アラジン実写版のキャストと日本語吹き替えは?あらすじと日本公開日、予告編を紹介!

アラジン

現在、過去の名作を次々と実写化しているディズニーですが、2019年は『アラジン』も公開されます!
キャストと日本語吹き替え、あらすじ、日本公開日、予告編を紹介します。

Sponsored Link

『アラジン』の作品情報

View this post on Instagram

Disney’s Aladdinさん(@disneyaladdin)がシェアした投稿


【原題】Aladdin
【製作年】2019年
【製作国】アメリカ
【配給】ディズニー
【監督】ガイ・リッチー

『アラジン』のあらすじ

Sponsored Link
登場するのがアラジン、ジャスミン、ジーニー、ジャファーとディズニーアニメとして公開された映画『アラジン』と同じことから、ストーリーも同じだと思います。
その内容は、貧しく盗人として暮らしていたアラジンが王女であるジャスミンと出会ったことから始まります。
お城を抜け出したジャスミンを助けたアラジンですが、自分は捕まってしまいます。
魔法のランプを狙う大臣のジャファーに助けられたり裏切られたりしながらランプの魔人ジーニーと出会いジャスミンに会いに行くアラジンですが…。

『アラジン』の日本公開日は?

View this post on Instagram

Disney’s Aladdinさん(@disneyaladdin)がシェアした投稿

日本での劇場公開日は2019年6月7日となっています。

夏休み映画となりそうですね~。
楽しみです!

『アラジン』の予告編を紹介!

まだキャストが登場する予告ではありませんが、その世界観は伺えますね。
これだけでもワクワクします!

『アラジン』のキャストと日本語吹き替え声優

日本語吹き替え声優についてはわかり次第更新します。

メナ・マスード/アラジン

メナ・マスード

アラジンの配役には監督が苦労したそうです。
人種に関してはデリケートになりますよね~。
そんな中主役のアラジン役を射止めたのはメナ・マスードです。

中東・インド系で演技力・歌唱力を備えた俳優を探すのは大変だったようですが、メナ・マスードがいてよかったですね!
とはいえ日本では「誰?」となるかもしれません。

メナ・マスードはエジプトのカイロ出身の俳優で、カナダで育ちました。

日本で馴染みがないのは、彼の活躍がテレビ中心だったからです。
映画ではショートフィルムなどが多く、テレビでは『The 99』『ジャック・ライアン』などに出演しています。

日本語吹き替えは中村倫也

View this post on Instagram

n tさん(@nnnn.tomoya)がシェアした投稿


ディズニー映画の吹き替えはいつも「今が旬」な俳優を外しませんよね。

本作も例に漏れず、アラジン役の日本語吹き替えをつとめるのは中村倫也です。

舞台、テレビ、映画と様々なジャンルで活躍する俳優さんなので安心して見られそうですね!

今年の映画公開だけでも、予定を含め『美人が婚活してみたら』『長いお別れ』『屍人荘の殺人』があります。

ナオミ・スコット/ジャスミン

ナオミ・スコット

ジャスミンはディズニープリンセスの中でも人気があるのではないかと思うのですが、そのジャスミンにはナオミ・スコットが抜擢されました。

ナオミ・スコットが中東系ではないということに不満の声があるようですが、個人的には違和感ないです。
美しいジャスミンを演じてくれるのでは、と期待しています(^^)

近年では『パワーレンジャー』に出演し、リブート版『チャーリーズ・エンジェル』への出演も決まっています。
『アラジン』への出演で更に注目されそうですね!

>>チャーリーズエンジェルのリブート版キャストの女優は?歴代のエンジェルまとめ

>>パワーレンジャーの感想とネタバレ!続編やスピンオフはある?

日本語吹き替えは木下晴香

View this post on Instagram

Haruka Loveさん(@harukalove5)がシェアした投稿

ジャスミンの日本語吹き替えをつとめるのは木下晴香です。

まだ20歳の木下晴香ですが、ジャスミン役に抜擢されたのはその歌声です。
若いながらミュージカルの大舞台で活躍しています。

本作はセリフだけでなく、歌も吹き替えての「プレミアム日本語版」になるので歌唱力が重要なんですよね。
そういう意味では舞台で場数を踏んでいる女優さんだと安心して見られますね(^^)

ちなみにその歌声はこちら↓

透明感があって聞き惚れてしまう歌声ですよね~。
映画が楽しみになりました!

ウィル・スミス/ジーニー

ウィル・スミス

ジーニー役も当初は他の俳優の名前があがっていたのでどうなるかと思いますが、ウィル・スミスに決まったと聞いて「見たい!」と思いました。
コミカルで温かみのあるジーニーは、ウィル・スミスならハマりそうですよね!

ウィル・スミスについては説明不要かとは思いますが…
『バッド・ボーイズ』『メン・イン・ブラック』のようなアクションやコメディから『7つの贈り物』『幸せのちから』などの人間ドラマも見せてくれます。

ウィル・スミス演じるジーニーを見るのが本当に楽しみです!

>>バッドボーイズのフル動画を無料で視聴する方法!パンドラやデイリーモーションは危険?

日本語吹き替えは山寺宏一

ジーニーの日本語吹き替えをつとめるのは山寺宏一です。

やはりジーニーの声は山寺宏一で聞きたいですよね~。

決定して安心!

『アラジン』の中で一番の人気キャラクターなだけに吹替え声優が気になっていた方も多かったと思います。

本作を見るのが余計に楽しみになりました(^^)

マーワン・ケンザリ/ジャファー

マーワン・ケンザリ

ジャファーを演じるのは、オランダのハーグ出身の俳優マーワン・ケンザリです。
俳優として活動し始めたのは2008年ですが、2013年にはもう映画『Wolf』に主演しています。
近年では『アウトバーン』や『ザ・マミー 呪われた砂漠の王女』『セブン・シスターズ』『オリエント急行殺人事件』などに出演し躍進を遂げています。

日本語吹き替えは北村一輝

ジャファーの吹き替えは北村一輝です。
渋い声のおじさんが吹き替えするのかと思っていたので意外な感じがしました。

でも考えてみれば北村一輝も年齢的には合ってるんですよね~。
それにこれまでも悪人の役は演じているのですから安心できるかも(^^)

『アラジン』のみどころ

アニメとは違った美しい映像や魔法などのファンタジックな要素も見どころですが、『アラジン』といえば大ヒットした「A Whole New World」が思い出されます。

本作で音楽を担当するのは『ラ・ラ・ランド』『グレイテスト・ショーマン』で音楽を手がけたパセク&ポールです。

また、ディズニー映画の多くの作品『リトル・マーメイド』『美女と野獣』『アラジン』『ポカホンタス』『ノートルダムの鐘』で音楽を担当したアラン・メンケンもパセク&ポールと組んで音楽を制作します。

先述の「A Whole New World」も彼の作品ですし、『リトル・マーメイド』の「アンダー・ザ・シー」も同様です。

音楽最高!となることは今から間違いないと期待しています(^^)

>>グレイテストショーマンの主題歌はThisIsMe!サントラが素晴らしい!

まとめ

・『アラジン』のキャストはメナ・マスード、ナオミ・スコット、ウィル・スミス、マーワン・ケンザリなど。
・音楽はアラン・メンケン、パセク&ポールが担当。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

Sponsored Link


フォローする