映画「ベイマックス」のあらすじ、感想、ネタバレ

ベイマックス

2014年、ディズニー映画。

原作はマーベル・コミックの「Big Hero 6 (ビッグ・ヒーロー・シックス)

アカデミー賞の長編アニメ映画賞を受賞。

あらすじ

謎の事故で最愛の兄タダシを失った天才少年ヒロ。深く傷ついた彼の心を救ったのは、人々の心と体を守るために兄が開発したケア・ロボットのベイマックスだった。

兄の死の真相をつかもうとする二人だったが、彼らの前に未知なる強大な敵が立ちはだかる。

ケア・ロボットとして人を傷つけることを禁じられているベイマックスに、大切なヒロを守り切ることはできるのだろうか?
そして、兄がベイマックスに託した、驚くべき“使命”とは…?

引用元:ディズニー公式「ベイマックス」の作品サイト

Sponsored Link

感想(ネタバレ注意)

大ヒット映画「アナと雪の女王」が公開された翌年に公開されたのが「ベイマックス」ですが、妹が「ベイマックスのほうが全然いい!」というので見て見ると…

ほんと、よかった!

いい映画は年齢関係なく楽しめるんだなぁ、と改めて思える作品。

一緒に見た子供たちもベイマックス大好きで、テレビ放映されたのを録画して何度も見ています(*^^*)

映画「ベイマックス」の魅力6つ

何がそんなに惹きつけられるのか、挙げたらきりがありませんが、自分なりにポイントをまとめてみました。

天才少年ヒロ

14歳で飛び級で大学に入学する天才少年。その設定だけでまずワクワク。

どこか変わってる科学オタクたち

兄タダシが通う大学には科学オタクがいっぱい!

いわゆるヒーロータイプではなく「オタク」なんだけど、みんな個性的で魅力的です。

オタクの研究が武器に

オタクってともすれば暗くてバカにされがちだけど、彼らは自分の研究を武器にして悪と戦います。

それがすごくカッコいい!

魅惑のマシュマロボディ

「思わず抱きしめたくなる」とうコンセプトで作られたベイマックスは、きっとぷにぷになんだろうなぁ、と見ていても触感を確かめたくなります。

こんなケアロボット、嫌いな人なんていないと思います。

ヒロとタダシの絆

物語の軸となっているのは、ヒロの兄タダシが死んでしまい、その無念を晴らそうと戦うところ。

その根幹にあるのは兄弟の愛情や絆なんですよね。

ヒロが復讐に燃えて自分を見失ってしまう時、ベイマックスがお腹のスクリーンでタダシがベイマックスを作る時の記録映像を見せます。

それを見るヒロが泣いてしまった時は、もらい泣きしてしまいます(;_;)

Sponsored Link

オタク仲間との絆とアクション

ベイマックス

オタクと思えないほど、強い武器と素早い動きを身に着けた仲間たち。

彼らが立ち上がって、かつてのヒロのように復讐に燃えるキャラハン教授と戦うシーンは映画の一番の見せ所です。

タダシを中心に結ばれた絆はそのまま仲間の強さになっているのだと思います。

ベイマックス2

ベイマックス2

ネットを見ていると、なんと「ベイマックス2」という表記がありました。

続編??単なる制作希望を望む声があるだけ?と思い調べてみると、

2017年にアニメ専門チャンネル「ディズニーXD」にて「ベイマックス」の続編がテレビシリーズとして放映されるとのこと!

パチパチパチ\(^o^)/

ストーリーは映画のその後が描かれるそうで、大学に入学したヒロが難しい学術に悩むと共に、ベイマックスはもちろんのこと、映画でも同じのメンバー、ワサビ、ハニーレモン、フレッド、ゴーゴーたちとパワーアップした悪者と戦うというもの。

日本でも放映されるといいなぁ。そうなったら楽しみですね!

主題歌「STORY」が話題に

映画の主題歌AIさんの「Story」も話題になりましたね。

私は鉄拳さんのパラパラ漫画が歌に合わせて描かれている動画が好きで、映画を見た後に見ると泣けてきます(;_;)

YouTubeのディズニー公式チャンネルで公開されているのでぜひご覧下さい!

ヒロを見守るタダシの愛情と、タダシに変わってヒロを助けるベイマックスとの友情が泣けてきます。鉄拳さんすごすぎ!

ベイマックスのセリフ

映画の中でベイマックスが言うセリフで印象に残るものがあります。ロボットですから基本棒読みだけど、それがなんだか可愛く感じます(^^)

「私はベイマックス。あなたの健康を守ります」

「今の痛みを1から10で表すとどのくらいですか?」

これは何度か繰り返し聞いた言葉です。なんだかお医者さんみたいです。

それから、泣きたい時にこう言われたら泣いちゃうよなぁ、というセリフ。

「泣きたい時は泣いてもいいんですよ」

わーん(;_;)

個人的には、なんの感情もこもって聞こえない

「バララララ」(グータッチの後)

「あーっと」(大きなものが飛んできたり危ない目にあった時)

この2つが好きです。

「あーっと」は、本人が驚いて言う言葉ではなく、基本周囲に危機を知らせるために発しています。

すごい棒読みでおかしい(^q^)

まだ見ていない方はぜひ見てみて下さい!

ご家族でも、大人一人でも楽しめる映画です(^o^)

Sponsored Link


フォローする