彼女がその名を知らない鳥たちのタイトルの意味は?ネタバレと感想・考察

bird

映画『彼女がその名を知らない鳥たち』を見ました!
印象的なタイトルですが、どういう意味なのでしょう。
ネタバレを含み感想と考察を書きます。

Sponsored Link

『彼女がその名を知らない鳥たち』の作品情報

この投稿をInstagramで見る

@rararantanがシェアした投稿

【劇場公開日】2017年10月28日
【製作年】2017年
【製作国】日本
【配給】クロックワークス
【監督】白石和彌
【キャスト】蒼井優、阿部サダヲ、松坂桃李、竹野内豊、他

あらすじ

下品で貧相、金も地位もない15歳上の男・陣治と暮らす十和子は、8年前に別れた黒崎のことを忘れられずにいた。
陣治に激しい嫌悪の念を抱きながらも、陣治の稼ぎのみで働きもせずに毎日を送っていた十和子は、黒崎に似た面影を持つ妻子ある水島と関係を持つ。
ある日、十和子は家に訪ねてきた刑事から、黒崎が行方不明であることを告げられる。
「十和子が幸せならそれでいい」と、日に何度も十和子に電話をかけ、さらには彼女を尾行するなど、異様なまでの執着を見せる陣治。
黒崎の失踪に陣治が関係しているのではないかとの疑いを持った十和子は、その危険が水島にまでおよぶのではとないかと戦慄する。
引用元:映画.com

彼女がその名を知らない鳥たちのタイトルの意味

Sponsored Link
一度聞いたら記憶に残るタイトルですよね。
どういう意味なのでしょうか。

ちなみに、私は原作を読んでいないので、映画を見た上での考察となります。

「彼女」は間違いなく十和子ですよね。

十和子が名前を知らない「鳥たち」とは何か。

映画のラスト、たくさんの鳥が飛び立ちます。
陣治が高い場所から飛び降りて、まるで陣治の魂を天に届けるように空に飛び立つのです。

「名前を知らない」とは単に十和子が鳥の品種を知らないという意味ではないはずです。

映画の中で、十和子が恋愛関係にあった男性は二人登場しました。

一人は竹野内豊演じる黒崎。
見た目はいいけれど、お金のために他の男性に十和子を差し出した上、その男性の姪と結婚してしまうというどうしようもない暴力男。

もう一人は松坂桃李演じる水島。
こちらもどうしようもないクズ。

結婚しているのに薄っぺらい口説き文句で女性を落とす不倫男です。

十和子はルックスはいいけれど中身がクズな男に惹かれるようです。

陣治はというと、二人とは対象的にいつも汚らしい格好をしていて、食事の作法もなっていません。

でも、誰も真似できないくらい十和子のことを愛していました。

黒崎のことも、自分と一緒に住んでいるのに水島と交際していることも知った上で十和子のことを守ろうとしていました。

黒崎や水島も十和子に恋愛感情はあったと思います。

でも、その恋愛は身勝手で自分本位でした。

陣治はそんな二人とはまるで違う愛情を十和子に向けていました。

その陣治の愛情が、十和子がそれまで知らなかった愛、という意味で『彼女がその名を知らない鳥たち』ではないかと思います。

『彼女がその名を知らない鳥たち』の感想

冒頭、十和子がクレームの電話を入れているシーンから始まり、それが言い掛かりっぽく性格が悪い役と示されます。

登場人物そんなのばっかり。
ろくなもんじゃありません。

陣治が黒崎の失踪と関係あるんじゃないかと疑うことから一気にミステリー調に。
でも、この映画は犯人探しがポイントじゃないんですよね。

ラスト、真相がわかると愛の深さに泣けてきました。
あんな風に誰かを愛せるって本当にすごい。
予想外の展開に泣かされました。

十和子は男性を見る目はなかったけれど、もし「運命の人」という人がいるならまさにそれは陣治だったと思います。
最後に十和子が「陣治、私のたった一人の恋人」と言いますが、そこでようやく気づいたのでしょう。

もっと早く、水島と付き合ったりする前に気づいていれば十和子も陣治も幸せになったのにな。
でも、そんな十和子だからこそ神様が陣治に引き合わせて十和子を救ってくれたのかな、なんて思いました。

刺激的なシーンが多い映画ですがすごく見応えがありました。
見るたびに気づくことがありそうなので、時間をおいてまた見たいと思います。

>>映画彼女がその名を知らない鳥たちのラスト、なぜ陣治は死んだのか?

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

Sponsored Link


フォローする