映画モリーズゲームに登場する有名人は?プレイヤーXのモデルは誰?

モリーズゲーム
映画『モリーズ・ゲーム』の主人公モリー・ブルームが経営していたカジノには多くのハリウッドスタースポーツ選手など、有名人が顧客として遊びに来ていました。
そして、カジノに大きく関わったプレイヤーXとは誰なのでしょうか。
顧客として誰がいたのか一覧を紹介しますね!

Sponsored Link

『モリーズ・ゲーム』の作品情報

【原題】Molly’s Game
【劇場公開日】2018年5月11日
【製作年】2017年
【製作国】アメリカ
【配給】キノフィルムズ
【監督】アーロン・ソーキン
【キャスト】ジェシカ・チャステイン、イドリス・エルバ、ケビン・コスナー、マイケル・セラ、ジェレミー・ストロング、他

あらすじ

モーグルの選手として五輪出場も有望視されていたモリーは試合中の怪我でアスリートの道を断念する。ロースクールへ進学することを考えていた彼女は、その前に1年間の休暇をとろうとロサンゼルスにやってくるが、ウェイトレスのバイトで知り合った人々のつながりから、ハリウッドスターや大企業の経営者が法外な掛け金でポーカーに興じるアンダーグラウンドなポーカーゲームの運営アシスタントをすることになる。その才覚で26歳にして自分のゲームルームを開設するモリーだったが、10年後、FBIに逮捕されてしまう。
引用元:映画.com

モリー・ブルームの顧客

Sponsored Link

モリー・ブルームは自分の顧客だった有名人を明かしていますが、自分から進んで明らかにしたわけでなくすでにメディアに取り上げられた人のみです。
メディアに既出ではない有名人については言及していないので一部分ではありますがわかっている人たちを紹介しますね。

レオナルド・ディカプリオ

トビー・マグワイア

ベン・アフレック

マット・デイモン

マコーレー・カルキン

アレックス・ロドリゲス

ピート・サンプラス

リック・サロモン

オルセン姉妹

プレイヤーXは誰?

映画でマイケル・セラ演じるプレイヤーXは主人公のモリー・ブルームの顧客の中でも大きな存在です。
予告でも「人を破滅させたい」と発言していて、どういうことなのか気になります。
モリー・ブルームがカジノを経営する上でも大きく関わっているようです。

このプレイヤーXは誰なのかというと、2つの説があります。

一つは実在した特定の人を差すのではなく複数人の客の個性を集めて映画のために作られたキャラクターだという説。

もう一つ、プレイヤーXはトビー・マグワイアだとも言われています。

トビー・マグワイア
確かにトビー・マグワイアはモリー・ブルームの顧客の1人であり、そのことはメディアにも既出のことからモリーも隠していないようです。

この写真の不機嫌そうなトビー・マグワイアは「素を撮られた」という感じでちょっと怖いです^^;

どちらの説が正しいのか、ちょっとわからないですね。

仲良し俳優たちが顧客になった?

レオナルド・ディカプリオ ベン・アフレック

前日の顧客一覧を見ていると、気がつくことがあります。
スポーツ選手に関してはわかりませんが、俳優勢に関してはハリウッドで仲の良い人達が集まったのだな、ということです。

レオナルド・ディカプリオはトビー・マグワイアと仲が良いですし、ベン・アフレックとも交流があります。

ベン・アフレックとマット・デイモンの仲の良さは有名です。

誰が最初に客になったのかはわかりませんが、最初に通い始めた人が誰かを誘い、というように客になっていたのではないかと思います。

レオナルド・ディカプリオ トビー・マグワイア オーランド・ブルーム

ちなみに、レオナルド・ディカプリオ、マット・デイモン、オーランド・ブルームは一緒にランチしてその後アイスクリームを食べに行ったところを目撃されています。

なんだか女子会のようで微笑ましいです(^q^)
ディナーやバーで集まるのではなく、ランチというのが可愛いです。
本当に仲がいいんですね。

まとめ

・モリー・ブルームの顧客はハリウッドの俳優やスポーツ選手など有名人がたくさんいる。
・プレイヤーXはオリジナル、もしくはトビー・マグワイアがモデル?

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

Sponsored Link


フォローする