映画イーグルアイは現実に起こる?311を予言?感想とネタバレ

イーグル・アイ

前知識なしになんとなく見てみた映画『イーグル・アイ』ですが、面白かったです!
現実にこうなるのかな、なんていう感想ネタバレを含んで書いています。
また、311を予言していた、などの噂にも触れています。

Sponsored Link

『イーグル・アイ』の作品情報

【原題】Eagle Eye
【劇場公開日】2008年10月18日
【製作年】2008年
【製作国】アメリカ
【配給】角川映画、角川エンタテインメント
【監督】D・J・カルーソ
【キャスト】シャイア・ラブーフ、ミシェル・モナハン、ロザリオ・ドーソン、マイケル・チクリス、アンソニー・マッキー、ビリー・ボブ・ソーントン

あらすじ

コピーショップで働く青年ジェリーと法律事務所に勤めるレイチェルの元に、謎の女アリアから突然電話が入る。次々と下される指令に訳もわからず従うハメになったジェリーとレイチェルは、やがて引き合わされ行動を共にするように。そんな彼らをFBIが執拗に追い……。
引用元:映画.com

『イーグル・アイ』の感想・ネタバレ

冒頭にも書いた通り、何気なく見てみたら惹き込まれて最後まで一気に見てしまいました!
前情報なしで見たのがよかったかもしれません。
ここからはネタバレを含みますので、これから映画をご覧になる方はご注意下さいね。

謎の声に導かれる見ず知らずの男女、という設定は一見無茶なようでリアリティをもって見せるのがすごい!
途中、従わなかったらどうなるか、という見せしめを用意したり、でも見せしめになった人も主演の1人ミシェル・モナハン演じるレイチェルの息子に実は関与していたり(本人は知らずに)。

製作総指揮がスピルバーグだということもあり、カーアクションのシーンは臨場感があってドキドキでした!
こういう場面はまだまだ邦画では見られないなぁ、と思います。

それから、FBIに追われて逃亡劇を広げるジェリーとレイチェルは彼らと戦うことになるのですが、2人を応援しているとFBIが敵に見えてしまいます。
でも、彼らは任務を遂行しようとしているだけなんですよね^^;

途中から、協力してジェリーと一緒に戦うことになりますが、この時のFBIの1人を演じるビリー・ボブ・ソーントンがよかった!
被害の拡大を防ぐため、AIが操る飛行機を、トンネルの中で身を挺して破壊します。

Billy Billyさん(@billydirectory)がシェアした投稿

死ぬとわかっていて、車を使って飛行を妨害するシーンは胸が熱くなります。
男気溢れる場面でした。

たまぁに田中要次さんに見えてしまいますが…

maik suffersさん(@maiksuffers)がシェアした投稿

映画が始まってすぐですが、驚いたのはシャイア・ラブーフ
『チャーリーズ・エンジェル フルスロットル』ではまだ可愛い少年。
『トランスフォーマー』ではちょっと頼りない青年を好演していました。

なんとなく三枚目な印象だったんですよね。
それが今回はすっかり「いい男」役。
私が他に見ていないだけかもしれませんが、幅の広い役者なんだな、と思いました。

イマイチな点も

ただ、途中ちょっと拍子抜けしたところも。

理由もわからず従わせられた主人公ジェリーが、姿を現さない声の主に怒りを露わにすると、ショッピングセンターのホームシアターのコーナーに行かせてたくさんの画面を操作して自己紹介するシーン。
声の主は人工知能のアリアでした。

私はてっきり、誰かが人工知能を駆使して2人を操っているのかと思っていました。
つまり、人工知能は二次的なものだと思っていたのですが、AIそのものが暴走していたのです。

そういう設定も嫌いではないのですが、なんというか…振り回された2人の感情の行き場がないというか、「なぁんだ」と思ってしまいます。
それより、誰かが意図したことが歪んでAIにインプットされて暴走してしまった、とかなら面白いなぁ、と。

結局はAIの歪んだ正義感が暴走を始めていた、というわけです。

ただ、なぜジェリーを選んで導いたのか、という理由や意図は終盤に理解できて楽しめました。
でも、レイチェルに関しては今一歩。
同じ境遇の人なら他にもいるし…選ばれる理由が弱く感じました。

Sponsored Link

『イーグル・アイ』は現実になる?

人工知能がだんだん当たり前になってきた昨今、この映画を見ていて思ったのは「現実にこういうことが起こるのかな?」ということ。
きっとそう思ったのは私だけではないハズ。

もちろん、映画なので誇張していたり、「そんなに都合よくいかないよね?」と思うところは多かったです。
でも、大筋としてAIに人間が動かされたり「AIが判断したのだから正解のはず」という判断が当然になっていくのかな、と。
そう思うと恐ろしいですよね^^;

この映画が作られたのが2008年ですが、今はもっと人工知能が進んでますからね。
ちょっと怖い気もします。

311を予言?

バカバカしい話なのですが、この映画が作られたのが2008年
その時点で2011年の311「東日本大震災」を予言していたとの噂。

なぜかというと…

まぁ、偶然なのですが、この映画をテレビ東京が3/11に放送していたというのが、不謹慎ながら笑ってしまいました。
だって、他の局が皆311を振り返って特番を組んでいる時間です。

それがテレ東は『イーグル・アイ』ですからね^^;
さすがというべきか。

まとめ

・『イーグル・アイ』は現実化しそうで怖い
・311を予言?はしていない…と思う。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

>>映画イーグルアイの女優ミシェルモナハンがかわいい!日本語が話せる?

Sponsored Link


フォローする