バニラスカイの最後の声は誰?いつからが夢なのか考察!

バニラスカイ

何度も見たくなる映画『バニラ・スカイ』ですが、ラストの声が誰のものなのか気になる方も多いようです。
また、現実はどこまででどこからが夢だったのかも議論が尽きませんね。
今回はラストの声、いつから夢だったのかなど考察していきます!
内容上ネタバレになりますので、映画をまだ見ていない方はご注意下さいね。

Sponsored Link

『バニラ・スカイ』の作品情報

【原題】Vanilla Sky
【劇場公開日】2001年12月22日
【製作年】2001年
【製作国】アメリカ
【配給】UIP映画
【監督】キャメロン・クロウ
【キャスト】トム・クルーズ、ペネロペ・クルス、キャメロン・ディアス、カート・ラッセル、ジェイソン・リー

あらすじ

ニューヨークの大手出版社の株主デビッドは、富と美貌を享受するプレイボーイ。しかし、交通事故で醜い顔になり、生活が激変。しかも彼の周囲で、奇妙な出来事が起こり始める。
引用元:映画.com

最後の声は誰?

Sponsored Link
映画のラスト、デビッドは「目を覚まして」と言われて目を開けます。

この声の主が誰なのか、と考える人がいるようです。
女性の声なのでそれまでに登場したソフィアかジュリーか、と。

この答えは、映画の流れを大きくどう捉えるか、で人によって違うようです。

救護員が真実を語っていたと考える場合

バニラスカイ

救護員のヴェンチュラがエレベーターから屋上でデビッドに語ったことを真実と考えると、

デビッドがLE社と契約して冷凍状態になったのは150年前
ヴェンチュラが言うように、デビッドが知っている人たちはもう生きていません

バニラスカイ

デビッドは最後に夢の中でソフィアに会い、自分の素直な気持ちを打ち明けます。
そこでも、もう「現在」は夢とは時代が違うことを認識しています。

そして、夢の中でビルから飛び降りて現実の世界で目覚めます。

この流れで考えると、声の主はソフィアでもジュリーでもなく事情を知っているLE社の誰か、だと思います。

監督はこの解釈が一番真実に近い、と語っているようです。
私は素直に映画を見るタイプなので、救護員の言うことを鵜呑みにしていたのでストレートにこの解釈でした^^;

永遠に同じサイクルにいると考えた場合

「目を覚まして」という声で起きるのは始まりのシーンと似ていますね。
そのため、最初のシーンに戻り、デビッドは永遠に同じサイクルを繰り返している、と捉える人もいるようです。

その場合、最後の声は目覚まし時計の機械的な声、ということになりますね。

ただ、「Open your eyes(目を覚まして)」の前に「Relax David(吹き替えでは、もう大丈夫よデビッド)」と聞こえます。
最初のシーンとはちょっと違うかな、という気がします。

長い一つの夢を見ていた場合

事故で昏睡状態に陥ったところから、デビッドがずっと長い夢を見ていてラストでやった起きた、と考える場合。
この場合声の主はソフィアでもジュリーでもありえますね。

そう考えると人によってソフィアだと思ったりジュリーだと思ったり、好みで解釈できます。

全部夢

最初から最後まで全部夢、という説。

えー、じゃあ何でもアリじゃない~。
デビッドって誰?誰が見た夢?

最後の声どころか全部が謎、な解釈ですね。

ブライアンが書いた小説

デビッドの友人ブライアンは小説を書いていましたね。

これも前の説に近いですね。

どこからどこまでが小説なのか現実なのかがわかりません。

いつからが夢?

これも、前述の通り人によって解釈が違うわけですが、映画の中で救護員が語ったことを真実と考えるなら

デビッドがソフィアとブライアンの二人とクラブで飲んで彼らと別れた後、が夢と現実との境ということになります。

バニラスカイ

デビッドは歩道で酔いつぶれてしまいます。
そしてソフィアに起こされてからは夢です。

まとめ

・最後の声の主については諸説あり、映画をストレートに捉えるなら「未来にいる誰か」。
・夢の始まりは、こちらもストレートに考えるとクラブで酔いつぶれて翌朝起きてから。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

Sponsored Link


フォローする