スパイダーマンホームカミングに登場するソーのベルトとは?

web

『スパイダーマンホームカミング』を見ていたら、ちょっと笑ってしまうシーンがありました。
「ソーのベルト」が登場するシーンがあるのですが、知らない人にとっては「ソーのベルト」って?となりますよね。
ベルトって何のことなのか紹介しますね!

Sponsored Link

『スパイダーマン:ホームカミング』の作品情報

スパイダーマン・ホームカミング
【原題】Spider-Man: Homecoming
【劇場公開日】2017年8月11日
【製作年】2017年
【製作国】アメリカ
【配給】ソニー・ピクチャーズエンタテインメント
【監督】ジョン・ワッツ
【キャスト】トム・ホランド、マイケル・キートン、ジョン・ファブロー、ゼンデイヤ、マリサ・トメイ、ロバート・ダウニー・Jr.、ドナルド・グローバー、クリス・エバンス、他

あらすじ

ベルリンでのアベンジャーズ同士の戦いに参加し、キャプテン・アメリカのシールドを奪ったことに興奮するスパイダーマンこと15歳の高校生ピーター・パーカーは、ニューヨークに戻ったあとも、トニー・スタークからもらった特製スーツを駆使し、放課後の部活のノリで街を救う活動にいそしんでいた。
そんなニューヨークの街に、トニー・スタークに恨みを抱く謎の敵バルチャーが出現。
ヒーローとして認めてもらい、アベンジャーズの仲間入りをしたいピーターは、トニーの忠告を無視してひとりで戦いに挑むのだが……。
引用元:映画.com

「ソーのベルト」とは?

Sponsored Link
本作ではアイアンマンのスターク社が引っ越しをしています。
トニー・スタークの部下ハッピーも忙しく引越し準備に明け暮れています。

他のスタッフと共に運び込む荷物をチェックしている時にベルトを手に取り

「メギ…メ…」

と正式名称を言おうとしますが言いづらいのか諦めて

「ソーのベルト」

と言ってベルトを箱に詰めます。


一体これは何なのかというと、メギンギョルド(Megingjörð)といい、ソーの力を増加させるアイテムなのです。

確かに「メギンギョルド」って言いづらいですよね^^;

なので、ハッピーは正式名を諦めて「ソーのベルト」と言ってしまったというシーンです。

「ベルト、ここにあったぞ!」という意味だと思うので、他のアベンジャーズ作品につながるのでしょうね。

ユーモラスでニヤニヤしてしまいました(^^)

どうでもいいのですが、インスタでメギンギョルドを検索したら、海外で重量上げしている男性の画像がたくさん出てきました。

彼らがつけているベルトがそう呼ばれているのか、それともソーみたいになろうとしてベルトをそう呼んでいるのか。
気になっちゃいました^^;

まとめ

・スパイダーマンホームカミングに登場する「ソーのベルト」とはメギョンギルド。
ソーの力を増加させるアイテム。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

>>スパイダーマンホームカミングのMJは誰?サムライミ版との違いは?

>>スパイダーマンホームカミングの敵の正体は?ヴィランの能力を紹介!

>>スパイダーマンホームカミングのラスト、最後に刑務所で話した男は誰?

Sponsored Link


フォローする