猿の惑星のシーザーがイケメンでかっこいい!演じる役者・俳優は誰?

猿の惑星聖戦記

『猿の惑星』リブートシリーズの『猿の惑星:創世記』『猿の惑星:新世紀』に続き『猿の惑星:聖戦記』が公開されます。
これまで猿のリーダー、シーザーが「イケメン!」「かっこいい!」と話題なので、その意見をまとめてみました。
また、シーザーを演じる俳優アンディ・サーキスについても紹介します!

Sponsored Link

シーザーに惚れた!の声

以前友人が「サル顔は愛される」説を唱えていましたが、シーザー人気を見るとその説は当たっていると思います(^q^)
動物園の「イケメンゴリラ」も人気だったし!
シーザーにぞっこんの声をまとめてみました。

もう人間よりサル!くらい愛されてますね~。
単に「シーザーがかっこいい」というだけでなく「映画自体が面白かった」という感想も同時に書かれています。
やはり内容がよいからシーザーのイケメンぶりも際立つんでしょうね(^^)

気になるのは演じている俳優ですよね?
プロフィールや出演作を紹介しますね!

シーザーを演じる俳優アンディ・サーキスとは?


本名:Andrew Clement Serkis
生年月日:1964年4月20日
出生地:イングランド・ロンドン
国籍:イギリス

ランカスター大学で視覚芸術を学び、舞台美術の仕事に進むつもりでいたそうですが、俳優に転向し舞台に出演します。
1989年にテレビドラマに出演するようになり、1994年には『Prince of Jutland』で映画デビューしています。

Sponsored Link

アンディ・サーキスの出演作

アンディ・サーキスはモーション・キャプチャを使った演技でよく知られています。
ピーター・ジャクソンの作品の常連でもあります。

ロード・オブ・ザ・リング/ホビット


『ロード・オブ・ザ・リング』シリーズや『ホビット』に登場するゴラムを演じています。

キング・コング


モーションキャプチャでキング・コングを、人間の役でコックのランピーを演じています。

GODZILLA ゴジラ


こちらもモーションキャプチャでゴジラを演じています。
主役なのになぜかクレジットなし!なんで!?

スター・ウォーズ


『スター・ウォーズ』シリーズでは最高指導者スノークを演じています。
撮影風景がすごい!
こんな物々しい装置の中での演技なんですね~。

『ジャングル・ブック:オリジンズ』で監督デビュー

アンディ・サーキス初監督となる『ジャングル・ブック:オリジンズ』が撮影されています。
2015年に撮影を開始し、2017年10月に公開予定でしたが、2018年10月に延期されました。
キャストは、アンディ・サーキス本人の他、ベネディクト・カンバーバッチ、ケイト・ブランシェット、クリスチャン・ベイルなど豪華な顔ぶれです。
楽しみですね!

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

Sponsored Link


フォローする