【実話】映画KingoftheJungleのジョンマカフィーについて!キャストあらすじも

ジャングル

セキュリティ対策ソフトの大手「マカフィー」の創設者として知られるジョン・マカフィーの半生が『King of the Jungle(原題)』として映画化されます!
私のPCにもマカフィーが入ってますが、創設者の半生がこんなすごいものだと知りませんでした^^;
映画のキャストやジョン・マカフィーの半生について紹介します!

Sponsored Link

『King of the Jungle(原題)』の作品情報

まだ詳細な情報が出ていないのですが、監督は『ラブ・アゲイン』『フィリップ、きみを愛してる!』グレン・フィカーラジョン・レクア

脚本は『ラリー・フリント』『ビッグ・アイズ』の脚本家コンビ、スコット・アレクサンダー&ラリー・カラゼウスキーが共同での執筆となります。

タイトルも邦題はまだわかりませんし、公開日など詳しい情報がないので、分かり次第更新しますね!

『King of the Jungle(原題)』のあらすじ

Sponsored Link
ジョン・マカフィーの幼少時代からの半生が描かれます。

アンチウィルスソフトウェアで成功し莫大な富を得たジョン・マカフィーは中米ベリーズの奥地に移り住みます。

そして銃と麻薬、セックスにまみれ、パラノイアへ…。

実は、ジョン・マカフィーについては2016年にドキュメンタリーで邦題『ジョン・マカフィー: 危険な大物』として映画化されているんですよね。

ですので、『King of the Jungle(原題)』ではドキュメンタリーとは違ったタッチで描かれると思います。

ちなみに、そのドキュメンタリーはすごく評判いいです。

ジョン・マカフィー: 危険な大物
批評家の支持率100%!

こちらもぜひ見てみたいです。

ジョン・マカフィーとはどんな人物?

この投稿をInstagramで見る

John McAfeeさん(@officialjohnmcafee)がシェアした投稿

ジョン・マカフィーはパソコンを使う人なら知らない人はいないであろう、アンチウイルスソフト「マカフィー」の創業者です。

生まれはイギリスですが、アメリカ、バージニア州で育ちます。

元々プログラマーで、NASAのゴダード宇宙科学研究所に勤めていました。

その後はソフトウェアデザイナーやOA、ソフトウェアコンサルタントなどの業種を経てロッキードに勤務します。
そして、自分のコンピュータがウィルスに感染したことがきっかけでウィルス対策ソフトの開発をします。

自分自身が必要に迫られて、だったのですね~。

1987年にはマカフィーアソシエイツを設立します。

会社は成長を遂げ、誰もが知るセキュリティソフトの会社となったわけですが、2007年のリーマンショックに始まる世界金融危機の影響で会社は下降してしまいます。
ピーク時は1億ドルあった個人資産は400万ドルまでになってしまったそうです。

プライベートではヨガに精通し、インストラクターでもあり関連本も執筆しています。

スキャンダラスな人生

ここまではITで大儲けした時代の寵児、といった風情ですが、面白いのはここからです。

2008年頃からマカフィーはベリーズのリゾート地、アンバーグリス・キー島に住んでいました。
現地では、銃の愛好家で若い恋人がいる変わり者だという評判でした。

当時60代のマカフィーですが、恋人は20歳。
親子ほどの年の差ですよね~。

2011年にマカフィーの隣りに住むアメリカ人男性が銃で撃たれ死んでいるのが発見されました。
マカフィーは被害者と揉めていたため、重要参考人として指名手配されました。

マカフィーはその前に武器を不法所持し、薬物依存者でもあったので、疑われますよね~。
実際、マカフィーは武器の不法所持と薬物の製造で身柄を拘束されたり家宅捜索されたりしています。

行動もなかなかぶっ飛んでいて、亡くなった隣人に自分の飼い犬が毒をもられていると思って自分で犬たちを射殺したとのこと。
もし本当に毒をもられいてるとしても、射殺する??

殺人の指名手配で捜査されていた時は、自宅の敷地内で砂の中に体を埋めて顔はダンボールを被って隠れていたそう。
その後は若い恋人と逃走し、ガテマラで不法入国の疑いで勾留されたそう。

亡命申請したそうですがそれは却下。
しかしベリーズへの引き渡しはされずアメリカに強制送還されたそう。

ここで一件落着、落ち着いた生活をしているのかと思えば最近では「暗殺未遂にあった」「犯人の情報提供に5,000ドル支払う」などツイートしていて変わらず刺激的に生きているようです。

仮想通貨の伝道師

ここまでだとすごいアウトローな人なんだな、という印象ですが、プログラマーだけあって近年では仮想通貨に一家言持ち、マカフィーのツイートは注目されています。

ツイッターで仮想通貨についてつぶやくとその通貨が急上昇することからマカフィーのツイートは「マカフィー砲」と呼ばれ注目されています。

中でも注目されているツイートは「ビットコインの価格は2020年12月31日に100万ドルになる」というもの。

2020年ってすぐですよね~。
気になります!

『King of the Jungle(原題)』のキャスト

マイケル・キートン/ジョン・マカフィー

この投稿をInstagramで見る

Michael Keaton Fansさん(@michaelkeatonfans)がシェアした投稿

ジョン・マカフィーを演じるのはマイケル・キートンです。

マクドナルドの展開を描いた『ファウンダー』がすごくよかったので、本作のジョン・マカフィー役もすごく期待できます。
『ファウンダー』の時よりももっとマカフィーのほうが狂気じみてそうですが^^;

代表作は『ビートルジュース』『バットマン』シリーズ『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』など。

セス・ローゲン/アリ・ファーマン

この投稿をInstagramで見る

Sethさん(@sethrogen)がシェアした投稿

セス・ローゲンが演じるのは、WIRED誌の報道記者アリ・ファーマンです。

セス・ローゲンはコメディのイメージが強いですが、ぶっ飛んだマカフィーを取材するなら常識的な役でしょうか。

代表作は『40歳の童貞男』『スーパーバッド/童貞ウォーズ』『無ケーカクの命中男 ノックトアップ』『グリーン・ホーネット』など。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

Sponsored Link


フォローする