プーと大人になった僕の結末は?あらすじネタバレと感想をラストまで

プーと大人になった僕

『プーと大人になった僕』を見てきました!
感想あらすじ・ネタバレ付きでラスト・結末まで書いています。
まだ映画をご覧になっていない方はご注意下さいね。

Sponsored Link

『プーと大人になった僕』の作品情報

View this post on Instagram

Focal Point Levinさん(@focalpointcinemalevin)がシェアした投稿

【原題】Christopher Robin
【製作年】2018年
【製作国】アメリカ
【配給】ディズニー
【監督】マーク・フォースター

あらすじ

重要な仕事をまかされたクリストファー・ロビンが、公園のベンチで頭を抱えていると、「クリストファー・ロビン」と声をかけられ、聞き覚えのある声の方向へ振り向くと、そこにはかつての親友プーが!プーさんとクリストファー・ロビン、二人の奇跡の再会からはじまる感動の物語
引用元:ディズニー公式サイト

『プーと大人になった僕』のネタバレ

Sponsored Link

イギリスのサセックスで物語は始まります。
少年クリストファー・ロビンは100エーカーの森で大好きなプーやぬいぐるみたちと幸せな時間を過ごしていました。

でも、寄宿学校に行くことになり、クリストファーの少年時代は終わりを告げます。
プーたちとお別れティー・パーティを楽しんだ後、クリストファーはロンドンへと旅立ち、学校生活を忙しく過ごし、大人へと成長します。

素敵な女性イブリンと出会い結婚し、戦争から帰ると家族と暮らし始めます。
忙しくサラリーマンとして働き、一見順調そうですがクリストファーは仕事に疲れ家族ともギクシャクしていました。

もう頭から100エーカーの森やプーたちとのことは消えていました。
「現実」を生きるのに忙しかったのです。

クリストファーがそんな忙しい毎日を過ごしていた一方、プーは仲間たちが皆いなくなっていることに気づきました。
100エーカーの森を探し回り、魔法の扉を抜けるとそこはロンドンでした。

仲間を探すのに疲れたプー、仕事に疲れたクリストファー・ロビン。
二人はベンチに座り込みました。

偶然、そのベンチはお互いの背中合わせになっていたのでした。
再会を喜ぶ二人。

View this post on Instagram

chrisさん(@movie_and_life)がシェアした投稿

でも、忙しいクリストファーにはプーとゆっくり過ごす時間はありません。
魔法の扉が消えてしまったので、クリストファーは森までプーを送っていくことにしました。

せっかく森に来たのに、クリストファーはせかせかしてプーと一緒に楽しむことはありません。
プーとクリストファーの温度差は広がるばかりで、ついにクリストファーはプーに怒鳴り散らしてしまいます。

そして、大きな穴に落ちてしまい意識を失います。
雨で池にようになった穴から出るとプーや仲間たちを見つけます。

クリストファーは子供の頃を思い出し、ようやく自分を取り戻すことができました。
そして、仕事に戻るためロンドンに戻ります。

プーの仲間たちはクリストファーの大事な書類の代わりに、カバンに木の枝や風見鶏を入れていました。
書類は森にあります。

それに気づいたプーは、クリストファーがピンチにならないよう書類を持って仲間たちとロンドンに届けることにしました。
扉を通ってもロンドンにつかないプーたちの前に現れたのは、クリストファーの娘マデリンでした。

ラスト・結末

View this post on Instagram

🌴🌈Shizuka🏄‍♀️🌴さん(@luv_surf)がシェアした投稿

マデリンは休暇でサセックスに来ていたのです。
プーたちはマデリンに助けてもらいロンドンに向かいますが、大騒ぎの彼らは着いた途端に書類をぶちまけてしまいました。

その頃クリストファーは書類がないことに気づき、会社の命運のかかった会議でピンチに陥っていました。
そして、マデリンを追いかけてきたイブリンもクリストファーのもとに駆けつけました。

二人は、町中で泣いているマデリンを見つけて抱き合います。
ようやく家族のわだかまりが溶けた時、クリストファーは仕事の名案を見つけました。

会議に戻り、素晴らしい提案をすると家族で会社を去ります。
昔のクリストファーが大事にしていた「何もしないこと」を楽しむためです。

その後海辺で大勢の人たちが「何もしない」を楽しんでいる時、プーと仲間たちも一緒に楽しんでいました。

『プーと大人になった僕』の感想

プーさんと仲間たちが可愛い!
もう、どうなってるの!?
ぬいぐるみが動いているようにしか見えない!

プーさんが「僕は何もしないを毎日してるよ」とかピュアことを言う度にうるっときます。

「何もしないは最高の何かにつながる」って名言ですね!

これはクリストファー・ロビンが言ったことですが。

ぬいぐるみなので、表情がないです。
だからこそリアルで、ぬいぐるみが生きているように感じます。

pixerではおもちゃに命を吹き込み、表情が豊かでしたがその逆もまた然りなんですね。
すごいなぁ、としみじみ。

プーと大人になった僕

写真はムビチケカードと特典のポストカードです。

といいところばかり書いてもいいのですが辛口な感想も^^;

時間的に近所の映画館しか行かれなかったのですが、そこでは吹替えしか上映していませんでした。
ってことは子供や家族連れを対象にしているんですよね。

ところが、主人公は大人になったクリストファー。
大人といっても大学生とかじゃなくてもうおじさんなんですよね。

おじさんが主人公で、プーさんじゃないんです。
これを見る子供というのは何歳くらいが対象なのかしら、と考えてしまいました。

言ってみれば、中年の危機に陥ったおじさんが自分を取り戻す話なんです。
それをプーさんたちが手助けする、っていう。

内容的に子供が楽しめるのかちょっと謎です。
私は平日の昼間に見に行ったので、子供が一人もいなかったので子供の反応がわかりませんでした。

それから、クリストファー演じるユアン・マクレガーの吹替えが堺雅人なんです。
それは知っていたのですが想像以上に堺雅人丸出しでちょっとびっくりでした。
他の方は「いや、ユアン・マクレガーにぴったりだよ!」っていう人もいるかもしれません。

ラストはまぁ思った通りです。
ディズニーらしい家族の絆を描く大団円に終わりました。

大人を対象にしているのであればもう一捻りほしいと思いました。
でも、ファミリー向けならまぁわかりやすくていいかな、という感じです。

ラスト、「何もしない」を楽しむ人たちの横で同じように「何もしない」プーさんたちはよかった!
サングラスかけてビーチに並ぶ姿は本当に可愛かったです(^^)

まとめ

色々書いてしまいましたが個人の感想なので感じ方は様々だと思います。
お気に触るところがありましたらすみません。

感想で書いた通り、動くぬいぐるみたちとプーさんのピュアな言葉を聞くだけでも見る価値はあるかな、と思います(^^)

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

>>プーと大人になった僕のキャストとあらすじは?日本公開日と予告編を紹介!

Sponsored Link


フォローする