映画大逆転の空売りの仕組みは?ラストで2人が金持ちになった理由

お金

映画『大逆転』が深夜にテレビで放映していて久しぶりに見ることができました!
やはりこの映画は面白いなぁ、と思ったのですが終盤の逆転の仕組みがちょっとわかりにくいです。
この取引の仕組みについて調べてみました。

Sponsored Link

『大逆転』の作品情報

View this post on Instagram

The Traveling Gentlemanさん(@travelinggentleman)がシェアした投稿

【原題】Trading Places
【劇場公開日】1983年12月17日
【製作年】1983年
【製作国】アメリカ
【配給】パラマウント映画=CIC
【監督】ジョン・ランディス
【キャスト】ダン・エイクロイド、エディ・マーフィ、ラルフ・ベラミー、ドン・アメチー、デンホルム・エリオット、ジェイミー・リー・カーティス、他

あらすじ

ルイス・ウィンソープ3世は商品仲買会社の重役をつとめ、美人の婚約者もいて順風満帆。
一方、路上ではビリー・ヴァレンタインがベトナム帰還兵のふりをして物乞いをしていました。

ルイスが勤める商品仲買会社を創設したデューク兄弟は「環境がその人を創るのか、あるいは血筋が創るのか」ということで意見が割れ、ルイスとビリーの立場を入れ替えてどちらの意見が正しいか実験することにします。
ルイスは地位も財産も恋人も奪われて警察に逮捕されるという窮地に追い込まれ、ビリーはルイスの立場を与えられると才能を発揮して会社に利益をもたらします。

偶然デューク兄弟の賭けを知ったビリーはルイスにそのことを告げ、兄弟に復讐をすべく作戦を練ります。

『大逆転』のラスト

Sponsored Link
この記事を読んでいる方はすでに映画をご覧になっていると思うので大丈夫かと思いますが、ここからはネタバレになりますのでご注意下さいね。

ルイスとビリーは、デューク兄弟への仕返しとして彼らを経済的に破綻させようと目論みます。

彼らのビジネスは先物取引です。
しかも、特別に雇っているビークスという人物を使い汚いやり方で利益を得ていました。

それならビークスが得る情報を書き換えて兄弟に嘘の情報を流し、先物取引の市場で彼らをハメようという作戦です。

デューク兄弟が狙っている冷凍オレンジの取引を狙い、ビークスからの情報を盗むとニセの情報を兄弟に渡します。

取引当日、今年のオレンジは不作だというニセ情報で冷凍オレンジを大量に買い付けた兄弟でしたが、実際は例年通り。
ニセ情報に踊らされた兄弟は高値で買いまくります。

農務省の発表で正しい情報を知った時にはすでに遅く、兄弟たちは多額の借金を抱え破産してしまいます。

ルイスとビリーは安値で買い高値で売ることができ、大金を手に入れます。

兄弟は、自分たちが賭けの対象にしたルイスとビリーが一緒にいてしかも大儲けしたことを知ると唖然とします。

そんな2人の前でルイスとビリーは「俺たちはあなた達2人が貧乏になるかどうか賭けたんだ」とって賭けの一ドルを交わします。

自分たちが仕返しをされたことを知ると激怒する兄弟ですが、冷凍オレンジの取引で作った借金について言い渡されがっくりして市場を後にします。

ルイスとビリーは、強力してくれた娼婦のオフィーリア、ルイスの執事だったコールマンと共に南の島で悠々と過ごします。

冷凍オレンジでルイスとビリーが金持ちになった理由

ラストの取引で、兄弟は嘘の情報を信じて取引に失敗し破産。
ルイスとビリーは正しい情報を知っていたので大儲けできた。

単純に言えば上記のようなことになり、2人は兄弟に仕返しができてお金も手に入れてハッピーエンド、ということです。

でも、市場での取引の様子がよくわかりませんでした^^;

兄弟が失敗した理由はわかります。

今年のオレンジは不作だというニセ情報を信じ、それならオレンジの製造業者はすでにある冷凍オレンジを買わざるを得ないから「高くても買え」と命じて大量に買い付けたわけです。
市場でも大勢が「買い」を信じて買いに転じたため冷凍オレンジは高騰します。

実際にはオレンジは例年通りの収穫が見込めるので、兄弟が高値で買った冷凍オレンジは暴落し、借金を背負います。

つまり兄弟は「高値で買い安値で売った」ので損をするわけです。

そこまではわかりました。

でも、ルイスとビリーが大儲けできたのはなぜでしょう。

2人は冷凍オレンジの価格が天井まできたと踏んだ時に「売りだ」と叫んで冷凍オレンジを売りまくります。

ここで私はわからなくなったのです。

なぜ持ってないものを売れるの??
先に買っていたものなら売れますが、持ってないのになぜ?

そう思って混乱したのですが、後になって「空売り」という仕組みを知って納得しました。
持ってないものが売れるんですね!

先物取引では、値下がりしそうなものがある時はまず売っておき、値が下がったら「買い戻す」ことで利益を生みます。

通常なら「安く買って高く売る」ことで利益を生みますが、先物ではその順序が逆になっても成立するということですね。

だから、ルイスとビリーは価格が高騰した冷凍オレンジを売りまくり、値が下がったら「買いだ!」といって売ったものを買い戻したわけです。

よって、順序が逆になったけれど結局は「安く買ったものを高く買った」ことで大儲けできたということですね。

理解するのに時間がかかってしまいました^^;

先物取引について理解がある方はきっと『大逆転』をもっと楽しめただろうなぁ、と思いました。
知識って大事ですね~。

破産した後の2人?

デューク兄弟
『星の王子ニューヨークへ行く』はご覧になりましたか?
『大逆転』でデューク兄弟を演じた2人は『星の王子ニューヨークへ行く』にも登場します。

でも、そこではホームレスなんです。
『大逆転』で破産したからホームレスになった、ということかもしれませんね。

洒落が効いていて面白いです!

まとめ

・『大逆転』でデューク兄弟が破産したのは先物取引での失敗。
・ルイスとビリーは「空売り」を活用して大金を得た。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

>>星の王子 ニューヨークへ行くのフル動画を無料で視聴する方法!パンドラやデイリーモーションは危険?

>>映画大逆転の美人女優は誰?キャストをまとめて紹介!

Sponsored Link


フォローする