ハクソーリッジの海外の反応と評価は?メルギブソンは完全復帰?

『ハクソー・リッジ』が2017年6月24日に公開されます。
沖縄が舞台なのに日本での公開が遅いですね~。
アメリカでは2016年11月に公開され、2017年にはすでにDVDが発売されています。

そのような状態なので、もうすでに映画館でも家庭でも見た人の多いこの映画ですが、海外での評価はどうなのでしょう。

また、この10年ハリウッドから姿を消していたメル・ギブソンが監督としてこの映画で復帰していますが、監督としての評価も気になります。

Sponsored Link

ハクソーリッジの海外での評価

ハクソーリッジ

アメリカの大手批評サイトのRotten Tomatoesでは、批評家の支持率が87%、観客92%という高い評価を得ています。
品質を保証するトマトメーターが75%で新鮮保証となりますが、このメーターが87%なので、見た人が自信を持っておすすめできるということですね!

ハクソーリッジの評価のコメント

ハクソーリッジ

批評家のコメント

「もし監督が、”ハリウッドの敵リスト”に載っているメル・ギブソンでなかったなら、オスカーでたくさんノミネートされただろう」
-ニューヨークポスト カイル・スミス

デズモンド・ドスの話はあまり知られてなかったと思うが、広まったのは喜ばしいことだ。
メル・ギブソンはこれからうまくいくだろう。
-Associated Press ジョセリン・ノバック

戦争映画の中でも稀にみる素晴らしい映画信仰や信念の強さについての映画であり、メル・ギブソンは今までにないクラッカーを鳴らした。
-デイリー・レコード ゲイリー・マッコーナシー

ハクソー・リッジは、1950年代の古典的なMGM映画に見られるメロドラマ感覚ではあるが、英国人であるアンドリューガーフィールドによって演じられたリアルなデズモンド・ドスは賞賛に値する
-スポークスマン・レビュー(ワシントン) ダン・ウェブスター

古典的ではあるが、面白い戦争映画だ。メル・ギブソンは見事に復帰を果たした。
-シネ・プレミア Javier Perez

Sponsored Link

観客のコメント

★★★★1/2
メル・ギブソンは、映画製作者としての執念で、他の誰にもできなかった壮大な映画を生み出した。
-Carlos Magalhães

★★★1/2
メル・ギブソンが2006年のApocalyptoを最後にカメラの前から消えていたとは信じられない。
ハリウッドから10年消えていたことに文句を言う人はいないだろう。
-マーク・ウォーカー

★★★★
メル・ギブソンのように、真実に基いた映画を作ることはできないでしょう。
衣装からスクリプトに至るまですべてしっかりしたものだった。演技もよかった。
-クリスチャン・C

★★★★1/2
かなり残忍な部分はあるが、なんと驚くべき映画だろう。
少しプライベート・ライアンに似ている
始めはゆっくり、そして壮大な戦いで終えます。よい描き方だったと思う。

まとめ

批評家の評価は228コメントありましたが、そのうち198がFresh(高評価)、30がRotten(低評価)でした。

観客のほうは、すべて見たわけではないのですが、支持率92%だけあって概ね高評価でした。★3つ以上がほとんどで、4~5が多いように思いました。

メル・ギブソンの映画監督としての手腕を称えるコメントも多く、見事に復帰を果たしたと言ってよいと思います。

この映画は反日映画ではないものの、アメリカ軍の一人が主人公、でも舞台が沖縄なので、日本で公開されたら、日本人の評価はまた海外とは違ったものになるかもしれません。

>>ハクソーリッジのフル動画を無料で視聴する方法!パンドラやデイリーモーションは危険?

>>ハクソーリッジの舞台となった沖縄の場所はどこ?実話のモデルは誰?

Sponsored Link


フォローする