デスノート Light up the new worldが面白い理由

デスノートlightupthenewworld

テレビで『デスノート Light up the new world』が放送されたので見てみました。
面白かった点、つまらなかった点両方あり、つまらなかった理由はすでに書いたので今回は面白かった点について書きますね。
ネタバレありで書いていますので、映画を見ていない方はご注意下さいね。

Sponsored Link

『デスノートLight up the new world』の作品情報

【劇場公開日】2016年10月29日
【製作年】2016年
【製作国】日本
【配給】ワーナー・ブラザース映画
【監督】佐藤信介
【キャスト】東出昌大、池松壮亮、菅田将暉、藤井美菜、川栄李奈

『デスノート Light up the new world』が面白かった点

つまらなかった点では「デスノートがある意味が活かされていない」「6冊ルールの意味がない」ところが多く感じられたのですが、面白かった点はその逆にちゃんと活かされていたところです。

竜崎が毎日ノートの所有権の放棄・所有を繰り返す

竜崎は皆に黙ってノートを所有していましたが、怪しまれない理由として毎日ノートの所有権を放棄していたことが挙げられます。
記憶がなければうっかり口を滑らすこともないですからね。

でも、帰宅すると電気のスイッチの上にノートの切れ端が貼ってあり、そこに触れてノートの存在を思い出す、ということを繰り返していました。
ノートの切れ端を使うというのはオリジナル版でも使っていたことですが、自分自身に使うというのは新しいなぁ、と思いました。

三島の正体

実は、三島はノートの所有者で、今回のデスノートを巡った一連の事件の首謀者でした。

きっと、勘のいい方なら気づいたのでしょうが、私は普通に騙されました^^;
全然気づきませんでした!

先の「竜崎がノートの所有・放棄を繰り返す」という点は「ノートをうまく使っている」という程度ですが、この三島の設定は映画のストーリーが大きく変わるどんでん返しなので楽しめました。

しかも、ノートに触れて記憶を取り戻してもなお正義感が消えていない点が「new world」という言葉につながるようで、そこはよかったと思いました。

Sponsored Link

ミサの死

人の死なので、「面白かった」というより「よかった」点です。
ミサが自分でノートに「ライトの腕の中で死ぬ」と書いていたのは、ミサのライトへの想いの強さ、純真さが現れて、実際に死ぬシーンも美しく描かれていました

ただ…よかった点なのであまりツッコミたくはないのですが、「結局ライトの腕の中で死んでない」ということと、新世界を託している紫苑がキラのように賢くないので「こんな人に託して死ぬの?」という点が残念でした。

エンディング

冒頭にも書いたように私はテレビで見たのですが、私は見逃してしまったのか放送されていないのか、エンドロール後に中々衝撃的なエンディングがあったのですね。
後でそのことを知り、見ていたらもっと印象が変わっただろうと思いました。

最後に映像のキラが「計画通りだ」と笑うシーンが入るとのこと。
そのシーンが入るかどうかで、三島の印象が大分変わりますね。

三島はキラのような「自分の正義を貫くためなら犠牲は厭わない」という狂信的なところがない、わりと普通に正義感の強い警察官、というイメージでしたが、この最後のキラの映像で「そうではなかった」ということが示唆されます。

あー!なんで見逃した!?っていうか放送された?そこも確かめたい(-_-;)

まとめ

デスノート Light up the new world』が面白かった・よかった点
・竜崎が毎日ノートの所有権の放棄・所有を繰り返す
・三島の正体
・ミサの死
・エンディング

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

>>デスノートLight up the new worldがつまらない理由

Sponsored Link


フォローする