難解だけど面白い映画!おすすめ作品をまとめて紹介!

monstar

映画を見て「難しい!理解できない!でも面白いから見ちゃう~」っていう時ないですか?
私は頭がシンプルなので理解できない時なんて多々あります^^;
今回は、難解だけど面白い映画のおすすめ作品をまとめて紹介します!

Sponsored Link

難解だけど面白い映画

マルホランド・ドライブ

難解な映画と聞いてまずこの映画を思い浮かべる人も多いと思います。

「マルホランド・ドライブ」というのは若者がスピードを出してドライブすることで事故の名所(?)になってるらしいです。
そこで起きた事故で記憶を無くした女性は女優の卵のベティと出会い…。

もぉ全然理解できなくて見終わってすぐに解説記事を探しました^^;

理解できないのに引き込まれるし、なんとなくわかりそうな気がしてずっと見てしまう。
デビッド・リンチは、登場人物に似た人をもう一人登場させたりするので余計に混乱します(-_-;)

DVD・Blu-rayで見られます↓
マルホランド・ドライブ 4Kリストア版 [Blu-ray]

アンダー・ザ・シルバーレイク

都市伝説が好きな人なら予告見たら絶対本編見ちゃうであろう映画!

夢を持ってハリウッドの近くシルバーレイクにやってきた青年サムは、目的を見失って怠惰な日常を過ごすオタク。

隣りに住む美女サラといい感じになったものの彼女は突然姿を消してしまいます。

どこまでが現実でどこからが妄想なのかわからないし、その妄想の意味も理解が難しいです。

鮮やかな映像と意味深そうなシーンの連続で最後まで見てしまいます。

>>アンダーザシルバーレイクのフル動画を無料で視聴する方法!パンドラやデイリーモーションは危険?

メメント

こちらは比較的わかりやすい映画。

妻が殺された時自分も襲われて重症を負ったレナードは後遺症で10分しか記憶が持ちません。

メモを取り、写真を写し、体に入れ墨を彫りながら大事な情報を残していくレナード。

体のあちこちに彫られた入れ墨、金髪に青いシャツがスタイリッシュです。

短期記憶を少しづつ前倒ししていくという手法が面白いです。

前2作に比べたらわかりやすいのですが、一箇所混乱させるような入れ墨が入っていて話題になりました。
どの入れ墨かわかりますか?

DVD・Blu-rayで見られます↓
メメント/スペシャル・エディション [DVD]

マシニスト

『メメント』が記憶を保てないという一種の障害があるなら、『マシニスト』は眠れない病気、不眠症になってしまった男性の話です。

ただ眠れないだけでなく、不眠から記憶が曖昧になり、見ている私たちも現実と妄想の区別が難しくなります。

まず、主演のクリチャン・ベールの痩せっぷりが怖いです。
「1年間不眠症」という設定から、役作りのために体重を30kg減量したのだとか。

30kg!

身長183cmで54kgですよ!

ちなみに、難解とは言っても比較的わかりやすいです。
まず、寝ましょう(-_-)zzz

DVD・Blu-rayで見られます↓
マシニスト [DVD]

2重螺旋の恋人

精神を病んでカウンセラーにかかったクロエはカウンセラーのポールと交際を始めます。
ひょんなことからポールの双子の兄で同じくカウンセラーのルイに出会い惹かれていきます。

「双子」という設定がミステリアスに使われます。
クロエの境遇、双子、現実と妄想が絡み合い独特の緊迫感があります。

こちらも比較的わかりやすいですが、解釈は人によって変わると思います。

>>2重螺旋の恋人のフル動画を無料で視聴する方法!パンドラやデイリーモーションは危険?

DVD・Blu-rayでも見られます↓
2重螺旋の恋人[DVD]

スイミングプール

『2重螺旋の恋人』と同様フランソワ・オゾン監督作品。

スランプ気味の作家サラは、出版社の社長のすすめで彼が所有するフランスの別荘にやってきます。

別荘には社長の娘だというジュリーが訪ねてきますが、サラは奔放なジュリーと衝突します。

本作も、人によって解釈が違うだろうなぁ、と思います。
どう解釈するも自由ですが、私はラストシーンに混乱しました^^;

DVD・Blu-rayでも見られます↓
スイミング・プール [DVD]

未来世紀ブラジル

↑このキービジュアルくらい意味わからないです!

近未来のどこか、情報に管理される人間社会を皮肉ったブラックコメディ。

見るまでてっきりブラジルの話だと思っていました^^;

BGMが「ブラジルの水彩画」なんです。
えぇ~、そう言われてもタイトル納得できません!

「未来」だし「情報化社会」なのに、情報はすべてペーパーっていうのがおかしいです。

ディストピア映画として有名な本作ですが、ラストはもうどう捉えていいのやら、と思ってしまいます。
難解ですが、ミステリーを秘めているというより各シーンが何を表したり皮肉ったりしているのかを人によってどう解釈するかを楽しむ感じでしょうか。

ロバート・デ・ニーロが監督に嘆願して出演したとのことですが、出演シーンは多くないもののカッコいいです。

もうこんな映画は今後作られないのではないか、と思います。

DVD・Blu-rayでも見られます↓
未来世紀ブラジル スペシャルエディション [DVD]

ドニー・ダーコ

これぞ難解。
ほんっとわかりません!

高校生ドニーの前に銀色のうさぎが現れ28日後に世界が終わると告げます。

「突然現れるうさぎ」という『不思議の国のアリス』を思わせる始まりですが、アリスのような可愛い冒険ではありません。
なんせ世界が終わってしまうのですから。

本作はそうヒットした映画ではありません。
でも、難解だし見た後に「どういう意味??」って聞きたくなっちゃうんですよね。

「リバースムービー」(何度もくり返して見てしまう映画)とも言われ、DVDがかなり売れたらしいです。

「2」もありますが、やはり意味わからないです^^;

DVD・Blu-rayでも見られます↓
ドニー・ダーコ Blu-ray


ドニー・ダーコ2 [DVD]

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

Sponsored Link


フォローする