パイレーツオブカリビアンの猿の種類と名前は?最後の海賊ではCGになった?

パイレーツオブカリビアン

2017年7月1日『パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊』が公開されます。
その『パイレーツ・オブ・カリビアン』シリーズにが出て来るのをご存知でしょうか。
『最後の海賊』では不在になるのでは?と懸念する声があったようですが、その猿に関するトリビアを紹介致します!

Sponsored Link

猿の名前は?どんな役柄?

パイレーツオブカリビアン

名前は主人公のジャック・スパロウと同じジャックです。
すばしっこくて抜け目がない性格から皮肉でジャックとつけられたようです。
ジャック・スパロウのライバル、ヘクター・バルボッサが可愛がっていますが、ジャック・スパロウには嫌われています。

猿の種類は?どんな性質?

シロガオオマキザルという種類の猿です。
小型のオマキザルで、アマゾン盆地とその周辺に生息しています。
外敵は猛禽類やヘビですが、飼育下では25年くらい生きるようです。
中には40年を超えて生きることもあるそうです。
知能が高く、木の洞に溜まった水を飲む時に木の葉を使うことが知られています。
なんと、木の葉の形を水を汲みやすいように変えたりもするそうです!
撮影でも重宝されるわけですね!
この猿のジャックに関するメイキング・ムービーがあります。
俳優や監督に信頼されている様子がよくわかります!

打たれても死なないのはなぜ?

猿のジャックはシリーズ2作目の『デッドマンズ・チェスト』で銃で打たれますが死にません
これを疑問に思う方がいるようですが、疑問の答えは1作目の最後にあります。
エンドロール後にエピローグがあり、猿のジャックが呪いを解く金貨を盗むのです。
そのことで、呪われた状態(不死身)になるため、2作目では銃で打たれても死にません。
ちなみに、このエピローグはテレビ放送ではカットされているとのこと。
映画館でも、最後まで席を立たずに見ていないと見逃してしまいますね。

Sponsored Link

『パイレーツオブカリビアン/最後の海賊』ではCGになっちゃう?

俳優や監督に信頼されている猿のジャックですが、実はちょっとした問題がありました。
ジャックは、撮影中に隣接するスタジオに入り、メイクさんの耳を噛んでしまったのです。
そのため、動物愛護団体PETAは本物の動物を撮影に使う危険性を訴えているとのこと。
というのも、団体はオマキザルは神経質なので、明るい照明や大きな音、人との接触があり、自然がない環境は避けるべきことだと、すでに監督に訴えていたのです。
映画の公式サイトを見ると登場キャラクターの最後に猿のジャックも紹介されているので出演はあるようですが、それが本物なのかCGなのかは定かではありません

まとめ

・猿の名前はジャック、すばしっこく抜け目ない性格でバルボッサが可愛がるペット。
・シロガオオマキザルという種類で知能が高い。
・銃で打たれても死なないのは、呪いを解く金貨を盗み、再び不死身の状態になったから。
・『最後の海賊』で本物かCGかはまだ定かではない。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

>>パイレーツオブカリビアン最後の海賊に人魚は出る?シレーナ役の女優は誰?

Sponsored Link


フォローする