映画「タイピスト!」のあらすじ、感想、ネタバレ、結末

タイピスト

2012年公開、レジス・ロワンサル監督作品。

アテネ フランス映画祭、フランス映画祭で観客賞を受賞、他いくつもの映画祭で受賞、ノミネートされた。

Sponsored Link

あらすじ

1950年代のフランス、秘書は女性の憧れの職業だった。地方の雑貨屋の娘ローズ(デボラ・フランソワ)も秘書に憧れる一人で、父親は縁談を断るローズが許せず衝突する。

ローズは父親の反対を押し切って町の保険会社の面接を受けに行く。面接では雇い主に気に入られず退席を促されてしまうが、タイピングの早打ちを披露し、採用となる。

採用とはいっても1週間の試用で、その間ローズは失敗が続き、雇い主のエシャール(ロマン・デュリス)は本採用は難しいと言われる。

ただし、タイピングの大会で優勝すれば本採用。ローズは頑張るが、予選を敗退し、泣く泣く実家に帰ろうとするが…。

感想(ネタバレ)

タイピスト

地方出身のお嬢さんが自信家で美形の雇用主に恋するも失敗続き、へこたれずにタイピングで出世して恋に仕事に大奮闘!という、まるで少女マンガかハーレクインロマンスのような王道のストーリー。

こういうテイストの映画って久しぶりに見ましたが、よかった!ベタなんだけど、作り手がそのベタをわかって見せてる感じがなんとも小気味いいです。

主人公のローズは応援したくなる可愛さで、どこか素直じゃない保険屋のエシャールは古風な美形、っていうまるでオードリー・ヘップバーンの映画みたいだな、と思ったらローズ役のデボラ・フランソワはオードリーを参考にするよう指示されたそう。

それがうなずける、クラシカルな雰囲気が素敵でした!舞台も衣装もすべてが可愛い。

ストーリーの要であるタイプライターは世界中探して200台用意したそうで、しかも当時は新品なわけだから再塗装を行ったとか。徹底した当時の世界観が再現されていました。

以下ネタバレになっているので、ご注意くださいね。

エシャールの家に下宿

ローズは実家に帰ろうとしていたところ、エシャールに引き止められます。エシャールは自宅に住まわせて会社の時間外にタイピングの特訓をします。

ローズは両手の人差し指だけでタイプするので、10本指のブラインドタッチをさせたり、体力作りにランニングをしたり、友人の妻マリー(ベレニス・ベジョ)にピアノを教えさせたりしました。

なぜここまでエシャールがこだわるのかと思ったら、彼は以前スポーツをしていましたが、華々しい結果は残せなかったので、ローズに夢を託していたのです。

正直、この設定はどうなんだ、と思いますね。どうせなら、自分の会社の知名度をあげたいから大会で優勝しろ!のほうが納得いきます。プロのスポーツ選手が実業団で活躍するみたいに。

それはともかく、特訓の甲斐あってローズは次の大会で優勝し、次はフランスの全国大会に出場が決定しました。

Sponsored Link

全国大会に出場

大会の前、エシャールは家に家族が来るからと言い、ローズに休暇を与えて実家に帰らせます。

でも、父親と仲違いしているローズは家に入る勇気がなく、ピアノを習っているマリーに居場所を求めて泣きつきます。

ローズがエシャールに想いを寄せていることを知るマリーは、エシャールの家族が集まるところにローズを連れていき、婚約者として紹介します。

エシャールの両親に気に入られるのだけど、父親が厳しい意見を言うとローズはズバズバと反論してかえってそれがウケて仲良くなったりして、エシャールも満更でもない感じです。

いよいよ大会のため、二人はパリに行きます。いつもはふわっとした若い女性らしい格好をしているローズが、パリで体の線が出る大人っぽい服を買いました。

ローズのイメチェンにわかりやすくドキッとするエシャール。このあたりも漫画っぽい表現ですが、もともと二人はそれまでに惹かれあっていたのです。二人は結ばれました。

大会では順調に勝ち進み、決勝ではこれまでにない強敵と戦うことになりました。相手は最新のタイプライターを作るジャピー社がスポンサーについたアニー(メラニー・ベルニエ)です。

アニーはジャピー社の社長の息子の恋人で、女性ファンもたくさんいます。アウェイで戦うローズですが、同点となり、延長戦となったところでエシャールがわざとローズを怒らせます。

ローズはこれまでアニーのこれまでの実績より早くタイプしていたのに、エシャールはアニーのほうが上だとウソをついていました。怒りに火がついたローズはエンジンがかかり、見事勝者となります。

ローズは喜んでエシャールの元に駆けつけますが、エシャールはなぜか冷たい態度。ジャピー社が契約を申し込んできた、と報告するローズに、スポンサーと契約して世界に行ったほうがいい、と言います。

ここも、おかしい!せっかくこれまで頑張ってきたのはなんだったの?フランスで優勝するという目的が果たせたからよかったということ?まだ世界大会があるのに?スポンサーのところに行かせたほうが愛するローズのためだから?

色々疑問ですが、男女の危機がないと、話が盛り上がらないし、ハッピーエンドにするためには、その前に「彼女を失ってみて大切さに気づいた」的な件が必要だもんね~、とおばちゃん的に無理やり納得^^;

ポピュレールで大活躍

タイピスト

エシャールとは離れてしまいましたが、映画的には一番見応えがあるシーンが続きます。

ジャピー社と契約したローズは、新製品のタイプライターポピュレールの宣伝に出て、雑誌にもたくさん載って世界中の女性の憧れの的となります。

このCMの場面は映画のポスターにもなっているポップでカラフルなシーンで、見ていてとても楽しいです。

たくさんの雑誌の表紙にもなって、ローズがスターになっていく様がよくわかります。このシーンだけでも繰り返し見たくなってしまう。女性ならきっと好きな場面だと思います。

実家にいるローズの父も彼女の活躍をテレビや新聞で見ていました。雑貨屋に置いていた古いタイプライターは「ローズが初めて使ったタイプライター」として欲しがる人がいました。

一方ローズと離れたエシャールは悩んでいました。昔恋愛関係にあったマリーの元に向かい、話をして過去の思い出を断ち切ることができました。

ローズはというと、大会の前にナーバスになっていたところ、父親から誕生日プレゼントが届きました。昔使っていたタイプライターでした。父親は売らずに取っておいてくれたのです。

頑固なお父さんですが、娘の活躍を影ながら応援していました。

世界大会

いよいよ大会当日、世界中から凄腕タイピストが集まる中、ローズは勝ち進んでいき、とうとう決勝でライバルのアメリカと対戦となりました。

アメリカでの対戦なので、アメリカ代表のスーザンにはすごい声援ですが、ローズにはブーイングの嵐です。客席に味方がいない中、一勝一敗となります。

そこで舞台裏に父親が送ってくれた古いタイプライターを取りに行きました。そして、駆けつけたエシャールに会います。

ようやく素直になって、エシャールがローズに愛を告白します。このシーン、世界各国の代表のタイピストが見ていて、それぞれの国の言葉で「愛してるだって!」と言うのです。

それが二人の愛情を祝福しているようで、見ていてすごくハッピーになります。

三回戦に、古いタイプライターを抱えて戻ったローズに、ポピュレールを使わないのなら契約解除だ、と言われようが観客からブーイングされようがローズは怯みません。恋する女は強いんです(^o^)

猛烈な勢いでタイプするローズですが、機械の速度を越えてしまいタイプライターが絡まってしまいます。慌てて機械を元に戻すと、ブーイングしていた観客もこれには拍手して応援します。

トラブルを乗り越えて、ローズは見事に相手を破ります。拍手喝采の中、ローズとエシャールは熱いキスをします。

タイピスト
タイプのトラブルを見ていたボブは、絡まることのない球状の印字ヘッドを思いつき、会場にいるアメリカのスポンサーに売り込みます。

この会話が粋です。

「フランス人だろ?なぜアメリカに売り込むんだ?」

「アメリカ人はビジネスだろ。フランス人は恋愛だ」

舞台ではローズとエシャールがキスをして幸せそうです。フランスではラジオで生放送を聞いていた人たちがあちこちでローズの優勝を祝いました。

もちろん、ローズの父は雑貨店で歓喜の声をあげていました。

そして、エンドロール後に球状の印字ヘッドがうごく実際の映像が写りました。本当にあったんだ!

ベタで王道でも、見たあと「まぁ、よくあるパターンよね」なんてならない!

実際よくあるパターンなのに、清々しくハッピーになれる映画なので特に女性にオススメです(^o^)

Sponsored Link


フォローする