アイフィールプリティみたいな似た漫画デブとラブと過ちとがおすすめ!

ダンサー

映画『アイ・フィール・プリティ! 人生最高のハプニング』がとっても面白かったですが、その日本版のような漫画に出会いました!
それがタイトルの『デブとラブと過ちと』です。

『アイ・フィール・プリティ!』が好きな人にはぜひおすすめしたいので紹介しますね!

『デブとラブと過ちと』

「デブでブス」を自覚するOL夢子はビルから落ちて大怪我をします。
一命をとりとめたものの記憶喪失に。

それだけでなく、人格が変わってしまいコンプレックスの塊で根暗だったのが超絶ポジティブに!
仕事や人間関係も大きく好転していきます。

Sponsored Link

『アイ・フィール・プリティ!』との共通点

コンプレックスはおデブでブサイク

『アイ・フィール・プリティ!』のレネーは自分の外見を気にするあまり何に対しても消極的です。

『デブとラブと過ちと』の夢子もコンプレックスでいっぱい。
せっかく仕事でいいアイデアがあっても「こんな私では」「どうせ」と発言せずに終わっていました。

事故がきっかけで

レネーはジムでバイクを漕いでいる時に勢いよく落ちて頭を打ってしまいます。
しばらく意識を失いますが、起き上がって鏡を見るとそこにはとてつもない美女が。

周りからはいつものレネーなのですが、本人にはスーパー美女に見えています。

夢子は前述の通り事故でビルの4階から落ちてしまい大怪我をします。

超絶ポジティブ

レネーは美しさを手に入れた(つもり)ことで自信に満ち溢れ、元々仕事ができたのでキャリアアップします。
勘違いから優しい彼氏もできて順風満帆です。

周りの美女たちも実はコンプレックスがあったりするのですが、レネーを頼りにし始めます。

夢子もスーパーポジティブです。

これまでは職場で何も発言できなかったのに、どんどんいいアイデアを出していきます。
遠くから見ていたイケメン副社長にも話しかけて距離を縮めます。

びっくりするくらいの勢いで周りを巻き込んで仕事を好転させます。

『アイ・フィール・プリティ!』と違う点

見えている姿は違う

『アイ・フィール・プリティ!』では、レネーは自分の姿が美女になったと思いこんでいます。

『デブとラブと過ちと』では、夢子は特に姿が違って見えるということはありません。
これまでと同じおデブでブサイクなのですが、その姿を鏡で見て「私って可愛い!」と思っています。

つまり、変身なしに自分を肯定できるようになったのです。

Sponsored Link

『デブとラブと過ちと』がおすすめな理由

超絶ポジティブな夢子の様子に、読んでいると元気をもらえます

何を言われてもポジティブに返しちゃうんです。

同僚が引くくらいの食べっぷりに「そんなに食うからデブなんじゃ…」と言われてしまいますが、夢子は
「しっかり食べてるからこのプロポーションを維持できてるの!」と言います。

しかも、押したら転がりそうなくらいの体型なのに
「男はちょっとポッチャリくらいが好きなの」と言い切ります。

勘違いっぷりは、レネーと互角です。
夢子はちゃんと自分の姿がわかっているというのに。

同僚に陰口を言われても堂々と前に現れて
「私のこのボディと顔は神様からの贈り物なの。
嫉妬するのはわかるけどあなた達にも素晴らしいところがあるはずよ。
もっと自信持って!」と言います。

陰口を言っているのは自分への嫉妬だと思い、しかも相手を励ましてしまう!

とにかく驚くくらいのポジティブ返しなんです。
小さなことで悩んでいるとなんだか馬鹿みたいな気がしちゃいます。

気持ちを切り替えたいとき、元気を出したいときなどにおすすめのマンガです!

『デブとラブと過ちと』は電子書籍で読むことができます。
『デブとラブと過ちと』ままかり

>>アイフィールプリティの感想と考察!ネタバレありでラストまで

>>アイフィールプリティ人生最高のハプニングのフル動画を無料で視聴する方法!パンドラやデイリーモーションは危険?


フォローする