アンフェアtheendの黒幕をネタバレ!ラスト結末の意味を考察します!

アンフェア the end

ドラマ・映画で人気のシリーズ『アンフェア』が映画『アンフェア the end』で完結しました!
黒幕って誰?ラスト・結末は結局どういう意味?などちょっとわかりづらく思う方もいると思うので、自分で見た限りの考察を書きますね!

Sponsored Link

『アンフェア the end』の作品情報

アンフェア the end

【劇場公開日】2015年9月5日
【製作年】2015年
【製作国】日本
【配給】東宝
【監督】佐藤嗣麻子
【キャスト】篠原涼子、永山絢斗、阿部サダヲ、加藤雅也、向井地美音、吉田鋼太郎、AKIRA、寺島進、佐藤浩市、他

あらすじ

国家を裏で操る権力組織から機密データを手に入れることに成功した警視庁捜査一課刑事・雪平夏見は、ある人物の転落死亡現場で「アンフェアなのは誰か?」という一枚の栞を見つける。それは、10年前の「推理小説事件」から始まる一連の事件で使用されたものと同一の栞だった。さらに、事件の犯人たちを結びつけていた「×サイト」も復活していたことが判明。やがて雪平を巻き込む新たな事件が発生するが、雪平は亡き父が目指した警察内部の浄化を成し遂げるため奔走する。
引用元:映画.com

『アンフェア the end』のネタバレ・感想

Sponsored Link
ここから先はあらすじより詳細なストーリーを感想を交えて紹介しますね。
ネタバレになりますので、映画をまだ見ていない方はご注意下さいね。

今回、事件に大きく関わってくるのは永山絢斗演じる津島というエンジニアです。

映画の冒頭、東京地検特捜部の元検事総長、村上成明とその息子村上克明検事の連続殺害事件が発生します。
その犯人とされたのが津島なのです。

津島は取り調べで雪平を指名し、監視カメラの映像に写っていた自分の姿はフェイクだと主張します。
更に彼は、村上親子の犯人もフェイク映像を作ったのも同じ「闇の組織」だと言い、警察の不正を暴く証拠となるデータを入手したので自分が捕まった、助けて欲しいと言うのです。

しかし、フェイク映像を作った組織の場所を尋ねるともぬけの殻だったり津島には精神病を患った通院歴があったりと疑わしい事柄が浮かび上がります。
津島は通院歴もフェイクだと言い、この時は津島の立場は見ている人に不安定な印象を与えます。

雪平は正義を貫こうとする津島を信じ、証拠データをジャーナリストに渡し告発しようとする彼に協力します。
二人は会う約束をしていたジャーナリストの滞在するホテルに行くもののすでに殺されていました。

もう一人会う予定だったジャーナリストの元に急ぎますが、彼も撃たれてしまいます。

アンフェア the end
ここで驚きのシーンがあります。
雪平の味方だと思っていた薫ちゃんに雪平が連行されてしまうのです。

映画の前作で薫ちゃんが組織側だということは示されていたので、そこを理解していれば不思議ではないのですが、私はすっかり忘れていて普通に驚いてしまいました^^;

彼は組織の人間だったのか、と思ったところ薫ちゃんは雪平を逃します。
雪平を守るため、組織側に入って行動していたのです。

どんでん返しが続いてこの辺りは面白かったです。

ところが、更に驚きは続いて…

薫ちゃんの協力虚しく彼も雪平も捕まってしまいます。
捕まった先で、彼らを鎖に繋げていたのは検察官の武部でした。

武部は雪平に協力的な姿勢を見せていましたが、彼が「組織」の黒幕だったのか…。
これまでの温厚な態度から一転、冷酷に雪平の仲間を人質に脅しをかけます。

そして、目の前であっさりと薫ちゃんを殺してしまうのです。
この件があまりに急だったので「実は生きてるパターンじゃない?」と思ってしまうほど。

でもそれは私の深読みで、薫ちゃんは本当にあっさりと殺されてしまいました^^;
くるくるパーマに派手なベストを身に着け飄々としたキャラクターでファンも多かったのではと思います。

それにしてはあっけない最期でした。
この辺りの描き方が、この映画が不評な要因の一つじゃないかな、と思いました。

そして、雪平の愛娘も人質とし、仲間の山路も脅しのために撃たれてしまいます。
まぁ山路は懐に入れたジッポに守られて助かった、とあとで判明するのですが。
それまでやたらとジッポをカチンカチンと鳴らしていたのは伏線だったんですね~。
それがわかった時は面白かったです。

娘を人質に取られた雪平は、津島を殺すように武部に命じられます。
津島に銃を向ける雪平ですが、撃たずに彼を連れて逃げます。

組織から逃げる彼らを助けたのは雪平の元恋人一条でした。
ちなみに、一条は前回死んだことになっていましたが結局生きていました。

雪平の父を殺した真犯人は?

アンフェア the end

一条に娘の無事を知らされてほっとする雪平と津島は人里離れた山荘に逃れます。

エルドニア共和国に亡命するという津島は、監視システムから見つけたというある音声データを雪平に渡します。

アンフェアの最初から根底にある雪平の父の死ですが、ここで父を殺した犯人が明らかになります。
音声データでは、ある男性が雪平の父を殺すよう命じられていることがわかります。

その男性とは一条でした。
雪平の元恋人で彼女を助けてきた一条が雪平の父親殺しの実行犯だったのです。

しかも、一条は雪平を監視するよう命じられていました。
一条に銃を向けて問い詰める雪平。

一条は雪平の父を殺したことも、雪平を監視してきたことも認めます。
そして、雪平を監視するうちに「雪平になら殺されてもいい」と思うようになったことも。

一条に銃を向ける雪平ですが、引き金を引くことはできません。
彼は雪平にキスをするとお別れを言い去っていきました。

とても切ないシーンですが…いいシーンではあるのですが…
モヤモヤが残ります。

一条は所詮実行犯
命じられて殺しているのです。
自分の意思ではありません。

結局のところ、一条に雪平の父親を殺すよう命じたのは誰なのかはっきりしません
雪平は親殺しを命じた人間を一条に問いますが、一条はそれに答えません。
実行犯だけわかっても意味がないのでは?と思いました。

それから、ここはどうでもいいかもしれませんがその重要な音声データを津島が雪平に渡す時もかなりあっさりとしています。
思い出したように「役に立つと思って」みたいな感じで雪平に渡すのです。
どうせなら、瀕死の状態で「これが真相です」と命がけで渡すようなシーンを作ってもよかったのでは、と思いました。
まぁこの辺は好みでしょうけど^^;

なんというか…映画全体にメリハリのない印象なんですよね。
アクションシーンなど見どころは作っていても、大事なところが伝わってこないような感じです。

でも、二人の関係を知った津島が、寝ている(本当は起きてたけど)雪平にそっとキスするシーンはよかったです。
こういう気持ちを抑えたシーンはぐっときますね。

余談ですが、アンフェアシリーズの最初に安藤を演じていた瑛太と、津島演じた永山絢斗って兄弟ですよね。

ストーリー上安藤と津島に関連はありませんが、津島が雪平に
「雪平さんって無駄に美人ですよね」
「バカかお前は」

と言う安藤を彷彿させる場面はニヤッとしてしまいます。

結局黒幕は誰?

アンフェア the end

一条が去り、協力者がいなくなった二人に追手が迫ります。
雪平の機転で危機を逃れるものの、エルドニア大使館に逃げ込む寸前で追いつかれてしまいます。

津島は撃たれ瀕死の状態で大使館に向かいます。

大使館のあるビルには武部が迫り、一条と共にエレベーターに乗り込みます。
その直前の会話からエレベーターを降りるまでの流れがちょっとわかりにくいです。

エレベーターに乗る直前、一条は「(雪平と津島は)まもなく大使館に着く頃です」と武部に言います。
武部は「そうか、なら急ぐ必要はない」と言うのです。

どういうことか、と問う一条に「そういうことだ」と答える武部。
「そういうことですか」と一条は答えますが、え、どういうこと??

カンのいい方はここですべてわかったと思いますが、私はその後を見るまでわかりませんでした^^;

エレベーター内で相討ちとなりますが、無事なままエレベーターから降りたのは一条でした。

命からがら大使館に着いた雪平と津島ですが、ここでまたもやどんでん返しが。
機密データの入ったペンダントを雪平は津島に託して公表させようと渡しますが、その直後津島は雪平に銃を向けます。

津島は実は武部側の人間でした。
雪平からデータを奪えば、警察の不遇に遭って死んでいった津島の父親の無念を晴らしてやると約束されて動いていたのでした。

一条はエレベーター内で「そういうことだ」と武部に言われた時、そのことを理解したのですね。
理解早すぎ…。
と思ったらエンディングで例によって重要シーンが流れる時にもう少し詳細な会話があったことがわかりました。

それにしても、一条が理解したのはわかりましたが、武部がエレベーター内で一条を撃とうとしたのはなぜでしょう。
一条が実は雪平の味方だった、というのはどこでわかったのでしょうか。
私が見逃しただけかもしれませんが、疑問が残りました。

津島が雪平に銃を向けた時、一条が大使館に到着し、津島と相討ちになります。
倒れる一条。

雪平も津島に撃たれますが、一命は取り留めたようで、山路らが駆けつけた時には雪平の姿はありませんでした。
津島も結局は一条からの銃撃で倒れました。

ラスト、映画の始まりのシーンに戻ります。
雪平が血を流しながらシャワーを浴びている場面で始まったのですが、それは津島からの銃弾だったことがわかります。

冒頭と違うのは、その場所がアメリカのモーテルらしきところで、テレビからは「日本の警察の不正が暴かれた」というニュースが流れていることです。
苦しそうな表情を浮かべる雪平ですが、最後には「すべて終わった」という思いからか少し安堵した様子が見えて終わります。

結局、村上親子の殺害に始まる今回の一連の黒幕は武部ということになります。
エンディングで☓サイトを復活させたりしていたのは津島だとわかりました。

ただ、それは「今回の事件の黒幕」というだけで、雪平の父親の代から始まる「組織の黒幕」はわからずじまいなんですよね…。

吉田鋼太郎演じる東京地検特捜部長が登場し、立場的に彼が組織でもおかしくないのかもしれませんが、一条に雪平の父親を殺すよう命じたとか、組織の黒幕だというシーンはありませんでした。

そんなわけで、個人的にはモヤモヤが残る終わり方になりました。

タイトルに「the end」とある通りシリーズ最終章のようですが、雪平に父親殺しを問い詰められた一条が「そう思うなら殺せばいい」と言いはっきりと「自分が殺した」と言わないところもなんだか歯切れ悪く感じました。
(私だけ?)

とはいえ、度々のどんでん返しや「アンフェア」は楽しめました(^^)

関係ないのですが、武部演じるのがEXILEのAKIRAだというのを見終わってから知りました。
メガネにスーツ姿だとわからないものですね^^;

まとめ

・本作の黒幕は武部。実行犯は津島。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

Sponsored Link


フォローする