映画のヒットは興行収入いくらから?配分やP&A費とは?

フィルム

映画の宣伝を見ていると「興行収入○○の大ヒット!」など金額をいいますよね?
素人の私は大きな数字を見るとそれだけでヒットしているのかと思ってしまいます^^;
でも、実際のところいくらくらいの興行収入があればヒットと言えるのでしょうか
また、収入の配分はどうなっているのか、P&A費とは何かなど調べてみました!

Sponsored Link

興行収入の配分

興行収入いくらといっても、当然そのすべてが収益というわけではありません。
では配分はどうなっているのかといいうと、日本の場合ですが

50%が映画館の収入
50%が配給収入

だそうです。
ただし、配給収入のうち制作費やP&A費を差し引いた額が純利益となります。
その純利益を出資率に応じて分配するようです。

P&A費とは?

先の配分の計算に出てきたP&A費とは何なのでしょうか。

P=Print
A=Adevertise

つまりフィルムプリント代&宣伝費ということですね。

以上の「配分」や「P&A費」を踏まえて収入の目安を捉えていただければ、と思います。

Sponsored Link

ヒットの興行収入目安

フィルム

映画によって製作費違うので、一概にいくらとは言えないのですが、調べてみたところ、目安になる計算があったので紹介しますね!

10億円がヒットの目安

ヒットの目安の一つとして「10億円」という数字があります。

興行収入が10億円達成すればヒットと言えると考えられるようです。

先の計算でいくと、5億は映画館に、残り5億から制作費、P&A費を引いた額が配給元への利益、ということですね。

10億は最低ノルマ?

上記「10億円でヒット」と相反する意見になりますが、「10億は最低ノルマ」とも考えられているようです。
配給元の利益を計算を「興行収入の半分-(制作費+P&A費)」とすると、10億の興行収入って確かに多いとはいえませんよね。
制作費、P&A費にいくら使うかにもよるのでしょうが、5億がそう大きい金額とも思えません。
そうなると、10億なら「なんとかノルマは達成!」と言われても「確かにそうかも」と思えます。

ちなみに「10億を最低ノルマ」と考える場合、いくらがヒットと言えるかというと

20億!だそうです。

そして…

50億で大ヒット。

80億ならその年の代表作。

100億で映画史に残る代表作

200億は歴代○位という名作 (○は当然一桁です!)

と考えることができそうです。

興行収入÷スクリーン数

上記2つのヒットの目安は興行収入全体だけで考えていますが、別の考え方もあります。
数百という映画館で上映されるものもあれば、全国で100以下の映画もあります。
ですので、単純に収入全体で考えるのではなく、スクリーン数で考えましょうよ、というもの。
それが

興行収入÷スクリーン数

この計算で、1スクリーン平均の興行収入が1000万円を超えれば、大ヒットという目安だそうです。

そう考えると「単館上映」「ミニシアター系」と言われる映画の場合でも、ハリウッド超大作のようなお金をかけた映画とも十分戦えますね。
フェアな考え方と言えます。

映画自体が宣伝費?

シアター

「映画自体が宣伝費」なんて不思議なことを書いてしまってすみません^^;

でも、先に書いたように10億でヒットだとしても、配給元に入る5億のうち制作費、P&A費を引いた額が配給元への利益と考えると、配給元って実はあまり儲からないのでは…
というか赤字だって多いのではないかと思ってしまいます。

実際そういうことも多々あるようで、その後のレンタル収入、DVD/Bru-layなどの販売、テレビの放送権で利益を出すこともあるようです。
その場合は映画の上映にかかるお金は投資でその後に得られる収入が実収入というわけです。
今まであまり考えたことがありませんでしたが、なかなかシビアな世界なんですね。

100億超えても赤字の場合もある?

先の例で「100億で映画史に残る代表作」と書きましたが、ジブリの名作『風立ちぬ』は興行収入120億円を超えても赤字だそうです。
なぜ!?と思いますよね。

それは、やはり制作費だそうです。
『風立ちぬ』は2年かけて製作したそうですが、人件費だけでも膨大な金額だとか。
上記の「映画自体が宣伝費」の項で書いたように、レンタル収入、DVD/Bru-layなどの販売、テレビの放送権でようやく黒字だそうです。

そう考えると、「いくらでヒット」なんて本当にわからないものですね!

まとめ

・映画のヒットは10億円が目安。最低ノルマと考えるかヒットと考えるかは人に依る。
・興行収入÷スクリーン数=1000万円以上がヒットと考えることもできる。
・制作費が膨大な場合もあり、一概にいくらがヒットとはいえない。
・映画上映では赤字でもその後のレンタル収入、DVD/Bru-layなどの販売、テレビの放送権で利益を出すこともある。

今回の「ヒットの計算方法」や「興行収入の配分」などは素人の私が調べたものなので、必ずしも正解とは言えないかもしれません。ご参考程度にお考え下さいませ。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

Sponsored Link


フォローする