スパイダーマンホームカミングのラスト、最後に刑務所で話した男は誰?

web

『スパイダーマン:ホームカミング』ですが、クレジットの途中と最後に短い映像が流れます。
一番最後の映像は本当に「オマケ」といった感じのユーモラスなものですが、途中の方の映像が気になりました!
刑務所に登場したこの男性は一体誰なのでしょうか。
ネタバレを含みますので、映画未視聴の方はご注意くださいね。

Sponsored Link

『スパイダーマン:ホームカミング』の作品情報

【原題】Spider-Man: Homecoming
【劇場公開日】2017年8月11日
【製作年】2017年
【製作国】アメリカ
【配給】ソニー・ピクチャーズエンタテインメント
【監督】ジョン・ワッツ
【キャスト】トム・ホランド、マイケル・キートン、ジョン・ファブロー、ゼンデイヤ、マリサ・トメイ、ロバート・ダウニー・Jr.、ドナルド・グローバー、クリス・エバンス、他

あらすじ

ベルリンでのアベンジャーズ同士の戦いに参加し、キャプテン・アメリカのシールドを奪ったことに興奮するスパイダーマンこと15歳の高校生ピーター・パーカーは、ニューヨークに戻ったあとも、トニー・スタークからもらった特製スーツを駆使し、放課後の部活のノリで街を救う活動にいそしんでいた。
そんなニューヨークの街に、トニー・スタークに恨みを抱く謎の敵バルチャーが出現。
ヒーローとして認めてもらい、アベンジャーズの仲間入りをしたいピーターは、トニーの忠告を無視してひとりで戦いに挑むのだが……。
引用元:映画.com

ラストに登場した刑務所の男性は誰?

Sponsored Link
映画の本編が終了しクレジットが始まってしばらくすると、短い映像が始まります。

スパイダーマンに助けられたトゥームスは刑務所に入り、その中を歩いています。
すると一人の男に声をかけられます。

どうやら以前からトゥームスと知り合いらしい囚人です。

スパイダーマン ホームカミング
「あんたは悪くない。あのクモ野郎のせいだ」

といい、仲間にかたきを討たせる、というようなことを言います。

トゥームスは、自分を助けたピーターに恩を感じているのか居場所を知らない、と言いかばいます。

トゥームスに残った良心を表すいいシーンです。

それしても、いかにも!な風貌ですね~^^;
眼球まで傷のあるスカーフェイスが、過去を物語ってますね。

とはいえ、誰!?

男の正体は?

男の正体はマック・ガーガンといい、本作では最後にちょっと出演しただけですがちゃんと役名があるんです。

コミックでは「スコーピオン」というスパイダーマンの敵として登場しています。

写真にも写っている通り、首にサソリのタトゥーがあります。

コミックの絵だと、着ぐるみ感が強くてあまり怖くありませんね。

でも、ゲームだとすっごいかっこいい!

いずれ映画でもピーターの敵となって現れるのでしょうか。
最後にこのような登場をすると、続編の適役かな、と期待しちゃいますよね。

その時はこのゲームのようなビジュアルになるのかな、と勝手に想像しています。

演じているのはマイケル・マンド

この投稿をInstagramで見る

Michael Mandoさん(@michaelmando)がシェアした投稿

インスタを見て、スパイダーマンの時のような顔の傷がなくて安心しました。
当然ですけど^^;

マイケル・マンドはスペイン語も話すので思い切りラテン系、と思いきやカナダ出身です。

2015年のドラマ『ベター・コール・ソウル』でブレイクしました。
大ヒットドラマ『ブレイキング・バッド』の前日譚として描かれているので、『ブレイキング・バッド』のファンならご存知かも。

ドラマでの活躍が多いので、日本ではあまり知られていないかもしれませんが、今後『スパイダーマン:ホームカミング』を機にもっと映画への出演も増えるのでは、と思っています。
今後が楽しみです。

まとめ

・『スパイダーマン:ホームカミング』のラスト、刑務所に登場する男はマック・ガーガン。
・コミックでは「スコーピオン」というスパイダーマンの敵として登場する。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

>>スパイダーマンホームカミングのMJは誰?サムライミ版との違いは?

>>スパイダーマンホームカミングの敵の正体は?ヴィランの能力を紹介!

>>スパイダーマンホームカミングに登場するソーのベルトとは?

Sponsored Link


フォローする