シンクロナイズドモンスターはなぜ韓国に出現?シンクロする理由は?

monstar

映画『シンクロナイズドモンスター』ですが、なぜモンスターが韓国に出没するのか気になりますよね!
それになぜ主人公とシンクロしちゃうのでしょう。
今回はその理由について書いています。

Sponsored Link
 

『シンクロナイズドモンスター』の作品情報

 

この投稿をInstagramで見る

 

cumi(@cumicumipie)がシェアした投稿

【原題】Colossal
【劇場公開日】2017年11月3日
【製作年】2016年
【製作国】カナダ
【配給】アルバトロス・フィルム
【監督】ナチョ・ビガロンド
【キャスト】アン・ハサウェイ、ジェイソン・サダイキス、他

あらすじ

ニューヨークで職を失い、毎晩のように酒に酔って暴走した挙句、同棲中の彼氏に追い出されてしまったグロリア。
すべてを失った彼女は生まれ育った故郷の田舎町に帰ってくる。
その一方、韓国ソウルで謎の大怪獣が出現したというニュースが世間を騒がせていた。
テレビに映し出された怪獣の映像を見たグロリアは、ある異変に気づく。
それは自分の動作が巨大怪獣の動きと見事にシンクロしているという驚きの事実だった。
舞い上がったグロリアは、怪獣を操り世界を混乱に陥れるが……。
引用元:映画.com

なぜ韓国に出現したのか

 

この投稿をInstagramで見る

 

Danny Miyano(@kanariya333)がシェアした投稿

主人公グロリアが住んでいるのはアメリカ。
でもモンスターが出没するのは韓国。

グロリアの行動から韓国を思わせるようなものや縁のあるものが示されないのでなぜ韓国不思議ですよね。
韓国人の友人とかも出てきませんし。

この答えは後半に示されます。

グロリアは子供の頃のことを思い出します。

当時のグロリアはオスカーと共にスクールバスに向かって歩いていました。
手にはそれぞれ、模型を持っています。
グロリアのは韓国の町並みを模したものです。

その時突風が吹き、グロリアの模型が飛んでいってしまいました。
茂みに入ってしまったグロリアの模型を追ってオスカーが茂みに入りました。

グロリアもその後を追いますが、そこで信じられないものを見ました。

グロリアは、オスカーが自分の代わりに模型を取りに行ってくれたのだと思っていたのだと思います。
ところが、模型を見つけたオスカーはグロリアに見られていることに気づかず模型を踏みつけたのです。
何度も何度も。

グロリアは激しい怒りに襲われ、頭から血が滲み出てきました。
そして背後にはモンスターが現れ、グロリアは意識を失います。
模型にはおもちゃのモンスターが倒れていました。

同様に、オスカーの背後にはロボットが現れていました。
オスカーの模型にはおもちゃのロボットが倒れていました。

どうやらこの時のことがきっかけで韓国のソウルにモンスターが現れるようになったようです。

グロリアがニューヨークに行き、モンスターは身を潜めていましたが、故郷に帰ってきてモンスターが初めて出没した場所にグロリアが行くとモンスターが韓国に現れるのです。

映画のストーリー上、韓国にモンスターが現れるという説明は以上となるのですが、まだ疑問があります。

そもそもなぜ韓国の模型を作ったの?ということです。

グロリアが韓国が好き、とかそういう説明が一切ないのです。

一節によると本当は日本にモンスターが現れる予定だったとか。

だって、日本にはゴジラがいますからね(^^)

言われてみれば、グロリアは布団が好きだったり、パソコンに北斎の絵をデコレーションしたりしています。
本当は日本が好き、という設定だったのかもしれません。

ところが東宝から許可が降りず、近いところで韓国になったという…
本当かどうかはわかりませんが^^;

もし本当だったら、アジアが一括なのはどうなのかと思いますが。
だったら同じアメリカでもいいんじゃないかと。
もしくは制作国であるカナダとか。

この辺はちょっとモヤモヤです。

Sponsored Link

シンクロする理由

ここは私の考察となります。
きっと、映画をご覧になった皆さんも同じような見方をされていると思いますが。

モンスターとグロリアがシンクロするのは、モンスターがグロリアの化身だから、だと思います。

グロリアは普段からよく頭を掻く癖があります。
元々、モンスターも頭を搔いていることからグロリアは自分とシンクロしていることに気づきました。

子供のころ、初めてモンスターが現れた時、怒りで頭から血が出ましたが、どうやらグロリアが搔いているのは頭のその部分のようなのです。

きっと、グロリアの血が上った頭からモンスターは生まれたのでしょう。

現れた時と同様、消滅も唐突でした。

オスカーと戦い、グロリアはダメな自分とも戦っていたのだと思います。
だから、オスカーとの戦いが終わり怒りも無くなった時、モンスターも消滅しました。

賛否両論ある作品ですが、単なる怪獣映画ではなく自分の分身としてモンスターを描いているのは面白かったです!
アン・ハサウェイも製作に携わっていたとのことなので、今後の作品も見てみたいです。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

>>シンクロナイズドモンスターのラスト!結末のネタバレと考察!

Sponsored Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください