モリーズゲームの感想とネタバレをラスト結末まで!あらすじとキャストも紹介

モリーズゲーム
映画『モリーズ・ゲーム』を見てきました!
その感想ネタバレを書きますね。
ラスト・結末まで書いているので、映画をまだご覧になっていない方はご注意下さいね。

Sponsored Link

『モリーズ・ゲーム』の作品情報

【原題】Molly’s Game
【劇場公開日】2018年5月11日
【製作年】2017年
【製作国】アメリカ
【配給】キノフィルムズ
【監督】アーロン・ソーキン
【キャスト】ジェシカ・チャステイン、イドリス・エルバ、ケビン・コスナー、マイケル・セラ、ジェレミー・ストロング、他

あらすじ

モーグルの選手として五輪出場も有望視されていたモリーは試合中の怪我でアスリートの道を断念する。ロースクールへ進学することを考えていた彼女は、その前に1年間の休暇をとろうとロサンゼルスにやってくるが、ウェイトレスのバイトで知り合った人々のつながりから、ハリウッドスターや大企業の経営者が法外な掛け金でポーカーに興じるアンダーグラウンドなポーカーゲームの運営アシスタントをすることになる。その才覚で26歳にして自分のゲームルームを開設するモリーだったが、10年後、FBIに逮捕されてしまう。
引用元:映画.com

ネタバレをラスト結末まで

モリー・ブルームは厳格な父親を持ち、文武両道で優秀な女性に育ち、モーグルの選手としてオリンピックを目前に控えていました。
絶対に勝ちたい試合で、凍った松の枝にスキー板が引っ掛かり転倒してしまいます。
12歳の時にも大怪我を負っていたたため、この怪我が致命傷となり選手生命を絶たれてしまいました。

その後、ロースクールに通うのを延期し、モリーはクラブで働き始めます。
クラブで客にお金を使わせるのが上手いモリーは不動産会社を経営するディーンにスカウトされて彼の助手として働き始めます。

ディーンは不動産経営に行き詰まり、ポーカー賭博を行うことで採算を合わせていました。
賭博の仕事を手伝わされたモリーは次第にカジノについて学んでいきます。

会社の経営が上手くいかないディーンはモリーをクビにしますが、その頃にはモリーはチップでお金をためカジノ経営の手腕を身に着けていました。
自分でパーティを開くようになり、ディーンの客をさらい、モリーはカジノ経営者として成功を収めます。

そこにはハリウッドスタースポーツ選手など有名人が数多くいました。
その中にはプレイヤーXと呼ばれるハリウッドスターもいて、彼のカリスマ性でパーティは大きく動き、Xとプレイしたがってパーティに来る客を多くいました。

やがてプレイヤーXはモリーのカジノを支配しようとし、倫理に反する行為のためモリーはついていけなくなります。
プレイヤーXはモリーと決別し、彼がモリーのパーティに行かなくなることはモリーのカジノの終わりを意味していました。

モリーは拠点をニューヨークに移し、新たにポーカーゲームを運営します。
プレイメイトを使い富裕層を客として呼び、参加費を大幅に上げることで話題を呼びモリーのパーティは盛況となります。

繁盛する一方、掛け金が巨額になり客への支払いを保証するため手数料を取り始めました。
手数料を取るのは違法ですがそうしないと運営ができなくなっていました。

忙しさに精神を蝕まれ、ドラッグを常用するようになります。
客にはロシアのマフィアも出入りするようになりました。

客からアプローチされることもありますが、男女の関係になるのを避けるモリーに信用できる人はいません。
運転手と気楽な会話するようになり、そのつてでイタリアンマフィアを紹介されます。

穏やかで一見してマフィアとは気づかないロシアのマフィアとは違い、紹介されたイタリアンマフィアたちはいかにもヤクザです。
暴力を武器に手を組もうと言われ、丁寧に断りましたが後に家で襲われてしまいます。

ひどい怪我から回復し、ポーカーを再開しようとしたところ、FBIにおわれてしまいます。
かつての客が不正で捕まり、事実をねじまげて話したことでモリーにまで被害が及んだのです。

モリーは財産を没収され、母親のいる故郷に戻りました。

2年後、モリーはカジノ運営当時のことを書いた本を書きます。
寝ていたところをFBIに踏み込まれ、モリーは観念しました。

ニューヨークでモリーは腕の立つ弁護士チャーリーに弁護を依頼します。
彼はモリーを信じず、一度は断りますが事情がわかり弁護を受けることにします。

チャーリーはそれでもモリーに対し疑いの気持ちがありましたが、モリーが犠牲を払ってもかつての客を守ろうとしているのを知り彼女の味方になっていきます。

モリーは、ニューヨークで父親に再会しました。
両親は離婚し、父親とは疎遠になっていました。

モリーは子供のころ父親から愛情を感じなかった上に、浮気で家族を裏切った父親でしたが、本当はモリーを大切に思っていたことを知り、和解します。

チャーリーは取引を提案します。
モリーのPCにすべてが記録されているハードディスクを渡せば、彼女は無罪になり没収された財産も戻るというのです。

でも、モリーはそれを拒否しました。
ハードディスクには客の情報が詰まっていて、客の家族にまで被害が及ぶことをモリーは恐れました。

裁判所でモリーは事実を述べた上で有罪を受け入れました。
実刑になるところ、何かが起こりました。

モリーは社会奉仕と20万ドルの罰金を言い渡され、解放されたのです。
家族が集まり、モリーが実刑に問われなかったことを祝いました。

モーグルで転倒したあの日のことが蘇ります。
転倒して気絶したモリーでしたが、父親の呼びかけで意識を取り戻し、モリーは歩き始めたのです。

実況のアナウンサーが言いました。
「モリーはきっと何かで復活するでしょう」

Sponsored Link

『モリーズ・ゲーム』の感想

予告を見て、女性の成功と転落を描くエンタメ性の強い映画かと思ってました。
キービジュアルを見ても、身一つで巨額の富を手に入れるサクセスストーリーかと。

もちろん、そういうストーリーでもあるけれど、想像以上に人間ドラマが描かれていました。
モリーはモーグルで活躍したり、カジノ経営で成功を収めたりしているのにあまり幸せそうには見えません。
厳しい父親とはうまくいかず、カジノでも裏切られたり。
それでも人を守ったり、自分の信念を曲げない姿が素晴らしかった。

頭の回転が早く知的なモリーにジェシカ・チャステイン がはまっています。

曲者のプレイヤーXはマイケル・セラがやはり曲者らしく演じていてよかったです。


ベタだけど、親子の和解のシーンではケビン・コスナーに泣かされました。

モリーの家族は皆優秀なんです。

父親は心理学者、母はスキーとスノーボードのインストラクターでプロのフライフィッシャーで、兄弟はオリンピックのスキーヤーでアメリカンフットボールの選手。

こんなすごい家族に囲まれて育ったら、自分がいくら優秀でもちょっと失敗したらすごい挫折感なんだろうなぁ、と思ったり。

そんな家族の事情もあって、父親との関係は複雑でしたね。

一番見応えがあったのは弁護士役のイドリス・エルバ でした。

こんなに役に深みを与える人がいるのかと演技に感動。
彼が演じることで映画自体にも厚みを持たせたと思います。

特に、検察からモリーを守ろうと力説するシーンは圧巻です。
モリーの信念がチャーリーを動かし、検察まで圧倒してしまったその熱量がすごいんです。

不満が全くないわけではありません。
モリーのプライベートが全く見えなかったり、孤独なシーンではもう少し丁寧に心の内側を見せてもいいかな、と思うところもありました。

でも、140分が全然長く感じませんでした。
私はポーカーに疎いのでゲームのシーンでは置いてきぼりになるかと思いましたが、わかりやすく見せていたのは助かりました。
詳しい人ならもっと楽しめたと思います。

予告を見て面白そう!と思った方ならこの映画はきっと楽しめと思います。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

>>モリーズゲームのフル動画を無料で視聴する方法!パンドラやデイリーモーションは危険?

>>映画モリーズゲームは実話でノンフィクション? 原作と実在のモデルを紹介!
>>映画モリーズゲームに登場する有名人は?プレイヤーXのモデルは誰?

Sponsored Link


フォローする