳しく書いてあります↓

>>くるみ割り人形と秘密の王国でシュガープラム(金平糖の精)役の女優は?

ドミニク・ウェスト/ウィリー

View this post on Instagram

Luz Gallardoさん(@shadowtime)がシェアした投稿


コレットと結婚する、14歳年上の作家ウィリーを演じるのはドミニク・ウェストです。

アイルランド・カトリック系の両親の間に生まれ、1991年にデビューします。

テレビドラマ『アフェア 情事の行方』では第72回ゴールデングローブ賞テレビドラマ部門ドラマ主演男優賞にノミネートされました。

近年では『ザ・スクエア 思いやりの聖域』『トゥームレイダー ファースト・ミッション』『ベストセラー 編集者パーキンズに捧ぐ』『マネーモンスター』などに出演しています。

『コレット』の海外の評価

『コレット』は2018年9月21日にすでに公開されています。

予告映像だけでも見応えを感じますが、その評価はどうったのでしょうか。

コレット

批評家の支持87%、観客の支持70%。

どちらかというと玄人受けするのかな、とは思いますが、それでも観客70%ですから期待大です。

公開が楽しみです!

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

Sponsored Link


フォローする