DESTINY 鎌倉ものがたりのキャストまとめ!死神役の女優は誰?

鎌倉ものがたり

2017年12月9日に映画『DESTINY 鎌倉ものがたり』が公開となりました!
メインキャストをまとめてみました。
また、気になる死神役は誰が演じるのでしょうか。

Sponsored Link

『DESTINY 鎌倉ものがたり』の作品情報

【劇場公開日】2017年12月9日
【製作年】2017年
【製作国】日本
【配給】東宝
【監督】山崎貴

あらすじ

鎌倉に暮らすミステリー作家・一色正和(堺雅人)のもとに嫁いだ年若い妻・亜紀子(高畑充希)はその生活に驚くばかり。道を歩けば、魔物や幽霊、妖怪や仏様、死神(安藤サクラ)までも現れるのだ。どうやらここ鎌倉は、人と人ならざるものたちが仲良く暮らす街らしい。
本業の小説執筆に加え、鎌倉署の捜査にも協力する夫・正和は、その上、鉄道模型収集やら熱帯魚飼育やら多趣味でもあり忙しい。そんな一色家には、実年齢130歳? の家政婦・キン(中村玉緒)、腐れ縁の編集担当・本田(堤真一)、果ては貧乏神(田中泯)が居座るなど個性豊かな面々が次々に現れ騒がしい日々。亜紀子の理想とはちょっと違うけれど、楽しい新婚生活が始まった。
しかし、正和には亜紀子に隠していた秘密があった。その秘密が原因で正和は結婚に疑問を感じて生きてきたようだ。正和はなぜ亜紀子を見初めたのだろうか?
ある日、病に倒れた正和が目を覚ますと、亜紀子の姿が消えていた。夫への愛にあふれた手紙を残して――。なんと亜紀子は不慮の事故で亡くなっており、黄泉の国(あの世)に旅立っていたのだった。失って初めて気づく妻・亜紀子への愛。正和は亜紀子の命を取り戻すため、一人黄泉の国へ向かう決意をする。そこで彼を待っていたのは、亜紀子を黄泉に連れさった魔物たちとあの人の姿・・・・・・。
一色夫婦の命をかけた運命が、今動き出す。

引用元:『DESTINY 鎌倉ものがたり』公式サイト

『DESTINY 鎌倉ものがたり』のキャスト

一色正和/堺雅人

一色亜紀子/高畑充希

本田/堤真一

貧乏神/田中泯

キン/中村玉緒

女将/薬師丸ひろ子

甲滝五四朗/三浦友和

Sponsored Link

死神役は誰?

安藤サクラ

死神を演じるのは安藤サクラです。
このビジュアルだけ見たらちょっとどなたかわからないですよね(私だけ?)。

金髪、カラコンが似合っていて、ボーイッシュですっごく可愛い!
今までのイメージと違いますね!

安藤サクラのプロフィール

家族が有名人ばかりという芸能一家に育ちます。

犬養毅を曽祖父に持ち、父は俳優の奥田瑛二、母はエッセイストの安藤和津、姉は映画監督の安藤桃子。
すごい一家ですね。

2012年に俳優の柄本佑と結婚しています。
義父は柄本明ということになりますね。

家族がますます豪華に!

『鎌倉ものがたり』撮影終了後に産休に入り、2017年に第一子が誕生しました。
性別は内緒だそうです。

出演作は『愛のむきだし』『かぞくのくに』『0.5ミリ』『百円の恋』など多数。

個人的に、実力派女優のイメージが強く、『ケンタとジュンとカヨちゃんの国』『ショムニ2013 』などが印象的でした。

両作とも難しい役だと思うのですが、ピッタリはまっているように感じました。

『鎌倉ものがたり』では「陽気な死神」という個性的な役柄で更に女優としての幅が広がりそうですね!

原作は漫画

映画には原作の漫画があります。
30巻以上あり、全部を読むのは大変そうですが、映画化に伴いストーリーを抜粋したものが上下巻で発売されています。

映画と漫画で見らベてみるのも楽しそうです(*^^*)

まとめ

・『DESTINY 鎌倉ものがたり』は豪華なキャストが集合
・死神役は安藤サクラ

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

Sponsored Link


フォローする