メリーポピンズ【続編】リターンズのあらすじと日本公開日、キャストを紹介!

メリー・ポピンズ
『メリー・ポピンズ』の続編が『メリー・ポピンズ・リターンズ(原題)』として、なんと半世紀ぶりに公開されます!
前作ではアニメーションと実写が合わさるという当時としては画期的で楽しい映画になり、子供の時に見て覚えている方も多いと思います。
現在の技術でより見応えのある映画として「リターンズ」しそうですよね!
気になるあらすじ日本公開日キャスト予告編を紹介します。

Sponsored Link

『メリー・ポピンズ・リターンズ(原題)』の作品情報

【原題】Mary Poppins Returns
【製作年】2018年
【製作国】アメリカ
【配給】ディズニー
【監督】ロブ・マーシャル

『メリー・ポピンズ・リターンズ(原題)』のあらすじ

Sponsored Link

原題に「リターンズ」とある通り、『メリー・ポピンズ』の続編となっています。
前作では子供だったバンクス家の長女ジェーンと長男マイケルは成長し子供もいました。
しかしロンドンは大恐慌時代。
皆はすっかり希望を失っていました。
そこにメリー・ポピンズが再び訪れます。
メリー・ポピンズは彼らの希望を取り戻すよう手伝います。

『メリー・ポピンズ・リターンズ(原題)』の日本公開日は?

メリー・ポピンズ

アメリカでの公開は2018年12月25日に決定しました。

アメリカではクリスマス休暇向けの映画のようですね。

日本での公開日は2019年となっています。

映画の内容も冬なので、日本でも年明け早々に公開ではないかと思います。

詳細がわかりましたら更新しますね!

『メリー・ポピンズ・リターンズ(原題)』の予告編を紹介!


※字幕はありません。

風の強い日、凧と共にメリー・ポピンズが再びやってくる、というそれだけの映像なのに物語がこれから始まる、という予兆を感じさせてくれる予告になっています。
本編を見るのが本当に楽しみです!

『メリー・ポピンズ・リターンズ(原題)』のキャスト

エミリー・ブラント/メリー・ポピンズ

エミリー・ブラント

メリー・ポピンズを演じるのは『プラダを着た悪魔』でブレイク後『ジェイン・オースティンの読書会』『オール・ユー・ニード・イズ・キル』『ガール・オン・ザ・トレイン』など色々なジャンルの映画で活躍するエミリー・ブラントです。

2018年は『クワイエット・プレイス』も大ヒットし、まだまだエミリーの躍進は続きそうですね!

>>クワイエットプレイスの日本公開日とあらすじは?キャストも紹介!

リン=マヌエル・ミランダ/ジャック

リン・マニュエル=ミランダ

メリー・ポピンズの友人で点灯夫ジャックを演じるのはリン=マヌエル・ミランダです。
ブロードウェイミュージカル『イン・ザ・ハイツ』『ハミルトン』で作曲・作詞・主演を務めるなど作曲家・劇作家・作詞家・俳優・ラッパーとして活躍しています。
『モアナと伝説の海』では主題歌「How Far I’ll Go」など全11曲を手掛けています。
本作でも音楽での参加もするのではないでしょうか。

コリン・ファース/ウィリアム・ウェザラル・ウィルキンス

コリン・ファース

コリン・ファースが演じるのはフィデリティ信託銀行の社長です。
出演作は『恋におちたシェイクスピア』『ブリジット・ジョーンズの日記』シリーズ『真珠の耳飾りの少女』『シングル・マン』など。

メリル・ストリープ/トプシー

メリル・ストリープ

メリー・ポピンズのいとこトプシーを演じるのはメリル・ストリープです。
新キャラクターですが、ジャックと共にメリー・ポピンズの力になるのでしょうか。

出演作は『クレイマー・クレイマー』『ソフィーの選択』『マディソン郡の橋』『プラダを着た悪魔』など多数。

ベン・ウィショー/マイケル

ベン・ウィショー

成長したマイケルを演じるのは、ダニエル・クレイグ主演「007」シリーズのQ役で知られるベン・ウィショーです。

出演作は『パフューム ある人殺しの物語』『ブライト・スター いちばん美しい恋の詩』『嘆きの王冠 ホロウ・クラウン リチャード二世』『パディントン』シリーズ(パディントンの声)など。

エミリー・モーティマー/ジェーン

エミリー・モーティマー

成長したジェーンを演じるのはエミリー・モーティマーです。

声が可愛く、『ハウルの動く城』のソフィー、『カーズ2』のホリーの声優を努めました。
他の出演作は『ノッティングヒルの恋人』『ラースと、その彼女』『シャッター アイランド』『レオニー』など多数。

ディック・ヴァン・ダイク

ディック・ヴァン・ダイク

前作『メリー・ポピンズ』では大道芸人バート役で出演したディック・ヴァン・ダイクは本作ではダウズJr.役で出演しています。

バート役の時はディズニーから直々に声をかけられての配役だったとのこと。
当時は『ディック・ヴァン・ダイク・ショウ』で人気を集めていました。

本作のダウズJr.がどんな役柄なのかはまだ不明です。
バートとは何も関係ない役なのか気になりますね。

出演作は『何という行き方!』『恋するパリジェンヌ』『チキ・チキ・バン・バン』『タバコのなくなる日』『天国から来たジャズマン』など多数。

まとめ

・『メリー・ポピンズ・リターンズ(原題)』の日本公開は2019年。
・メリー・ポピンズ役はエミリー・ブラント。他にもコリン・ファースやメリル・ストリープなど豪華キャスト。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

Sponsored Link


フォローする