ローレンシモンズとは?NYSE最年少女性のトレーダーが映画化!

ローレン・シモンズ

ニューヨーク証券取引所で働く、最年少で唯一の女性がいます。
そんな映画が作られますが、彼女は実在の人物なのです。
一体どんな人物なのか調べてみました!

Sponsored Link

ローレンシモンズとは?

View this post on Instagram

Lauren Simmonsさん(@lasimmons)がシェアした投稿

ローレン・シモンズは2016年にケネソー州立大学を卒業し、現在24歳の女性です。
遺伝学の学士号と統計学の修士号を取得していたので、医療分野で働くためニューヨークに来ました。

しかし、数学が好きだった彼女は財務の仕事を探します。
数学は彼女にとって普遍的な言語だったようです。

そしてLinkeInを通じてローゼンブラット・セキュリティーズに応募します。
ローゼンブラット・セキュリティーズに採用されるには、ニューヨーク証券取引所(NYSE)のトレーダーとして必須の難関「シリーズ19」に受からなければいけません。
試験までは1ヶ月しか準備期間しかありませんでした。

合格率20%という難関でしたが、ローレン・シモンズのチャレンジはすごいです!
「80%の人は落ちてしまうとしても、私は20%の方しか見ていません。
皆が難しいテストだから合格できなくても仕方ない、と言っているけれど、私は自分がそれを乗り越えられると証明する必要があった。だからそれをやったの」と言います。

ローレン・シモンズはその通り実践し、ローゼンブラット・セキュリティーズに就職しました。

NYSEには50年前には女性用トイレがありませんでした。
今でも男性用トイレより遠くにあるそうです。
そのことが物語るように、男性社会で一人で女性が働くのは難しいことが多いでしょう。
だからこそ、映画にもなるのですよね。

しかも、それを最年少でアフリカ系の女性がやってのけたとなると世間の注目を集めますね。
トレーディングの才能があり、しかもこれだけ美しいとなると今後も目が離せません(^^)

映画でのローレン・シモンズ

View this post on Instagram

Lauren Simmonsさん(@lasimmons)がシェアした投稿


映画ではローレン・シモンズの役を『DOPE ドープ!!』『ネイバーズ2』のカーシー・クレモンズが演じます。

映画の情報はまだ少ないので、分かり次第記事にしますね!

ローレン・シモンズはこの映画のプロデューサー、コンサルタントも努めます。
きっとNYSEでの様子がよりリアルに表現されるでしょうね。

ローレン・シモンズは、この映画によって多くの人々が目標を達成していけるように願っているとのこと。
自分のストーリーが他の若い女性、有色人種の女性たちをインスパイアできれば、と思っているようです。

自分の成功だけでなく、他の人々をも奮起させようとしているローレン・シモンズは本当に素敵だなぁと思います。

まとめ

・ローレン・シモンズはNYSEで最年少の女性トレーダー。
・映画化でのローレン・シモンズ役を演じるのはカーシー・クレモンズ。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

Sponsored Link


フォローする