フラットライナーズのオリジナルとリメイクの違いは?感想とネタバレも!

フラットライナーズ
『フラットライナーズ』のリメイク版が2017年12月22日に公開されます。
1991年公開のオリジナル版『フラットライナーズ』がテレビで公開されたので見てみました!
オリジナルとリメイクでは違いがあるのでしょうか。
ネタバレになる部分もあるのでご注意下さいね。

Sponsored Link

『フラットライナーズ(1990)』の作品情報

【原題】Flatliners
【劇場公開日】1991年2月22日
【製作年】1990年
【製作国】アメリカ
【配給】コロムビア映画=コロムビア・トライスター映画
【監督】ジョエル・シュマッカー
【キャスト】キーファー・サザーランド、ジュリア・ロバーツ、ケビン・ベーコン、ウィリアム・ボールドウィン、オリバー・プラット

あらすじ

医大生5人が死後の世界に興味を持ち、それぞれが順番に人工的に心肺停止状態(フラットライン)になり、蘇生します。
フラットラインを体験した後は、それぞれに違った幻覚に悩まされ、罪の意識に苛まれたり、トラウマを蘇らせ…。

『フラットライナーズ(1990)』を見た感想

サスペンスとしては単純に面白かったです!
というか、結構怖かった…^^;

死後の世界がどう、とかいう怖さではなく、幻覚の部分で暴力的なシーンがあったりして、ホラーが苦手な私は手で目を覆って、その隙間から見たり。
子供から「そんなに怖いなら見るのやめれば」と言われる始末(-_-;)
でも、きっと私みたいな怖がりでなければ大丈夫なレベルだと思います。

そして、当時の若手スター、ジュリア・ロバーツ、キーファー・サザーランド、ケヴィン・ベーコンなどが並んでいる姿がすごい!
音楽も当時の曲調だなぁ、と思うところがあり、しばしノスタルジーに浸りました(^^)

ただ、気になる点もありました。

フラットラインを体験しないランディの役割

5人の医大生が臨死体験をしますが、ランディ1人だけそれを拒んで体験しません

元々、キーファー・サザーランド演じるネルソンが1人で心肺停止状態になると言い、他の4人は止めていたのでランディが最後まで挑戦しなかったというのは、ストーリー上おかしなことではありません。

でも、その立場にあまり意味がないというか、なぜ登場しているのか役割がよくわかりませんでした。
挑戦しないならしないで、その存在の意味を示すような場面があればもっとよかったと思いました。

なぜフラットライン?

この物語の大筋は、あらすじに書いた通りなのですが「フラットラインを体験したことがきっかけで昔の記憶を呼び起こし、幻覚を見て罪の意識に苛まれる」という内容です。
でも、これって別にフラットラインをきっかけじゃなくてもいいのでは?と思いました。

何かをきっかけに、というきっかけが欲しかったのだと思いますが、それがフラットラインである意味がよくわかりませんでした。

それから、なぜ臨死体験をしたら昔のイヤな記憶ばかりが出てくるのか、という「フラットライン」と「トラウマ」の関連性も説明がありませんでした。

ジョーの罪悪感を払拭したのは?

ケビン・ベーコン演じるデビッドは、昔いじめた女の子の幻覚に悩まされます。
とうとう彼はその女の子を探し出し、当時のことを謝罪します。

その女の子は今は結婚して家庭を持ち、幸せに暮らしていました。
そして、デビッドのことも「子供の時のことなんて気にしない」と言って許してくれます。
なんていい人!

デビッドは罪の意識から解放され、幻覚もなくなります。

ネルソンやレイチェルは罪悪感の元になっている人物が死亡していることから、自分の中でそのことと向き合う形でトラウマから解放されます。

でも!
ウィリアム・ボールドウィン演じるジョーは違います。

見終わってから、「あれ?ジョーはいつ罪悪感と対峙したの?」と考えてしまいました。

ジョーはプレイボーイで、婚約者がいながら浮気を繰り返していました。
その現場をビデオに収めるという悪趣味なことをしているのですが、浮気相手の女性たちの幻覚に悩まされます。

そして、そのビデオを婚約者に見つかり破局します。

一応、その破局が「罰を受けた」という形で幻覚から解放されるようですが、ちょっとわかりにくかったです。

もし、自分から婚約者に切り出して「罪と対面する」という形であればもっとよかったのになぁ、と思いました。
偶然見つかったから、幻覚から解放された、というのはジョーが本当に反省しているのかよくわかりません。

Sponsored Link

オリジナルとリメイクとの違い

フラットライナーズ

フラットラインの長さ

リメイク版はまだ見ていないので詳細はわかりませんが、あらすじを読むと「フラットラインを7分過ぎた時に想像もつかない恐ろしい代償が待っていた」とあります。
オリジナルでは、デビッドが「4分」を体験し、レイチェルが停電によって10分を体験しましたが、意図したものではありませんでした。

また、オリジナルでは皆、時間を伸ばしたから恐ろしい体験をした、というわけではありません。
フラットラインの時間によって結果が変わる、ということはありませんでした。

体験の内容の違い

リメイク版では公式サイトによると「突然ピアノを弾けるようになるなど不思議な能力が覚醒する」という現象が起こるようですが、オリジナルではそのようなことはありません。
臨死体験で「きれいなものを見た」というくらいです。
色々設定が違うのかな、と思いました。

まとめ

・オリジナル『フラットライナーズ』は面白かった!ただし気になる点もある。
・オリジナルとリメイクでは異なる点がある。見比べてみても面白いかも。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

>>フラットライナーズのフル動画を無料で視聴する方法!パンドラやデイリーモーションは危険?

>>フラットライナーズの意味は?リメイク版キャストを紹介!

>>フラットライナーズの看護師・ナース役の女優シャーロットマッキニーとは?

Sponsored Link


フォローする