ミニオンズは前作を見てないと内容がわからない?グルーとの出会いと繋がりは?

ミニオンズ

映画『ミニオンズ』は「怪盗グルー」シリーズを見ていないと内容を理解できないのでしょうか。
いきなり『ミニオンズ』だけ見ても楽しめるのか不安な人もいると思います。
そんな方のために『ミニオンズ』や「怪盗グルー」シリーズについて説明しますね!

Sponsored Link

映画『ミニオンズ』とは?

怪盗グルーの月泥棒

映画『ミニオンズ』は「怪盗グルー」シリーズの『怪盗グルーの月泥棒』『怪盗グルーのミニオン危機一発』の次に作られたスピンオフ作品となっています。
グルーシリーズに出てくるグルーの手下、うじゃうじゃいる謎の黄色い生命体ミニオンたちが主人公の映画です。
ちなみに、minion(ミニオン)とは「手先、子分」という意味なので、グルーにとってのミニオンたちの立場を表す言葉そのものですね!

『ミニオンズ』だけ見ても楽しめる?

ミニオンズ

『ミニオンズ』はスピンオフなので、ストーリーはグルーシリーズから独立しています。
ですので、グルーシリーズを見ずに『ミニオンズ』だけ見ても楽しめます(^^)
ネタバレにならない程度に書きますが、ミニオンたちがグルーに出会う前の物語です。
グルーシリーズを見て「ミニオンって何なの?」「なんでグルーと一緒にいるの?」と思っている人はぜひ見て下さい!
その謎が解けますよ(^^)

Sponsored Link

大人が見ても面白い?

ミニオンズ

「怪盗グルー」シリーズは、基本子供向けではあるものの、グルーが主人公なので親子で見て親も子も楽しめるようになっています。
ジブリ作品やディズニー映画を見るような感じで見られると思います。
それに比べると『ミニオンズ』は人間の言葉を話さないミニオンたちが主役で、ひたすらミニオンたちがはしゃぎまくっている感じなので、グルーシリーズに比べるともっと子供寄りです。
そういう意味では、まだ難しい言葉がわからない小さな子でも一緒に見られると思います。
我が家の話になってしまいますが、うちの子が3歳の時に見てもすごく喜んでました!
では、大人が見たらつまらないかというと、個人的にはグルーシリーズの方が好きですが、ミニオンが好きなら楽しめます(^^)

『ミニオンズ』の作品情報

ミニオンズ

【原題】Minions
【公開】2015年
【製作国】アメリカ
【配給】ユニバーサル・ピクチャーズ
【監督】ピエール・コフィン
【キャスト】()は日本語吹き替え
サンドラ・ブロック(天海祐希)、ジョン・ハム(宮野真守)、スティーブ・クーガン(宮野真守)、マイケル・キートン(設楽統)、アリソン・ジャネイ(LiSA)、マイケル・ビーティ(日村勇紀)、ケイティ・ミクソン(藤田彩華)、スティーヴ・カレル(笑福亭鶴瓶)、ジェフリー・ラッシュ(真田広之)、マイケル・ビーティ(山寺宏一)

あらすじ

人類が誕生するよりはるかに前からミニオンは海から生まれました。

最強最悪の悪党に仕えることが彼らの生きがいなのに、次々とボスを自分たちのドジで失ってしまいます。

ボスを失った失意のミニオンズは氷の洞窟に辿り着き、そこでミニオン文明を築きます。

しかし、その状況を打破しようと立ち上がるミニオンがいました。

ケビン、ボブ、スチュアートの3人が最強のボスを探しに洞窟から出ると、アメリカに渡り、ヒッチハイクで知り合った悪党一家と共に悪党大会に参加することになります。

『ミニオンズ』の第二弾が決定!

イルミネーション・エンターテインメントは新作アニメーションの公開スケジュールを発表し、『ミニオンズ』の第二弾となる続編は2020年7月3日(アメリカ)公開とのこと。
またミニオンたちが大暴れする姿が見られるのかと思うと今から楽しみです!

まとめ

・『ミニオンズ』はグルーシリーズを見ていなくても楽しめる。
・「怪盗グルー」シリーズより子供寄りの映画。
・ミニオンが好きなら大人も楽しめる!
・『ミニオンズ』の第二弾は2020年7月3日(アメリカ)公開。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

>>「ミニオンズ」の感想、あらすじ、ネタバレ、結末

Sponsored Link


フォローする