若草物語グレタガーウィグ版のキャストを紹介!ティモシー・シャラメも出演?

フィルム

数年前から企画されている『若草物語』の6度目の映画化ですが、ようやく監督・キャストが決まりつつあるようです。
現在わかっている情報を紹介しますね!

Sponsored Link

『若草物語』の作品情報

【原題】Little Woman
【製作国】アメリカ
【配給】コロンビア・ピクチャーズ

『若草物語』はこれまで5回映画化され、テレビドラマやアニメ化もされてきました。
今回6度目の映画化となるわけですが、この映画化のニュースは2013年くらいから報じられているんですよね。

当初はソニー・ピクチャーズが映画化、と報じられていましたがいつそうなったのかはわかりませんがコロンビア・ピクチャーズ配給となったようですね。

現在も劇場公開日は明確にされていないのですが、やっと監督やキャストの一部も明らかになったので一歩前進ということでしょうか。
これだけゆっくり企画が進んでいるのは、それだけ力を入れた大作になる、ということなのでしょうね。
楽しみです!

『若草物語』のあらすじ

Sponsored Link
19世紀後半のアメリカ、南北戦争の従軍牧師として父が出征したマーチ家では母と4人姉妹が慎ましくも明るく暮らしていました。
お隣りのローレンス家との交流や姉妹それぞれの成長、家族の愛情が描かれます。

『若草物語』の監督は?

グレタ・ガーウィグ

監督は当初ソニー・ピクチャーズが配給を予定していたころは『アウェイ・フロム・ハー 君を想う』『テイク・ディス・ワルツ』を監督した女優のサラ・ポーリーにオファーしていたようです。

現在は、脚本のリライトを予定していたグレタ・ガーウィグが監督することが決定しました。

グレタ・ガーウイグといえば『レディ・バード』が高く評価されアカデミー賞にもノミネートされたことは記憶に新しいです。
その成功が『若草物語』の監督へとつながったようです。

『若草物語』のキャスト

シアーシャ・ローナン/ジョー

シアーシャ・ローナン

四姉妹の次女で物語の中心となるジョーを演じるのはシアーシャ・ローナンです。
『レディ・バード』で主演し、監督グレタ・ガーウィグにも信頼されているのでしょうね。
本作でも監督とのタッグとなるのでまた相性の良さを見せてくれそうです。

シアーシャ・ローナンのプロフィールについてはこちらに詳しく書いてあります↓
>>シアーシャローナンの彼氏は歌手?恋人は俳優?プロフィールと出演作も紹介!

エマ・ワトソン/メグ

Emma Watsonさん(@emmawatson)がシェアした投稿

四姉妹の長女メグを演じるのはエマ・ワトソンです。

当初はエマ・ストーンの出演が決定していましたが、プロモーション活動のため急遽降板。

エマ・ワトソンが演じることになりました。

エマ・ワトソンは、『ハリー・ポッター』シリーズのハーマイオニー役で有名ですが、子役から成長して『ウォールフラワー』『美女と野獣』『ブリングリング』『ザ・サークル』とその後も女優として順調に活動しています。

フローレンス・プー/エイミー

Florence Pughさん(@florencepugh)がシェアした投稿

末っ子エイミーを演じるのはイギリス出身のフローレンス・プーです。

1993年の『若草物語』では当時子役のキルステン・ダンストが演じていました。
本作では四女を演じるのが現在22歳のフローレンス・プーなので、設定が年齢層高めなのでしょうか。
もしくは子供時代から成長後も同一女優が演じるためなのかと気になります。

フローレンス・プーは『Lady Macbeth(原題)』『トレイン・ミッション』『Fighting with My Family(原題)』などに出演し、今後が注目される女優の一人です。

メリル・ストリープ/マーチ夫人

メリル・ストリープ

マーチ家のお母さんで父親の不在中一家を支えるマーチ夫人にオファーされているのはメリル・ストリープです。

こちらはまだ確定ではないみたいですね。
『若草物語』のクラシカルな雰囲気を一層格調高くしてくれそうです(*^^*)

ティモシー・シャラメ/ローリー

ティモシー・シャラメ

お隣りのローレンス家の一人息子ローリーにオファーされているのはティモシー・シャラメです。
こちらもまだ確定ではないみたいですね。

監督のグレタ・ガーウィグ、ジョー演じるシアーシャ・ローナンとは『レディ・バード』でお馴染みです。
今回も息があったところを見せてくれるのでは、と思います。

ティモシー・シャラメについてはこちらの記事にまとめてあります。
>>ティモシーシャラメのプロフィールと出演映画は?

まとめ

・『若草物語』の監督はグレタ・ガーウィグ、キャストも豪華!

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

Sponsored Link


フォローする