バリーシールでトムクルーズがかけたサングラスは?トップガンとは違う?

バリーシール

映画『バリー・シール』ではトム・クルーズがぶっ飛んだパイロットを演じていましたね!
劇中トム・クルーズがかけていたサングラスが気になった方もいるのではないでしょうか。
そういえば『トップガン』でもパイロット役だったけれど、あの時のサングラスは何だったかしら、と気になったのでそちらも調べてみました!

Sponsored Link

『バリー・シール』で使われたサングラスは?

バリーシール

ツーブリッジが特徴的なこのサングラスはランドルフ・エンジニアリングアビエーターです。

 

ランドルフ・エンジニアリングは米空軍に採用されているメーカーです。

 

アビエーターはパイロット向けに作られたもので、ヘルメットを被った時に接触しても壊れないようにブリッジの耐久性を高めツーブリッジ(ダブルブリッジ)になっています。

 

軍隊だけでなく、ランドルフ・エンジニアリングのサングラスはNASAでも採用されているそうです。
それだけ品質がよいということですね!

 

 

ランドルフ・エンジニアリング アビエーターについてはこちら
>>randolph ランドルフ ファッション 男性用アクセサリー サングラス randolph aviator-58-mm

『トップガン』で使われたサングラスは?

トップガン

トム・クルーズ、パイロットと聞いて思い出すのは『トップガン』ですよね。
『バリー・シール』よりさらにサングラスの印象が強かったと思います。

 

『トップガン』がヒットした当時、MA-1が流行したのは覚えているけれど、サングラスを買った男性も多かったはず。

そのサングラスはこちら。

 

 

Ray-Ban(レイバン)アビエーターです。

 

ランドルフ同様アメリカ空軍に採用されています。
なんせ『トップガン』ですからね(^^)

 

やはりツーブリッジでランドルフより縦長な感じのティアドロップ型です。

 

日本では西部警察の大門のトレードマークとして有名ですね。

 

ランドルフのアビエーターに比べてお手頃なんだなぁ、と思ったら現在はアメリカ製ではないようです。

 

イタリアのルックスオティカ社に買収され製造が変わり比較的安価になっているみたいです。

 

昔と同じしっかりした作りで安くなっているのならいいことですが、品質が変わっていないのか気になりますね。

 

Ray-Ban(レイバン)のアビエーターについてはこちら
>>レイバン サングラス アビエーター Ray-Ban RB3025 L0205 58サイズレイバン RAYBAN AVIATOR LARGE METAL ラージメタル ツーブリッジ ダブルブリッジ ティアドロップ ICONS アイコン メンズ レディース

まとめ

・『バリー・シール』でトム・クルーズがかけていたサングラスはランドルフ・エンジニアリングのアビエーター・
・『トップガン』ではレイバンのアビエーターをかけていた。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

>>映画バリーシールの妻ルーシー役サラライトとはどんな女優?

>>バリーシールとはどんな人物?生涯と死因、エスコバルとの関係は?

Sponsored Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください