映画十二人の死にたい子どもたちの原作は?映画を見た方はこちらも!

十二人の死にたい子どもたち

映画『十二人の死にたい子どもたち』はタイトルからも興味がわきますし、キャストも豪華で多いに惹かれます。
原作についても気になりますが、どのようなものなのでしょうか。

Sponsored Link

『十二人の死にたい子どもたち』の作品情報

【劇場公開日】2019年1月25日
【製作年】2019年
【製作国】日本
【配給】ワーナー・ブラザース映画
【監督】堤幸彦
【キャスト】杉咲花、新田真剣佑、北村匠海、高杉真宙、黒島結菜、橋本環奈、吉川愛、萩原利久、渕野右登、坂東龍汰、古川琴音、竹内愛紗、とまん

あらすじ

閉鎖された病院を舞台に、それぞれの理由で安楽死をするため集まった12人の少年少女が、そこにいるはずがない13人目の少年の死体を見つけたことから始まる犯人捜しと、その過程で少年少女たちの死にたい理由が徐々に明らかになっていくことで、変化していく人間関係や心理を描いた。
引用元:映画.com

映画『十二人の死にたい子どもたち』の原作

映画『十二人の死にたい子どもたち』の原作は冲方丁の同名小説です。

冲方丁はSF小説を得意とする作家です。
代表作には『マルドゥック・スクランブル』『天地明察』『光圀伝』などがあります。

ですが、今回の『十二人の死にたい子どもたち』は前述のあらすじでもおわかりの通りSFではないのです。
密室での犯人探しをするうちに明らかになる人間心理を描いています。

本作は直木賞候補にもなり、高く評価されました。

映画をご覧になった方の感想を読んでいると「原作を読みたい!」という方が多いですね。
私は映画を見てませんが、原作は読みたいなぁ、と思っています。

原作の詳細ははこちらから↓
『十二人の死にたい子どもたち』冲方丁

まとめ

映画『十二人の死にたい子どもたち』の原作は冲方丁の同名小説。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

Sponsored Link


フォローする