ナイトクローラーのネタバレと感想!ラスト結末の意味を考察

ナイトクローラー

アカデミー賞にノミネートされた『ナイトクローラー』は主人公演じるジェイク・ギレンホールの演技が光っていましたね!
最後までグイグイ引き込まれますね。
そんな『ナイトクローラー』のネタバレと感想、ラストの意味を紹介します!

Sponsored Link

『ナイトクローラー』の作品情報

【原題】Nightcrawler
【劇場公開日】2015年8月22日
【製作年】2014年
【製作国】アメリカ
【配給】ギャガ
【監督】ダン・ギルロイ
【キャスト】ジェイク・ギレンホールルイス、レネ・ルッソ、リズ・アーメッド、ビル・パクストン

あらすじ

まともな仕事にありつけず軽犯罪で日銭を稼ぐ男ルイスは、偶然通りかかった事故現場で報道スクープ専門の映像パパラッチの存在を知り、自分もやってみようと思い立つ。早速ビデオカメラを手に入れたルイスは、警察無線を傍受して事件や事故の現場に猛スピードで駆けつけ、悲惨な映像を次々と撮影していく。過激な映像で高額な報酬を得るようになったルイスは、さらなるスクープ映像を求めて行動をエスカレートさせていき、ついに一線を越えてしまう。
引用元:映画.com

『ナイトクローラー』のネタバレ

Sponsored Link
ここからはネタバレになります。
映画をご覧になっていない方はご注意下さいね。

ルイスは仕事につけず窃盗を繰り返してどうにか生活していました。
ある時自動車事故の現場に偶然出くわします。

そこには事故の映像を撮影し販売する「ナイトクローラー」と呼ばれる報道パパラッチがいました。

興味を持ったルイスは窃盗で得た金でビデオカメラと警察の無線を受信する機材を入手すると強盗犯の襲撃後の現場を撮影し、テレビ局に売ります。

その動画を買ったディレクターのニーナはもっと過激な映像を求め、更に「裕福な白人が被害者の暴行事件」が求められるとアドバイスします。

自分の撮った映像がニュースで流れたのを見て満足気なルイス。
手応えを感じるとアシスタントに応募してきたリックを雇います。

より刺激的な映像を撮るために不法侵入をしたり、遺体を動かしたりと犯罪行為にも手を染めていきます。

ルイスは儲けた金でより性能のいい撮影機材と車を購入し、ネットでノウハウを仕入れるとナイトクローラーとして成功へ向かいます。

同業者からも評価され、一緒に組もうと誘われますがルイスは断ります。
しかもそのライバルの車に細工をして事故を起こさせるとその映像を撮影して販売します。

ルイスはスクープ映像を餌にニーナに関係を迫り断られますが、視聴率がほしいニーナは結局応じることになります。

その後、ルイスとリックは高級住宅街で起きた殺人の現場に警察より早く駆けつけました。

犯人の逃走車両を物陰から撮影すると、住宅に侵入して被害者の遺体も撮影してしまいます。

ルイスはその映像をニーナの所に持っていくと15,000ドルを要求し、更に局内に自分の存在を知らせろと迫ります。

番組のスタッフはその映像の放送を反対しますが、視聴率を求めるニーナは放送に踏み切ります。

しかし、この映像が流れたことでルイスは警察から取り調べを受けます。
嘘の証言でなんとか乗り切るルイス。

そして、犯人の家を突き止めると尾行し、スクープを狙います。

一方のリックは自分の待遇に不満を持っていました。
ルイスの交渉術を真似て、そのルイス本人を脅すように報酬の山分けを要求します。

ルイスは山分けに同意し、撮影に挑みます。
警察に「犯人は銃を持っている」と嘘の通報をし、銃撃戦を狙います。

狙った通り犯人と警察の銃撃戦が始まり、ルイスとリックは撮影します。

しかも、犯人はまだ銃を持っているのにルイスは「犯人は死んだから正面から撮影しろ」とリックに指示し撮影させます。

リックは犯人に撃たれ死んでしまいます。

ルイスは自分を脅したリックを犯人に殺させたのでした。
その様子をカメラに収め、犯人は警察に射殺されました。

一連の映像をスクープとしてニーナに渡すと彼女は絶賛し、狂信的にルイスに心酔します。

警察は事件の証拠品として映像の提出を要求しますがニーナは断ります。
ルイスは取り調べを受けますが最後までシラを切り釈放されました。

そして、ルイスは新人を雇い入れると事業を拡大を目指しました。

『ナイトクローラー』のラスト結末の意味

最後は名言がたくさん出てきます。
犯人に銃で撃たれたリックに向かってルイスは冷静にこう言い放ちます。

ナイトクローラー

「信用できない従業員を雇い続けることで
会社の成功を逃すわけにはいかない」

もう死ぬとわかっているのに、冷酷です。

そして、大きなスクープを持ってきたことでニーナを心酔させ、彼女も変えてしまいます。
同僚がニーナを避難すると、彼女はこう言います。

ナイトクローラー

「彼は皆をレベルアップさせたの」

確かに意識を変えたことは間違いありませんが(皆というよりニーナを、ですが)それを「レベルアップ」と呼んでいいかは謎。
でも、この言葉はルイスの大きな影響力を表しています。

不気味なのはその後です。
警察で取り調べを受けるルイスですが、平然と嘘をつきます。
証拠がないので罪を問えない警察に対し

ナイトクローラー

「人の破滅の瞬間に僕は顔を出す」
と言い、自分が写っている監視カメラに向かってニヤリと笑うのです。

ナイトクローラー

ここまで狡猾で堂々としているとゾッとします。

このセリフがルイスを的確にあらわしていると思います。
ルイスはどうすれば無職から成功へと這い上がれるか、人が何を求めているかに気づいて実践してきました。

「人の破滅」なんて恐ろしいことですが、それを見たいと思う人々がいるのも確かだし、だからこそ高い値で映像が売れるのです。
人間の倫理に響く言葉だし、この映画の根幹を表しているなぁと思います。

そして、事業拡大のために雇った新人に対し
「指示に忠実に従うことがスキルアップの近道。
時には戸惑い不安になるだろう」
と言います。

続けて
「僕がしないようなことは
諸君に求めない」
というのです。

リックを犯人に殺させたにも関わらず、です。
顔色一つ変えずにそういうルイスに圧倒されます。

『ナイトクローラー』の感想

とにかくジェイク・ギレンホールの演技に引き込まれます。
この役のために12kgも痩せて挑んだとか。

元々大きな目が、痩せて強調されてギラギラしています。
不健康なナイトクローラーそのものに見えるのは、そういった見た目だけでなく野心的なルイスになりきっているからでしょうね。

凄みさえ感じるルイスの狂気的な様子は怖いのですが、彼が運んでくるニュースに釘付けになるのは「人の破滅の瞬間に僕は顔を出す」というルイスのセリフに象徴されるように、人間がつい「人の不幸」を見てしまうから。

倫理に問いかけられ、不快ながらもルイスから目が離せませんでした。

不謹慎ながら「面白い」映画でした。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

Sponsored Link


フォローする