ワンダーウーマンの女優ガルガドットとは?初代から歴代の美女まとめ!

ワンダーウーマン

2017年8月25日、映画『ワンダーウーマン』が公開されます。
アメリカでは6月2日に公開され、すでに大ヒットしています。
トム・クルーズ主演「ザ・マミー呪われた砂漠の王女」を抜き、ぶっちぎりの興行収入だそうです。
アメリカ大手の映画批評サイトRotten Tomatoesでは批評家94%、観客93%の支持率です。
通常こんなに高い支持率はないので、どれだけ人気なのかわかりますね!
そんなワンダーウーマンを演じたガル・ガドットとはどんな人物なのでしょう。

Sponsored Link

ワンダーウーマンとは

ワンダーウーマンはDCコミックスのキャラクターの一人で、怪力や飛行能力がある美女。
スーパーヒーロチーム「ジャスティス・リーグ」のメンバーの一人であり、スーパーマン、バットマンとも並ぶ重要なキャラクターです。
コミックスの設定では、動物とテレパシーで意思の疎通ができたり、武術にも精通しています。
人間ではなく、粘土から生まれ、神々が命を吹き込みました。
彼女が暮らすパラダイス島は人間界から隔離され、異次元のような場所です。

DCコミックスのスーパーヒーロたちが登場する映画シリーズ「DCエクステンデッド・ユニバース」では「バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生」にも登場し、バットマン、スーパーマンと並んでいるポスターもあることから、重要な役どころだとわかります。
今回はジャスティス・リーグの中から単独での登場となりました。

あらすじ

ワンダーウーマンが生まれたのは、女性だけが暮らすパラダイス島。ダイアナ(ワンダーウーマン)はその島のプリンセスだった。
ある日、不時着したアメリカ人パイロットを助けたことから、外の世界で戦争が起きていることを知る。
彼女は自身の力で「世界を救いたい」と強く願い、二度と戻れないと知りながら故郷をあとにする…。
そんな官女は、初めての世界で何を見て、何のために戦い、そして、なぜ美女戦士へとなったのか!?
引用元:ワンダーウーマン公式サイト

ガル・ガドット

ガルガドット

ワンダーウーマン演じるガル・ガドットは、1985年4月30日生まれイスラエル出身のモデル・女優です。
知らなかったのですが、イスラエルには兵役義務があるんですね!
18歳の時から2年間、イスラエル国防軍で戦闘トレーナーをした経験があるそうです。
「最強の美女」を演じるのに、その経験が役だったかもしれませんね!
2004年度のミス・イスラエルであり、現在は母親でもあります。
ワイルド・スピード』シリーズに出演し、『バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生』のワンダーウーマン役で注目されました。
トム・クルーズ、キャメロン・ディアス主演の『ナイト&デイ』にも出演していますね!
結婚して子供がいて仕事も順調!ノリにのっているガル・ガドットですが、一つ意外なことが。
なんと、メイクが苦手。アイラインがうまく引けなくて、普段のメイクは最小限にしているのだそうです。
これだけ美しかったらノーメイクでもいいのでは!?

歴代のワンダーウーマンたち

これまでワンダーウーマンを演じたのはガル・ガドットだけではありません。
歴代の美女たちを紹介しますね!

リンダ・ハリソン

linda

ワンダーウーマンではなく、『Who’s Afraid of Diana Prince?』というタイトルでパイロット版として制作されました。
リンダ・ハリソンは『猿の惑星』のノバ役が有名で、名前で検索するとその画像がでてきます。
美しいですね!なんとなく、ガル・ガドットに似てませんか?

リンダ・ハリソン

キャシー・リー・クロスビー

キャシー・リー・クロスビー

1974年に90分枠で映像化されました。
キャシー・リー・クロスビープロ・テニス・プレーヤーでした。
コートで戦う姿がワンダーウーマンと重なったのでしょうか。
ワンダーウーマンに選ばれるということは、人気の選手だったんですね!
設定は現代で、コスチュームや武器も現代風のデザインだったようです。
残念ながら評判は振るわなかったようで、日本では未放送です。

Sponsored Link

リンダ・カーター

リンダ・カーター

めげないABC放送は1975年にリンダ・カーター主演で再度ワンダーウーマンを制作します。
設定を原作通りにして『The New Original Wonder Woman』として制作するとこれが大当たり!
日本でも『空飛ぶ鉄腕美女ワンダーウーマン』として放送されました。タイトルがなんとも昭和です。
2シーズンでは設定を現代にして『The New Adventures of Wonder Woman』、日本では『紅い旋風ワンダーウーマン』として放送。またもやタイトルが…^^;
3シーズンまで制作されたことから大変な人気だったことがわかります。
きっと、ワンダーウーマンといえばリンダ・カーター!と記憶している人もいるのでは?

エイドリアンヌ・パリッキ

エイドリアンヌ・パリッキ

パイロット版だけで幻となってしまいました。
設定は現代で、昼間は大企業のCEO、夜は正義の味方のワンダーウーマン、というストーリーだったようです。
テスト上映の反応がよくなかったことからテレビシリーズとはならなかったようです。
たしかに、ワンダーウーマンという役柄でなければ、よくあるストーリーなのかな、という気がします。
でも、この画像を見る限り魅力的ですけどね!

まとめ

DVD化されているものもあるので、今年公開の『ワンダーウーマン』と見比べても面白そうですね!
個人的にリンダ・カーターのワンダーウーマンを見てみたいです(^^)

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

>>ワンダーウーマンの弱点は腕輪?同じDCコミックスのスーパーガールは?

Sponsored Link


フォローする