怪盗グルーのミニオン大脱走の感想とネタバレ!ラスト結末とグッズも!

怪盗グルーのミニオン大脱走

映画『怪盗グルーのミニオン大脱走』を見ました!
感想をネタバレと共にラスト、結末まで書きますね。
まだ見てないのでネタバレしないで~、という方は「作品情報」までご覧下さいね!

Sponsored Link

『怪盗グルーのミニオン大脱走』の作品情報

【原題】Despicable Me 3
【製作年】2017年
【製作国】アメリカ
【配給】東宝東和
【監督】ピエール・コフィン、カイル・バルダ
【キャスト】
キャストについてはこちらをご覧下さい
怪盗グルーのミニオン大脱走の声優吹き替えキャストまとめ

Sponsored Link

『怪盗グルーのミニオン大脱走』の感想とネタバレ

感想を一言で言うなら、面白かった!大満足!です。
予告を見て「面白そう!」と思った方はその期待のまま楽しめると思います。
ここから先はネタバレになるので、ご注意下さいね。

80年代の天才子役!

バルタザール・ブラット

80年代のテレビの映像が写ります。
紫色のジャンプスーツに身を包んだ生意気な子供が悪役スターを演じています。
ピンクの風船ガムを吐き出すと、それが膨らんで人やモノをくっつけたまま飛んでいく武器になります。
他にも懐かしいルービックキューブや、ギターのように持って引けるキーボードを武器にして街を破壊するキャラクターは当時大人気だったようです。
僕ちゃん悪い子ー!」を決め台詞に当時の間では大流行した番組でした。

バルタザール・ブラット

ところが、思春期になると顔にはニキビ、声変わりすると子供らしい魅力はなくなり、その天才子役はハリウッドから見捨てられ、テレビのキャラクターと同じように街で暴れる悪党になってしまいました
それがバルタザール・ブラットです。

この、80年代のテレビのシーンは、大型ロボットが街を歩くシーンは、当時の「中に人が入っているのがバレバレ」な感じをCGなのにリアルに表現していて面白かったです。
映像も、色が少し褪せたような古い感じを表現していて「うまい!」と思ってしまいます。
こういう細かいところ、個人的にすごく好きです!

悪党なのですが、ちょっと見ていて可哀想になることも。

衣装やヘアスタイルもそうなのですが、相棒のロボットも武器もすべてが自分が活躍した子役時代のテレビ番組を再現しているんです。

過去の栄光にすがるのも、ここまでくると見ていて切なくなります。例えていうなら、ティム・バートン映画に出てくるダークファンタジーの悪役のような感じです。
そして、ブラットの日本語吹き替えを担当している松山ケンイチがうますぎ!
松山ケンイチだと知らずに映画を見たら、誰の声だかわからないと思います。
テンション高く、アニメのキャラっぽさを不自然でなくデフォルメしているのは本当にすごい。
当たり役だったと思います。

世界一のダイヤ

バルタザール・ブラット

現在のブラットは、頭頂部のハゲあがった髭の立派なおじさんですが、格好は子役時代を引きずっています。
過去の栄光が忘れられないのか、肩パットのイカつい紫色のジャンプスーツに身を包んだ姿はプリンスを思わせますが、悪さをする時の音楽はマイケル・ジャクソン
「ダンスバトルだ!」と言ってムーンウォークで船に忍び込むと、テレビと同じように風船ガムを警備員に踏ませて、船が持ち上がるくらい大きく膨らませていきます。
輸送中の「世界一のダイヤモンド」を難なく盗みますが、AVL(反悪党同盟)のグルーとルーシーが追いかけてきました。
グルーはダイヤモンドを取り返すものの、ブラットの反撃にあい裸にされた上に逃げられてしまいます。

この一連のシーンは、80年代をよく知る大人(私ね!)にはたまりません!
なんとも「ダサかっこいい」のです。ポップでやたらと派手なところが懐かしく、それが悪党でスピード感のある演出にワクワクします。
若い人たちには「なんだかおかしな格好のおじさん」だと思いますが、それでもアクションが派手だし惹きつけられると思います。
グルーとルーシーはブラットを取り逃がしたことでAVLをクビになってしまいます。

ミニオンズが家出!

悪いことは続きます。
悪党に仕えることに喜びを感じるミニオンたちは、グルーが悪の道に戻るのを望んでいました。
予告にも使われていましたが、ミニオンたちがグルーに悪党に戻るよう、スライドを使ってプレゼンするシーンは面白いです
でも、もう悪党には戻らない、とグルーが言うとミニオンたちは失望して家出
グルーの元に残ったのは二人のミニオンだけでした。

グルーに双子の兄が!?

グルーとドルー

グルーとルーシーの失業を心配したアグネスがガレージセールで自分のお気に入りのユニコーンのぬいぐるみを売ったりして健気なところを見せます。
そこへフリップという紳士が現れ、実はグルーには生き別れになっている双子の兄がいて、グルーに会いたがっているといいます。
グルーは一家でドルーの家を訪れると、そこは豪邸で、グルーにそっくりだけど頭はふっさふさのドルーがいました。
ドルーは人懐こく、すぐに皆と打ち解けました。しかも大金持ちで何もかも持っています。
「ものにはこだわらないんだ」と言いながらズラリと並ぶ高級車を自慢するところは笑ってしまいました(^q^)

そんなドルーを演じているのは俳優の生瀬勝久ですが、やはりこちらも生瀬勝久だと言われなければわからないと思います。
「温室育ちのお坊ちゃま」な感じを声だけで演じるのってすごいと思います。
人懐こいけど「今まで苦労しないで育ってきたのね」というどこか甘えん坊な感じをうまく表現しています。

グルーとドルーはすっかり仲良くなり、夕食時にはお互いの服を交換し、グルーはドルー風のカツラを、ドルーは禿頭のカツラ(?)をつけて現れます。
話し方もお互いの真似をしますが皆にはバレバレ。
グルーとドルーもクスクス笑いながら「双子あるあるや」と言い、見ている人に「こういうシーン期待してたでしょ」という見せ方をします。
製作者が「そんなベタなことしないよ」と言っているようで面白かったです。

子供との関係に悩むルーシー

前作の終わりに、子供たちにも慕われてグルーと結婚したルーシーですが、本作では子供たちの母親としてどう接したらいいか悩んでいます

考えてみれば複雑な家庭なんですよね。
マーゴ、イディス、アグネスは三姉妹で血がつながっているものの、お父さんになったグルーのことを未だに「グルーさん」と呼んでいるし、しかもそのグルーは元は大悪党。
ルーシーだって、グルーと結婚したからお母さんになったのだし、難しいです。
でも、子供たちは悩んでいる様子はありません。ルーシーが子供との距離感に悩んでいるのです。
そんなことも本作のサブストーリーとなっています。

グルー、悪党に返り咲く?

怪盗グルーのミニオン大脱走

ドルーはグルーと仲良くなり、家の奥にある秘密の場所に連れていきます。
そこは「悪党の秘密基地」のようになっていて、武器いっぱいのメカニックな乗り物もあります。
ドルーを引き取ったお父さんは実は大悪党で、悪党であるグルーのことを自慢していたようです。
ドルーには悪党の才能はなく、グルーに「また悪党になってトレーニングして欲しい」と頼みますが、グルーは断ります。

ある時、ダイヤモンドが再びブラットに奪われたということをグルーは知ります。
そして、ひょなことから警察に追われてドルーのかっこいいメカで振り切ると、昔の血がたぎり、ダイヤモンドを奪い返す計画を立てます
ドルーは悪党としてダイヤモンドを奪いたいのですが、グルーはダイヤモンドを返せばAVLに戻れると思って取り返すことにしました。

兄弟でブラットの基地へ

グルーとドルーは、ブラットが盗んだダイヤモンドを取り返そうとブラットの住む悪趣味なルービックキューブの基地に向かいます。
ドルーが用意した万能なスーツに身を包み、メカ満載の船で向かいますが、ドルーは経験がないので船で待つようグルーは言います。
待つことを約束したドルーですが、結局ついてきてしまいます。

でも、ブラットの基地は侵入者を防ぐシステムが万端で、ドルーは侵入することすら一人ではできません。
侵入後も、ドルーは何をやっても足手まとい

グルーの活躍でダイヤモンド奪還に成功するものの、あやうく外に出た時に外壁の大きなトゲにグルーを巻き込んで串刺しになるところでした。
でも、二人の企みに気付いていたルーシーに、あわやという時に助けられます

兄弟喧嘩

ダイヤモンドを奪還し、これでAVLに戻れる、と喜ぶグルーとルーシーですが、ドルーは悪党としてダイヤモンドを盗んだのであって、AVLに返す気なんてありません。
ドルーは騙されたと知りグルーに文句を言いますが、グルーはドルーが役に立たなかったといい、ケンカになります。

グルー一家は家に帰ろうと、先にルーシーと子供たちが飛行機に乗ります。
でも、実は飛行機に乗ったルーシーは変装したブラットでした。
ドルーの屋敷から出ようとしたグルーは物音の聞こえる小部屋を開けると、縛られたルーシーがいました。
ドルーに事態を告げると、3人で子供たちの乗る飛行機を追いかけます。
気まずい空気のグルーとドルーですが、互いに謝るとすぐに仲直りします。

ミニオン大脱走

怪盗グルーのミニオン大脱走

さて、全然出番のないミニオンたちですが、彼らは家を出たものの行く宛もなく、お腹を好かせて歩いていました。
そこへピザの宅配のバイクが通りかかり、ミニオンたちは追いかけます。
ピザ屋が向かった先はオーディション番組を収録中のスタジオでした。
ポール・ボッツやスーザン・ボイルが有名になったアレです(^q^)

その舞台に躍り出る形になったミニオンたちは、初めは恐る恐る歌うのですが、次第にノリノリで歌を披露して拍手喝采。
このシーンはかなり楽しいです。いつもおバカなことばかりしているミニオンたちの本領発揮といった感じです(*^^*)
でも、歌い終わったところでミニオンたちは不法侵入の罪なのか逮捕されて刑務所に送られます。
この辺りの流れは深く考えてはいけません、なんせミニオンズですから^^;

怪盗グルーのミニオン大脱走

そして、家出からリーダーとして仕切ってきたメルを中心に他の屈強な受刑者を尻に敷いて刑務所でも好き放題に振る舞います。
意外と刑務所でも楽しそうじゃないかと思うのですが、メルはグルーへの愛を忘れていません。
グルーに親切にしてもらったことを思い出し、グルーに会いたいと思い始めます。
そして、仲間を先導して刑務所内の様々なものを盗み出し、飛行機を作ってしまいます。

怪盗グルーのミニオン大脱走

それでミニオン大脱走となるわけですが「この家出から脱走までのエピソード必要?」とか思ってはいけません。
ストーリーなんて後付です。ミニオンたちがノリノリの歌を披露したり、見た目弱そうな黄色い生き物がイカつい受刑者を従えてのし上がるという面白いシーンを作るためにストーリーがあるんです。
深く考えず、楽しんじゃえばいいんです!

巨大ロボと対決

バルタザールブラット

ダイヤモンドを手に入れたブラットはハリウッドにいました。
自分を干したハリウッドに復讐しようと、ダイヤモンドを巨大ロボットにはめて完成させたのです。
昔主演したテレビ番組のストーリー通り、巨大ロボットでハリウッドを破壊しようとしています。
子供たちはビルの高いところに置かれてしまいます。
ルーシーは危険を顧みず子供たちを助けにいきます。
ドルーとグルーは二人でロボと戦いますが、グルーは投げ出されて気絶してしまいます。
ドルーは一人でロボの中で必死に心臓部に潜り込み、装置を破壊してロボットは壊れます。
ドルーに助けられたグルーはブラットにならって「ダンスバトルだ!」と言い、二人は戦います。
そして、初めにグルーがブラットにされたのと同じようにブラットから取り上げた武器でブラットを裸にして吹き飛ばしてしまいました。
ミニオンたちはようやくグルーに追いつき、ブラットが放って街を飲み込もうとしていた風船ガムを破裂させ、その反動でグルーの元に戻ってきました。
皆が無事に戻りました

みんなで一緒に

日常に戻りました。
一つ変わったのは、ドルーもミニオンたちと一緒にグルーの家の地下に住むようになったことです。
そして、子供たちは今回の危機を経てルーシーを母親として慕うようになりました。

寝る前、枕投げで盛り上がったあと、寝ると見せかけてドルーはこっそりミニオンたちとグルーの飛行機(?)に乗り込んで悪党稼業を続けようと出ていきます。
グルーとルーシーは5分だけ時間をあげよう、といって追いかけるのを待って夜空を見上げます。

『怪盗グルーのミニオン大脱走』の劇場限定クリアファイル

怪盗グルーのミニオン大脱走ファイル

怪盗グルーのミニオン大脱走ファイル

劇場限定のクリアファイルはもう一種類あったのですが、子供が選んだのは写真のファイルでした。
今回活躍したメルがドーンと写ってます。
大小のファイルが2枚セットで400円と記念に買うには手頃な価格です。
クリアファイルってなんだかんだと使うし、邪魔にならなくていいですよね(^^)

まとめ

ネタバレでも書きましたが、本当に面白かった!
海外の評価を見て「うーん、微妙なデキなのかな?」と思ったのですが私は楽しめました!
子供向けの映画でも、いい映画だと大人が見ても楽しめるんですよね。
改めてそう思いました。

・80年代のファッションやアイテム、音楽が満載!
・松山ケンイチ、生瀬勝久の吹き替えがハマってる!
・ミニオンたちがいちいち可笑しくて可愛い!
・子供だけではなく大人も楽しめる!

まとめるとそんな感じです。
興味のある方は、これを読んだ後でストーリーを知っていても楽しめると思うのでぜひご覧下さい!

松山ケンイチは声だけの演技も上手い?アニメ声優としての評価は?

怪盗グルーのミニオン大脱走のドルーの声優は誰? やはり笑福亭鶴瓶?
最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

Sponsored Link


フォローする

コメント

  1. 名無しの超マンガ好きさん より:

    間違った解釈だけはやめてください。
    グルーの兄のドルーじゃなく、グルーの双子のドルーであってどちらが兄か弟かは判明していません。
    勝手な解釈で間違った情報を書き込むのはやめてください。

  2. スチュアートを愛でる者 より:

    子供向けだし先の展開が読める部分も多いのに、始終ワクワク感が止まらない素晴らしい作品でしたよね!
    大の大人のクセして3回も観に行ってしまいました。
    関係ないけど、やはりボブはミニオンズ限定のキャラなのかな…?
    逆に2020年のミニオンズ2にメルは出てきてくれるのか…。
    今後のDM、ミニオンズシリーズの展開な期待ですね!

    てかコメ欄に顔真っ赤にしながら無知晒してる奴いて草。見てて恥ずかしい。

    • elin より:

      スチュアートを愛でる者様

      コメントいただき、ありがとうございます!
      本当に、「大脱走」最高でしたね!
      3回も観に行かれたなんて羨ましいです(^^)

      ボブ、私も大好きですし、人気のキャラだと思うのですが今回出てきてないですよね。
      「ミニオンズ2」に出てくれるといいなぁ、と思っています。
      スチュアートも、またウクレレ持って出てくるといいですね(^^)

      「ミニオンズ2」が公開されたらまた見に行っちゃうだろうなぁ。
      まだ先だけど、今から楽しみです!