是枝監督映画LaVeriteの意味は?あらすじとキャストを紹介!

家族

『万引き家族』をきっかけに世界中から注目されることとなった是枝裕和監督ですが、2019年には新作『La Verite(仮題』が公開されます。
タイトルはどのような意味なのでしょう。
あらすじと豪華なキャストについても紹介します!

Sponsored Link

『LaVerite(仮題)』の作品情報

【原題】LaVerite
【劇場公開日】2019年10月
【製作年】2019年
【製作国】フランス・日本合作
【配給】ギャガ
【監督】是枝裕和

『LaVerite(仮題)』のあらすじ

フランスのスター女優とその娘が再会します。

女優である母は自己中心的。
娘はアメリカに住み、いい関係ではありません。

その母娘の愛と憎しみが露わになっていく、というストーリーのようです。

『LaVerite(仮題)』の意味

Sponsored Link
現在は仮題ではありますが、タイトルの「La Verite」とはフランス語で「真実」という意味です。

母と娘の関係を表すものだと思うのですが、現在のところはまだ情報が少なく詳細はわかりません。

情報がわかりましたら更新しますね!

『LaVerite(仮題)』のキャスト

カトリーヌ・ドヌーブ

スター女優である母親役を演じるのはカトリーヌ・ドヌーヴです。
自身がスター女優なので地でいけるのかしら、と思ったら役とはかけ離れているそう。

代表作は『ロシュフォールの恋人たち』『悪徳の栄え』『シェルブールの雨傘』『昼顔』など。
個人的には『インドシナ』がインパクトありました。

ジュリエット・ビノシュ

スター女優の娘役を演じるのはジュリエット・ビノシュです。
いくつになっても若々しく変わらないなぁ、という印象。

代表作は『存在の耐えられない軽さ』『汚れた血』『ポンヌフの恋人』『イングリッシュ・ペイシェント』など。
個人的に好きなのは『ダメージ』
残酷な感すらある「運命の女・魔性の女」がよかったです。

>>映画ダメージのフル動画を無料で視聴する方法!パンドラやデイリーモーションは危険?

イーサン・ホーク

この投稿をInstagramで見る

Ethan Hawkeさん(@ethanhawke)がシェアした投稿

まだどんな役柄かはわかりませんが、イーサン・ホークも出演します。

是枝監督が直接お話したそうで、イーサン・ホークも監督業をしているので演技の引き出し方などをお話されたとのこと。
そういったことも、出演につながっているのかもしれませんね!

代表作は『いまを生きる』『ガタカ』『チェルシー・ホテル』『6才のボクが、大人になるまで。』『恋人までの距離』三部作など。

リュディビーヌ・サニエ

この投稿をInstagramで見る

Ludivine Sagnierさん(@ludivinesagnier)がシェアした投稿

リュディビーヌ・サニエも現在は役どころがわかりませんが、出演しています。

子役からキャリアをスタートし、『焼け石に水』『8人の女たち』『ピーター・パン』など出演作多数。
個人的に『スイミングプール』がよかったです!

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

Sponsored Link


フォローする