パーマネント野ばらのカシマの死因は?ももの父親は誰?

パーマネント野ばら
映画『パーマネント野ばら』に登場する主人公なおこの恋人役カシマですが、死因は何だったのでしょうか。
また、なおこの子供、ももの父親は誰なのでしょう。

Sponsored Link

『パーマネント野ばら』の作品情報

【劇場公開日】2010年5月22日
【製作年】2010年
【製作国】日本
【配給】ショウゲート
【監督】吉田大八
【キャスト】菅野美穂、江口洋介、小池栄子、池脇千鶴、宇崎竜童、夏木マリ、他

あらすじ

離婚の末に一人娘を連れて故郷に出戻ったなおこと、なおこの母・まさ子の2人で営む海辺の町の美容室「パーマネント野ばら」に集まる女性たちの悲喜こもごもの恋愛模様が描かれる。
引用元:映画.com

カシマの死因は?

パーマネント野ばら

菅野美穂演じるなおこは娘を連れて、離婚後に実家に戻ります。
そこでは教師カシマと交際しています

なぜか、カシマとの交際は周囲には秘密の様子。
ある時、友人の1人ともちゃんに「実はカシマと付き合っている」と言うと、ともちゃんは困ったような笑顔を浮かべて「何遍も聞いたよ。なおちゃんは忘れっぽいなぁ」と言います。

なおこは「私言った?いつ言ったんだろう」と不思議そう。
この辺りから、なおこがちょっと普通じゃないと感じさせます。

パーマネント野ばら

ともちゃんが困った顔をしていたのは、カシマはもう死んでしまっているからです。

なおこは時折正気を取り戻すのか、カシマの葬式の映像が写るので、死んでしまったことがわかります。

では、なんで死んでしまったかというと、そこの描写は曖昧。
でも、海にサンダルが流れるシーンがあることから、おそらく水難事故だと思われます。

原作でのカシマ

ちなみに、原作ではなおこの恋人に名前はありません

教師という職業も映画での設定で、原作では働いている姿はありません。
なおことは年が離れたおじさん、のような感じで描かれています。

「現実にはいない人」という設定は同じですが「死んでいる」という説明もありません。

もう現実の男性がイヤになってしまい、脳内でなおこが作り出した恋人なのかな、とも思えます。

Sponsored Link

ももの父親は誰?

なおこには娘の「もも」がいます。
父親の姿が映らないことから、父親は誰?と思う人がいるようです。

父親の姿が映らないことと、カシマとの交際が秘められた関係であるから、カシマが父親だと思う人もいるかもしれません。
でも、それを裏付けるような描写はありません。

ももを父親に預けてなおこが手持ち無沙汰になる、というシーンもあることから「ももの父親は実際になおこが結婚していた相手」だと思われます。

原作は西原理恵子の漫画

先に書いた通り、映画には原作があります。
西原理恵子の同名漫画です。

私は先に漫画を読んだのですが、素朴な絵のテイストと違い
女たちの激しさと、なおこが妄想のデートを重ねるシーンに号泣でした。

映画と違う点もあるので、気になる人はぜひ読んでみて下さい!

原作についてはこちら
>>パーマネント野ばら(新潮文庫)

まとめ

・カシマの死因はおそらく水難事故。
・ももの父親は、なおこが結婚していた相手。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

>>パーマネント野ばらのなおこの病気は統合失調症?

>>映画「パーマネント野ばら」のあらすじ、感想、ネタバレ、結末

Sponsored Link


フォローする