ウィルスミスのおすすめ映画は?名作・代表作を紹介

man

元ラッパーという肩書と共に、ひょうきんな役からシリアスな主役まで幅広くこなすウィル・スミス。

彼が出演している映画を一度も見たことない人はいないのではないかと思うくらい、数多くの作品に出演していますね。

黒人のハリウッドスターといえば、必ず声があがるウィル・スミス。

今回は、そんな有名俳優である彼について、お伝え致します。

Sponsored Link

ウィル・スミスのプロフィール

 

この投稿をInstagramで見る

 

✨ ✨(@willsmith_fan_)がシェアした投稿

本名:Willard Carroll “Will” Smith Jr.(“ウィル”ウィラード・キャロル・スミス・ジュニア)
生年月日:1968年9月25日
出生地:アメリカ合衆国ペンシルベニア州フィラデルフィア

4人兄弟の末っ子として生まれ、12歳の頃からパーティーなどでラップを披露していたそうです。
このころから、すでに才能を発揮していたのだとか。

その後、友人とヒップホップ・グループを結成。
無事にレコードデビューを果たします。まさに、とんとん拍子ですね!

アルバムがヒットした後、テレビ出演を経由して、ハリウッドデビューをします。
そして、いわゆる「ドル箱俳優」として、数多くのヒット作品に恵まれていきます。

最初はラッパーであった事は、映画ファンでは、あまりにも有名ですね。

ウィル・スミスのおすすめ映画、名作・代表作品

メン・イン・ブラック シリーズ

あらすじ

ニューヨーク市警の若きエースであったジェームズは、ある逃走犯を猛追している最中、Kと名乗る男と出会う。
逃走犯の様子がおかしいと感じたジェームズは、Kに相談するが、ある試験を受けるよう指示され、立ち去ってしまう。

その後、無事に試験をクリアしたジェームズは、地球にエイリアンが来ている事、そしてそのエイリアンを管轄している組織があることを知る。
そして、ジェームズは、誰にも知られない存在、メン・イン・ブラックとして、この世から姿を消し、生きていくことを決意するのであった・・・。

おすすめポイント

ウィル・スミスの代表作品の一つ。
作品のメインテーマを歌っているのも、ウィル・スミスなので、彼の魅力を120%楽しめる映画となっています。

シリーズ三部作において、W主演であるトミー・リー・ジョーンズとのコンビは最高です。
まずは、ウィル・スミスを知るには、これを見ろ!の一言な作品となっています。

メン・イン・ブラック コレクターズ・エディション [DVD]

ワイルド・ワイルド・ウエスト

あらすじ

南北戦争後のアメリカ西部を舞台とした作品。
自ら開発した兵器で、政府乗っ取りを計画していたとある天才発明家がいた。
その陰謀に立ち向かうべく、二人の連邦捜査官が派遣されたのであった!

おすすめポイント

何にも知らない状態で見ると、なんだか様々な要素がテンコ盛りな作品に感じるかもしれません。笑
それでも、ウィル・スミスの若き日の作品を見たいと思うなら、是非とおススメする作品です。
西部劇とSFがコラボしているような風貌は、れっきとしたエンタメ作品として仕上がっていると思います。

ワイルド・ワイルド・ウエスト 特別版 [DVD]

アイ・アム・レジェンド

あらすじ

謎のウィルスによって、人類が滅亡してしまった世界が舞台。
愛犬のサムとたった二人っきりで、懸命に毎日を生きる科学者のロバートは、毎日生き残った人類の存在を信じ生活していた。
そんな状況の中、ロバートに着々と敵の存在が忍び寄っていたのだった・・・。

おすすめポイント

ウィル・スミス主演映画のひとつ。
人類で生き残ったたった一人の男を演じ、懸命に生きる姿を熱演しています。

特に愛犬のサムとのシーンは、本当に涙なくして見られません。
私自身、泣きすぎて涙が枯れるかと思いました。
ある意味、愛犬家は覚悟してご覧ください・・・・。

アイ・アム・レジェンド 特別版(2枚組) [DVD]

Sponsored Link

アラジン(実写)

あらすじ

貧しい青年アラジンと、自由になりたい王女ジャスミンの恋愛模様を描いた、Disneyアニメーション作品の実写版。
ある日アラジンは、魔法のランプを手に入れ、ランプの魔人ジーニーから願い事を3つまで叶えると告げられる。
王女と近い存在になりたかったアラジンは、自分を王国の王子に仕立て上げ、ジャスミンにアプローチするのであったが・・・。

おすすめポイント

Disneyの名作であるアラジンの実写化。
ウィル・スミスは、ジーニー役として、馴染みの真っ青な姿に扮し演じています。
Disney作品の特徴である挿入歌を歌いこなすウィル・スミスは、さすがの一言。
実写化に抵抗のある人でも、十分に満足できる作品です。

この動画を見る >

ハンコック

あらすじ

飛行能力と、すさまじい怪力をもつハンコックは、世間から嫌われていた。
事件が起きて解決に向かうハンコックであったが、その傍若無人なふるまいで甚大な被害が出てしまうからであった。

そんなひねくれたハンコックは、ふとしたきっかけで一人の女性を助ける。
しかし、この助けた女性が、とんでもない人物であった・・・。

おすすめポイント

こちらもウィル・スミス主演作品。
ひねくれた浮浪者のような風貌が、あまりにもウィル・スミスに似合っていて思わず唸ってしまいます。

飛行能力を兼ね備え、内容だけみるとスーパーヒーローのようなイメージを持つかもしれませんが、
基本的には、ハンコックの生き方にスポットを当てた作品と考えていいと思います。

ハンコック エクステンデッド・コレクターズ・エディション [AmazonDVDコレクション]

バッドボーイズ シリーズ

あらすじ

マイアミ市警で働く、二人の黒人警官を主役にした作品。
ある日、署で押収していた大量のヘロインが何者かによって盗まれてしまう。
調べていくと、あまりにも内部の情報に詳しいと感じた上層部は、マーカスとマイクの二人に、捜査を命令するのであった。

おすすめポイント

シリーズ化もされている、ウィル・スミス主演の人気作品。
黒人コンビとして出演した、マーティン・ローレンスとの絶妙コンビは、見ていて飽きません。
最近もまた新シリーズが公開された作品であり、ウィル・スミスの気さくな人柄を感じる良作となっています。

この動画を見る >

アイロボット

あらすじ

ロボットとの共存が当たり前となった近未来。
ある日、ロボット工学の博士が何者かに殺害される事件が起こった。
不可解なこの事件に対して、シカゴ市警のデルは、捜査を行うことになる。
しかし、謎が深まっていくと、恐ろしい事実が明らかになっていくのであった・・・。

おすすめポイント

ここ最近、発達しているAI機能を普段使いしている人からすると、かなり興味深い作品となっています。
ロボットによる反乱を描いた映画となっており、人間が作り出すものとは・・と、深く考えさせられます。
主演映画ですので、こちらも安心して、ウィル・スミスの魅力を楽しむ事が出来るでしょう。

アイ,ロボット [DVD]

スーサイド・スクワット

あらすじ

DCコミックに登場するキャラクターが勢ぞろいし、特殊部隊「スーサイド・スクワット」を結成して任務に立ち向かう作品。
服役中ということもあり、任務に背いたり失敗した者に対して自爆装置が作動する仕組みとなっている。
アメコミの悪党が集結する、注目作品。

おすすめポイント

DCコミックの悪党実写化ということもあり、非常に気合が感じられる作品の一つです。
ウィル・スミスはデッドショットというガンマンの役で出演しており、特殊メイクなどもなく、割とそのままの彼を楽しめます。
人気キャラクターのひとつ、ハーレイクインにも注目です。可愛いです。

スーサイド・スクワッド ブルーレイ&DVDセット(初回仕様/2枚組/デジタルコピー付) [Blu-ray]

幸せのちから

あらすじ

ホームレスから億万長者となった、実話を基にした作品。
妻に愛想をつかされた男クリスは、息子と二人っきりになり、住む家も食べるものもなくなってしまう。
そんな状況の中、奇跡の大逆転を狙い、大企業への就職を目指したクリスは、がむしゃらに頑張るのであった。

おすすめポイント

ウィル・スミスが、実の息子と初の親子共演を実現した作品。
アメリカンドリームを見事に表現した、サクセスストーリーとなっています。
本当の親子ということもあり、随所でみられる表情は、演技とは違う温かさを感じると思います。

幸せのちから コレクターズ・エディション [DVD]

インデペンデンス・デイ

あらすじ

宇宙からの侵略をテーマにした作品。
7月2日。何の前触れもなく、いきなり巨大UFOが世界中の上空に現れる。
元戦闘機のパイロットであるアメリカ大統領は、UFOと交信を試みるが、UFOから攻撃が始まってしまうのであった。

おすすめポイント

言わずと知れた、メガヒット・ムービー。
タイトルだけ知っているという方も多いのではないでしょうか。

少し古い作品ですが、一軍人として立ち向かうウィル・スミスはの演技には、見ごたえばっちりです。
世界的な名作なので、是非一度はご覧ください!

インデペンデンス・デイ [DVD]

ウィル・スミス出演作はTSUTAYAなら無料おためし視聴ができます。
サブスクで映画視聴するなら圧倒的な作品数と、老舗なので安心できるTSUTAYAがおすすめです!

 

まとめ

売れっ子俳優であるウィル・スミスなだけに、昔から主演作品が多いですね。

こうやってお伝えしていくと、警官など正義の味方側の役が非常に多いです。

恐らく、彼の気さくで誰にでも好かれる人柄を表現するには、良いのかもしれませんね。

皆さんも是非、ウィル・スミスの魅力に触れてみて下さい。

そして、出来れば彼の昔のラッパー姿もチェックしてみてくださいね!

きっと、今まで知らなかったウィル・スミスの良さに、感銘すると思います。

Sponsored Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください