めめめのくらげ2は打ち切り?続編の公開日はいつ?駄作でつまらないの?※2017.12.30追記

めめめのくらげ

『めめめのくらげ』は続編が公開される予定だったようですが、どうなったのでしょうか。

「駄作」「つまらない」という感想もあるようですが、実際どうなのでしょう。
『めめめのくらげ』の多少ネタバレにもなるかもしれませんので、ご覧になっていない方はご注意下さいね。

Sponsored Link

『めめめのくらげ』の作品情報

【劇場公開日】2013年4月26日
【製作年】2013年
【製作国】日本
【配給】ギャガ
【監督】村上隆
【キャスト】末岡拓人、浅見姫香、窪田正孝、染谷将太、黒沢あすか、津田寛治、鶴田真由、斎藤工、他

あらすじ

小学生の少年・正志は、引越し先の新しい家で見慣れない段ボール箱を見つけ、その中からクラゲのような不思議な生き物が現れる。その生き物を「くらげ坊」と名づけて仲良くなった正志は、くらげ坊を連れて転校先の学校に行く。すると、他の生徒たちも正志と同じように、大人には見えない「ふれんど」と呼ばれる不思議な生物を連れていた。
引用元:映画.com

『めめめのくらげ』の続編はどうなった?

あのエンディング、気になりますよね~。
映画のラストに続編の予告のような映像があるんです。

で、調べてみたら監督村上隆の制作日誌がWEBで公開されていて、続編も確かに撮影が進んでいました!
撮影の様子を写した画像もアップされていて、もちろん公開に向けて進んでいたのだと思います。

「原発事故が起こった後の日本」という設定でCGを駆使した作品になる予定だったようです。
ところが…その製作日誌は「8/31 制作現場スナップ写真」という記事を最後に更新されていません。

気になりすぎる(。ŏ﹏ŏ)

他にも色々検索してみましたが、続編がどうなったかは結局わかりませんでした。
個人的な憶測ですが、順調に進んでいれば何かしらの情報が出ていると思うので、やはり頓挫してしまったのかな、と思います。

もしそうだったら本当に残念(/_;)

撮影が進んでいたにも関わらず、続編が公開されない理由としては、やはり1作目の興行収入が良くなかったから、だと思います(これも個人的な憶測ですよ!)。
公開された映画館を見てみると、東京だけに限ってみても4スクリーンだけ。
日本全国でも43スクリーンだったのですね。

初めの公開は10スクリーンだったので、その後広がった、とは思います。
でも、キャストは豪華だし、CGもお金かかったのではないかな、というわりには、という気がします。

撮影されたフィルムが日の目を見ることはないのかしら…。

2017.12.30追記

テレビで放送されたのでまた見てみました。

本編終了後、なんと、監督の村上隆が続編について語っているではないですか!?

1作目の興行成績が振るわなかったことを認めた上で、でも2の制作は続いているよ~、と。

撮影は終了しているそうですが、CGの作業が膨大らしく、あと2年は編集にかかるだろう、とのこと。

ということは、公開は2019年以降、ということですね。

でも、よかった!

テレビで1作目を見て、改めて続編を見たい、と思いました。

子供たちも、「2は?いつ?」と言ってましたから。

楽しみに待とうと思います(*^^*)

Sponsored Link

『めめめのくらげ』は駄作?つまらない?

実は私、監督が村上隆だということも、エンディングの歌を初音ミクが歌っているということも後から知りました^^;

子供と一緒に見る映画を探していて、アマゾン・プライムで見られるから、というだけで見てみました。
で、どうだったかというと…

子供どハマリ!(当時3歳)
何回も繰り返し見ていました。

ただ、3歳児ですからストーリーは理解していません。
まぁ、なんとなく子供ががんばっていて、くらげ坊が可愛い、くらいに思っているのだと思います^^;

当時7歳だった上の子は、弟ほどではないにしても、楽しんでいました。
ただ、いじめのシーンは見るのがつらかったらしくそこはイヤがっていましたが、そこを乗り切るとまた楽しんで最後まで見ていました。

大人の私から見た感想は、親子で見る映画としては全然よいと思います。
オタク感強いなぁ、とは思いますし、子供のパワーで作られている「ふれんど」を「デバイス」と呼ばれるコントローラーのようなものが出てくるのは今ドキな感じはしました。

途中、ふれんどの中に突然萌えキャラなセクシーなお姉さんが出てきてびっくりしましたが、後から「あれがMiss.Kokoだったのか!」と納得。
彼女のファンなら、嬉しかったでしょうね。

「怪盗グルー」シリーズのように、子供向けでも、大人も一緒に楽しめるというものではないと思います。
私1人なら正直見てません。

でも、「親子で」という括りなら全然アリです。

なんでこんなに叩かれるの?

個人的な意見ですが、こんなに叩かれるのは、監督が「村上隆だから」ではないのでしょうか。
もし監督名を伏せて、彼の作ったキャラを登場させずに公開していたら、違ったんじゃないかな、と。

村上隆って、アンチが多いですよね?
この作品を叩く人が多くてびっくりしました。

まとめ

・『めめめのくらげ』の続編は現在公開未定→2019年以降?
・『めめめのくらげ』は親子で見るならアリ!

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

Sponsored Link


フォローする