トレインミッションのプリンとは?プリン役の俳優と聞いていた曲についても

電車

映画『トレイン・ミッション』を見ました!
主人公マイケルは「プリン」と呼ばれる人物を探さなくてはいけません。
今回はその「プリン」について、また演じている俳優、音楽についても書いています。
ネタバレを含みますので、映画未視聴の方はご注意下さいね。

Sponsored Link

『トレイン・ミッション』の作品情報

この投稿をInstagramで見る

The Commuter(@thecommuterfilm)がシェアした投稿

【原題】The Commuter
【劇場公開日】2018年3月30日
【製作年】2018年
【製作国】アメリカ・イギリス合作
【配給】ギャガ
【監督】ジャウム・コレット=セラ
【キャスト】リーアム・ニーソン、ベラ・ファーミガ、パトリック・ウィルソン、他

あらすじ

10年間勤めてきた会社から突然、解雇を宣告された60歳の保険セールスマンのマイケルは、失意の中、いつもの電車で帰路につくが、車内で見知らぬ女性から話しかけられる。
女性は、電車が終点に到着するまでの間に、100人の乗客から1人のある人物を見つけ出せば、マイケルに多額の報酬を払うという。
妻が人質に取られていることが発覚し、女性からの依頼を受けざるを得なくなったマイケルは、絶体絶命の状況下で1人の人物を見つけ出そうとするが……。
引用元:映画.com

『トレイン・ミッション』のプリンとは

Sponsored Link

プリンのいとこエンリケは市の汚職事件を知りその証拠を握っていました。

そのためにマーフィーに脅され、殺されてしまったのでした。

プリンは証拠を持っていたために狙われるはめになったのです。

ちなみに、プリンはニックネームで本名はソフィアです。
彼女が『緋文字』を読んでいたことから犯人が、主人公の「ヘスター・プリン」の名である「プリン」を呼び名にしたのです。

『緋文字』のプリンは夫が失踪し、牧師と愛し合った末に子供を生み、姦淫罪で服に緋文字をつけさせられながらも子供の父親を公表せず必死に生きていました。

ソフィアはエンリケが残した汚職の証拠を守り、FBIに届けようとしていました。

どこか通じるものがありますね。
もしかしたら、犯人もソフィアのそんな様子をプリンと重ねて呼び名をつけたのかもしれません。

プリン(ソフィア)役の女優は?

この投稿をInstagramで見る

Ella-Rae(@ellaraesmith)がシェアした投稿

プリンを演じたのは女優のElla-Rae Smithです。

エラは2013年にメディアに登場し、ドラマや映画で活躍しています。

『トレイン・ミッション』の他はドラマ『Into the Badlands』『Clique』で知られています。

2020年4月現在は、撮影が終わりポストプロダクション段階の作品がいくつかありますが、コロナの影響で作品の公開が延期されるかもしれませんね。

この投稿をInstagramで見る

Ella-Rae(@ellaraesmith)がシェアした投稿

女優業の他、RIMMELの顔も務めています。

今後の活躍が楽しみな女優さんです!

プリンが聞いていた曲は?

プリンは、マイケルが自分のところに来た時にイヤホンで音楽を聞いていました。
なんという曲なのか気になった方もいると思います。

この曲はCosima『Un-Named』です。

この投稿をInstagramで見る

Cosima(@cos1ma)がシェアした投稿

歌っているCosimaはイギリスのシンガーソングライターです。

日本ではあまり知名度が高くないかもしれませんが、イギリスでR&Bの歌手として活躍しています。

気になった方はチェックしてみて下さいね~。

>>CosimaのオフィシャルYoutubeチャンネル

まとめ

・プリン役を演じているのはElla-Rae Smith。
・プリンが聞いていた曲はCosimaの『Un-Named』。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

>>トレインミッションのラストの意味は?結末をネタバレで最後まで解説

>>トレインミッションの謎の女の正体は?黒幕・犯人や真相について考察!

Sponsored Link


フォローする