トレインミッションのラストの意味は?結末をネタバレで最後まで解説

電車

映画『トレイン・ミッション』を見ました!
ラストはどういう意味なのでしょう。
今回はその結末を解説しています。
ネタバレを含みますので、映画未視聴の方はご注意下さいね。

Sponsored Link

『トレイン・ミッション』の作品情報

この投稿をInstagramで見る

The Commuter(@thecommuterfilm)がシェアした投稿

【原題】The Commuter
【劇場公開日】2018年3月30日
【製作年】2018年
【製作国】アメリカ・イギリス合作
【配給】ギャガ
【監督】ジャウム・コレット=セラ
【キャスト】リーアム・ニーソン、ベラ・ファーミガ、パトリック・ウィルソン、他

あらすじ

10年間勤めてきた会社から突然、解雇を宣告された60歳の保険セールスマンのマイケルは、失意の中、いつもの電車で帰路につくが、車内で見知らぬ女性から話しかけられる。
女性は、電車が終点に到着するまでの間に、100人の乗客から1人のある人物を見つけ出せば、マイケルに多額の報酬を払うという。
妻が人質に取られていることが発覚し、女性からの依頼を受けざるを得なくなったマイケルは、絶体絶命の状況下で1人の人物を見つけ出そうとするが……。
引用元:映画.com

『トレイン・ミッション』のラスト・結末

Sponsored Link
姿はないのに遠隔で執拗にマイケルを追い詰めてくる敵。

乗っている電車の運転手が殺され、乗っている車両を切り離すことで衝突を逃れました。

でも、このまま電車に乗っているだけでは、マイケルが乗客を人質に立てこもっていると思われてしまいます。

状況をあらため、プリンが誰なのかわかりました。

途中、席を変わったのでわからなかったのですが、威張っていたブローカーの隣りにいたソフィアがプリンだったのです。

なぜ犯人はソフィアを狙っているのか。

ソフィアのいとこエンリケは市の汚職事件を知りその証拠を握っていました。

そのために殺されてしまったのでした。

ソフィアが証拠を持っていたために狙われるはめになったのです。

マイケルはソフィアに「君を守る」と言い、外から中が見えないよう狙撃から守るために新聞紙を窓に貼ります。

マイケルのかつての同僚であるマーフィーが現場に到着し、犯人だと思われているマイケルを説得しに来ました。

しかし、そのマーフィーが犯人の手先でした。

マーフィーは誰がプリンなのか暴いて殺そうとしますが、乗客が協力してかばいます。

マイケルとマーフィーは激しく争いますが、外にいる警察からは中が見えず人感センサーを使って人物の動きを探っています。

マーフィーがつけている認識タグをたよりにその相手のマイケルを狙撃しようとしています。

元警察官のマイケルはそのことがわかっているので、タグを奪い自分がマーフィーと認識させます。

狙撃犯はマーフィーをマイケルだと認識し、狙撃しました。

乗客は無事列車から降り、マイケルは警察の元同僚と話します。

実はマーフィーと他数人が調査中だったと聞かされました。

その後、マイケルが再び電車の中にいます。

マイケルにプリンを探すよう命じてきたジョアンナが座って本を読んでいました。

マイケルはジョアンナの前に座り

「君は役目を果たし我々を巻き添えにして姿を消す。

俺を選び目撃者を乗車させてのも君。

解雇も君の差し金かも」

と、ジョアンナが企てたことを言い当てます。

ジョアンナはそれに対し

「あなたに何ができるの?」

と言い、マイケルはバッジを見せます。

マイケルが持っていたバッジ

マイケルが持っていたバッジが映る時間が短いので、見逃してしまった方はラストの意味がわからないかもしれませんね。
これです↓

トレイン・ミッション

警察のバッジです。
はっきりと「POLICE」の文字が見て取れますね。

マイケルは、事件の日失業していましたが、警察に復帰したのですね。

ジョアンナの顔を知るマイケルがまさか警察に復帰したとは思わず、ジョアンナは油断していたのでしょう。

ちょっとスカッとするシーンです。

これでエンディングとなりますが、クレジットがいいです。

スタッフロールが…

路線図に!

こういう洒落好きです。

なんだかニヤッとしちゃいました(^^)

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

>>トレインミッションの謎の女の正体は?黒幕・犯人や真相について考察!

>>トレインミッションのプリンとは?プリン役の俳優と聞いていた曲についても

Sponsored Link


フォローする