映画『ギフテッド』のラスト結末!ネタバレで感想と考察も

少女

『ギフテッド』(原題: Gifted/2017年公開)を見ました!

天才少女を育てる主人公の葛藤と二人の絆にとても感動しました…!

ラスト・結末をネタばれありで解説、感想と考察も書いています。

未視聴の方はご注意ください。

Sponsored Link

『ギフテッド』基本情報

 

この投稿をInstagramで見る

 

Gifted Movie(@giftedmovie)がシェアした投稿

原題:Gifted

制作国:アメリカ

配給:フォックス・サーチライト・ピクチャーズ

監督:マーク・ウェブ

キャスト:クリス・エヴァンス

マッケンナ・グレイス

リンゼイ・ダンカン

ジェニー・スレイト 他

あらすじ

自殺した天才数学者の姉・ダイアンの娘・メアリーを育てるフランク。

メアリーは母の才能を受け継ぎ、7歳にして類稀なる数学の才能を発揮します。

しかし、普通に育ててほしいという姉の願いの通りにメアリーを育てようとするフランクは、一般の学校に通わせます。

それに対し、母・イヴリン(メアリーの祖母)は反発。

娘が成し遂げられなかったナビエ・ストークス方程式の証明をメアリーなら証明できるかもしれない、

そう考えるイヴリンは、フランクとメアリーを離れさせ、ギフテッドのための学校に転校させようと訴訟を起こします。

『ギフテッド』のラスト・結末をネタバレ

メアリーを里子に

訴訟の結果、和解しましたが、メアリーを里子に出すことになります。

船の修理で生計を立て、逮捕歴もあるフランクは、このままでは訴訟に負けてしまうと思い、訴訟で負け親権を失うのを避けたのです。

和解の条件の一つは、メアリーが12歳になったとき、メアリーの意志でフランクと里親のどちらと暮らすかを選ぶことが出来るというものでした。

しかし、「ずっと一緒にいよう」と約束していたのに、引き離されたことにメアリーはショックを受け、定期的なフランクとの面会も拒否するようになります。

悲しみに暮れるフランク。

メアリーの元担任でフランクの恋人・ボニーのことも拒んでしまいます。

猫が保健所に

 

この投稿をInstagramで見る

 

Gifted Movie(@giftedmovie)がシェアした投稿


しかし、ある日ボニーがメアリーが大切にしていた猫・フレッドが保健所に入れられたことを発見します。

猫アレルギーのイヴリンの仕業でした。

その日に殺処分になるところだったフレッドを間一髪で取り戻し、フランクは里親の元へ

そこにはイヴリンもおり、不法侵入だと声を荒げます。

ダイアンの方程式

そんなイヴリンにフランクは、姉・ダイアンが密かに隠していた、例のナビエ・ストークス方程式の証明を見せます。

イヴリンに反抗していたダイアンは、母の死後に公表してほしいとフランクに託していたのでした。

ダイアンの徹底的な反抗心に涙を流すイヴリン。

フランクは論文を発表する代わりにメアリーの養育権を主張、無事メアリーはフランクの元に戻ります。

最後は、メアリーが大学で数学を学びながらも、放課後は前の学校の友達と楽しそうに遊ぶという場面で物語は終わりを迎えます。

『ギフテッド』の感想・考察

ヒーローじゃないクリス・エヴァンス

 

この投稿をInstagramで見る

 

Gifted Movie(@giftedmovie)がシェアした投稿

大人気マーベル映画『キャプテンアメリカ』シリーズのクリス・エヴァンスが

姪を一人で育てる役を演じるということでも注目を集めた本作。

私もアクション映画以外でクリス・エヴァンスを見るのは初めてだったのでとても新鮮でした!

甥と姪という、本当の親子ではない関係にもかかわらず、お互いがお互いを心から愛し信頼している二人に終始感動しっぱなしでした…!

愛ゆえの衝突と葛藤

 

この投稿をInstagramで見る

 

Gifted Movie(@giftedmovie)がシェアした投稿


主人公フランクは、メアリーのことを離したくないし姉の望み通りに普通の子と同じように育てたい

それがメアリーのためになると信じているものの、母はそれを必死に拒もうとする…。

 

序盤でメアリーの才能に気づいた学校の先生がギフテッドのための学校に転校を薦める場面で

フランクは「あのような学校にいい思い出はない」といった発言をしています。

きっとフランク自身も天才児であったため、そのような所に通っていたのでしょう。

自分や姉のような学生生活は送ってほしくないというフランクの強い願いが伝わります。

 

姉は母に強い反抗心があったようですが、このような子ども時代が大きく関係しているに間違いありません。

メアリーを里子に出したシーンは本当に切なかったです。

 

自分の本当の子供のように思っていたメアリーを手放さなければならない辛さがひしひしと伝わってきました。

自分の無力さを責めるフランクは、まさに父親そのものでした。

子役マッケンナ・グレイスが素晴らしい!

 

この投稿をInstagramで見る

 

Gifted Movie(@giftedmovie)がシェアした投稿


また、メアリー役のマッケンナ・グレイスの熱演にも注目です。

天才ながらも7歳らしい子どもっぽさも兼ね備えたメアリーを見事に演じ切ってきます。

里子に出た後、フランクがメアリーを取り返しに来た場面でフランクに対し怒る姿には本当に心が動かされます。

信頼していたのに裏切られた悲しみ、怒り、でもフランクの元に戻れることへのうれしさ…。

天才児としてそのようないろいろな感情を爆発させる姿は本当に素晴らしかったです。

二人の好演に涙すること間違いなしの大作です。

まとめ

以上、『ギフテッド』についてお伝えしました。

ぜひこの映画を見て二人の愛に癒されましょう!

Sponsored Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください