ビガイルド欲望のめざめはリメイク?オリジナルと原作小説は?

ビガイルド

映画『ビガイルド 欲望のめざめ』2018年2月23日に公開されます。
ここではオリジナル版の映画原作となる小説について紹介します。

Sponsored Link

映画『ビガイルド 欲望のめざめ』の作品情報

【原題】The Beguiled
【劇場公開日】2018年2月23日
【製作年】2017年
【製作国】アメリカ
【配給】アスミック・エース、STAR CHANNEL MOVIES
【監督】ソフィア・コッポラ
【キャスト】コリン・ファレル、ニコール・キッドマン、キルステン・ダンスト、エル・ファニング、オオーナ・ローレンス、アンガーリー・ライス、他。

白い服を着た美女たちが『ピクニック・アット・ハンギングロック 』を彷彿させます。
美しいビジュアルだけでも見たくなりますね。

あらすじ

南北戦争期のアメリカ南部。世間から隔絶された女子寄宿学園で暮らす7人の女たちの前に、怪我を負った北軍兵士の男が現われる。女性に対し紳士的で美しいその兵士を介抱するうちに、全員が彼に心を奪われていく。やがて情欲と危険な嫉妬に支配されるようになった女たちは、ある決断を下す。
引用元:映画.com

オリジナルは『白い肌の異常な夜』

@riooooooohがシェアした投稿

【原題】The Beguiled
【劇場公開日】1971年12月4日
【製作国】アメリカ
【配給】 ユニバーサル・ピクチャーズ
【監督】ドン・シーゲル
【キャスト】クリント・イーストウッド、ジェラルディン・ペイジ、エリザベス・ハートマン、ジョー・アン・ハリス、ダーリーン・カー、メエ・マーサー、パメリン・ファーディン、メロディ・トーマス、ペギー・ドライヤー、パッティ・マティック、他

あらすじはリメイク版と同じです。
私は見ていないので、結末がオリジナルとリメイクで同じなのかはわかりません。

監督のドン・シーゲル『真昼の死闘』『ダーティハリー』を撮った人で、主演のクリント・イーストウッドとは親交が深いです。

でも、この『白い肌の異常な夜』はそれまでの作品とはかけ離れた作風で、興行的には失敗だったそうです。
でも、ドン・シーゲルは「最高傑作」と言っていたようです。

この頃のクリント・イーストウッド、美男子ですね~。
でも、映画のキービジュアルは、リメイク版と違ってホラーの様相を呈していてちょっと怖いです^^;
タイトルからしてホラーですね。

Sponsored Link

原作の小説は?


原作は、トーマス・カリナンの小説『The Beguiled』です。
邦訳は2017年12月に作品社から出版されました。

あらすじは映画と同様のようですが、詳細が気になります。
映画と違いを比べてみるのも面白そうですね!

原作についてはこちら
>>ビガイルド 欲望のめざめ

まとめ

・『ビガイルド 欲望のめざめ』のオリジナルは『白い肌の異常な夜』。
・原作はトーマス・カリナンの小説『The Beguiled』

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

Sponsored Link


フォローする

コメント

  1. 彩の国マミーナ より:

    昨日、観てきました。以前にも見た記憶が甦り、その疑問が解決しました。有難うございました♡

  2. 彩の国マミーナ より:

    昨日、観てきました。以前にも観た記憶が甦りました。こちらで、その疑問が解決しました。ありがとうございました♡

    • elin より:

      彩の国マミーナ様

      コメントいただきありがとうございます!
      「ビガイルド」ご覧になったのですね、羨ましいです(^^)

      『白い肌の異常な夜』を以前ご覧になっていたのですね。
      偶然とはいえ両作を見比べることができたのですね。

      当ブログがお役に立ててよかったです!
      また覗きにきていただければ嬉しいです(*^^*)