バックトゥザフューチャー2のレッドトーマスとは?ホームレスなのはなぜ?

時計

映画『バック・トゥ・ザ・フューチャー2』でマーティがホームレスを見て「レッド?」と声をかけるシーンがあります。
このレッドというホームレスがどんな人物なのか気になったので調べてみました!

Sponsored Link

『バック・トゥ・ザ・フューチャー2』のレッド・トーマスとは

マーティが2015年から帰ってきてすっかり変わってしまった1985年に驚いている時、誰かにぶつかってしまいます。

そのぶつかった相手がレッドというホームレスです。

レッドはマーティを見て「気をつけろ!この酔っ払いが!」と文句を言います。

マーティは彼に向かって「レッド!」と言うのですが、皆さん誰だかわかりました^^;?

実は1作目にも登場しています。

1作目『バック・トゥ・ザ・フューチャー』のレッド・トーマス

1955年のレッド・トーマスは写真で登場


1作目『バック・トゥ・ザ・フューチャー』でマーティが1955年に行った時、町なかを街宣車が走っています。

この街宣車の写真の男性がレッド・トーマス

 

1955年の市長です。
街宣車は次の選挙での再選を狙ってのものですね。

ですのでマーティはこの時代のレッドには会っていないし、本人の登場は街宣車の写真のみです。

 

『バック・トゥ・ザ・フューチャー』シリーズはこういう直接的でない説明がすごく多いです。

画面に映る写真で表していることが本当に多く、見逃しても映画の大筋を理解するのに影響はないけれど、気づいた時にその面白さがわかるようになっています。

だからこの映画のファンが多いのでしょうね。

見るたびに新しい発見があるし、それを見つけるのがまた楽しいですね(^^)

1985年の市長も登場している

レッド・トーマスの街宣車とすれ違った後マーティはカフェに入り、後の市長となるゴールディ・ウィルソンに出会います。

カフェでビフにコテンパンにやられる情けないジョージに向かってゴールディは発破をかけ、マーティはそれを見て「君は市長になる」と言います。

カフェの店長ルウは「黒人の市長なんて」とイヤミを言いますが、ゴールディはマーティの言葉に「勉強して市長になる!」と奮起します。

志の高いゴールディがやる気を出し、マーティが元いた1985年にどうなったかというと…

市長となったゴールディ・ウィルソンの街宣車が走っています。

はっきりと市長になった、とか言葉での説明でないところがいいですよね(^^)

レッド・トーマスはどうなったのでしょうか。

レッド・トーマスがホームレスなのはなぜ?

1985年のレッド・トーマス


マーティが1955年から1985年に帰ってきたまさにその時を目撃しています。

デロリアンが映画館に突っ込んだのを目撃した男性。

それが、レッド・トーマス!

しかもホームレス。

「2」で「この酔っ払いが」というのはこういうわけなんですね。

映画館に突っ込んだマーティを見て酔っぱらいだと思ったようです。

レッド・トーマスがホームレスになった理由


その後また寝床に戻るとマーティに飛び越えられて登場は終わり。

 

マーティは、レッドを見て1985年に帰ってきたことを認識し「レッドか。懐かしいな」と言います。

市長だったレッドがホームレスになっていることに特に驚いている様子はありあません。

 

つまり、マーティが1955年にタイムスリップする前の1985年時点ですでにレッド・トーマスはホームレスだったのです。

 

「2」を見た時マーティの未来での行動でレッドがホームレスになったのかと思いましたが、そういうわけではなく市長から外れた後自然に(?)ホームレスになったということですね。

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

 

>>バックトゥザフューチャー2でビフが消える?幻のシーンを紹介!

>>バックトゥザフューチャー2でクビの理由は?なぜ不正をしたか考察!

Sponsored Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください