羊の木は映画予告だけで怖い?事件の犯人と結末はどうなる?

羊の木

映画『羊の木』が2018年2月3日に公開されますが、予告だけで怖いと評判です!

結末は映画オリジナルだそうですが、犯人は誰なのでしょうか。

記事内にネタバレはありません。

Sponsored Link

『羊の木』の作品情報

【劇場公開日】2018年2月3日
【製作年】2018年
【製作国】日本
【配給】アスミック・エース
【監督】吉田大八
【キャスト】錦戸亮、木村文乃、北村一輝、優香、市川実日子、水澤紳吾、田中泯、松田龍平、他

あらすじ

さびれた港町・魚深(うおぶか)に移住してきた互いに見知らぬ6人の男女。

市役所職員の月末(つきすえ)は、彼らの受け入れを命じられた。
一見普通にみえる彼らは、何かがおかしい。
やがて月末は驚愕の事実を知る。

「彼らは全員、元殺人犯」。

それは、受刑者を仮釈放させ過疎化が進む町で受け入れる、国家の極秘プロジェクトだった。

ある日、港で発生した死亡事故をきっかけに、月末の同級生・文(あや)をも巻き込み、
小さな町の日常の歯車は、少しずつ狂い始める・・・。

引用元:「羊の木」公式サイト

『羊の木』原作漫画についてはこちら
羊の木1巻【電子書籍】[ 山上たつひこ ]

Sponsored Link

予告が怖い?

私はテレビで予告を見て「面白そう!」と思ったのですが、「怖い!」との声も多いです。

その予告はこちらです。

確かに怖そうだけど、ホラーではなくサスペンスですよね。
個人的に「大きな魚の像」が気になります^^;

結末は原作と違う!犯人は誰?

原作ファンの方は、「どう映画化されるのだろう」とか「原作のイメージが壊れたらイヤだな」と思うかもしれませんね。

でも、ご安心を!

そもそも原作と映画では主人公をはじめ色々設定がちがいますし、何より結末は映画オリジナルだとのこと。

漫画『羊の木』を元に作られたオリジナルの映画、だと思って見たほうがいいかもしれません。

そう考えれば、原作との違いを比較して楽しめそうな気がします。

気になるのは、予告で語られる「やがて起きる新たな事件」の犯人ですよね!

結末が映画オリジナルということは、この犯人も原作とは違うのでしょうか。

『羊の木』感想まとめ

すでの試写などで映画を見た方の感想があったのでまとめてみました。

皆さん、見終わった後胸に残るものがあるようで、映画なんだなぁ、と伝わってきます。
私も見に行きたい!

主題歌「DEATH IS NOT THE END」

映画の感想と共に、主題歌が良かった、という声もありました。

「映画に合っている」「すごくいい!」と評判のこの曲は、ボブ・ディランのカバーで、ニック・ケイブが歌う「DEATH IS NOT THE END」です。

クレジットを見ている間って映画の余韻に浸ってますから、どんな曲が流れるかは重要ですよね!
ぴったりな曲がハマっていると、映画が一段といいものになりますね。

まとめ

・『羊の木』の予告は「怖い」と評判。

・原作と映画で結末が違う。

・主題歌はニック・ケイブの「DEATH IS THE NOT END」

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

>>羊の木の意味と原作は?不思議なスキタイの子羊とは?

Sponsored Link


フォローする